おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタを選ぶときには知識をしっかり習得してさまざまな角度から検証していくことが重要

   

I-O DATA モニター ディスプレイ 20.7型 EX-LD2071TB  (ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)

これから液晶モニタを購入する場合には、さまざまな角度から液晶モニタを検証していくようにしましょう。

液晶モニタは基本的には長く愛用させる家電になりますので、慎重に選んでいく必要があるのです。

液晶モニタは画面が綺麗であれば当然、ストレスなく見ることができます。

この画面の綺麗さについてもさまざまな角度から検証していきましょう。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶モニタを上手に選ぶ3ヶ条

チラツキを抑えたモデルは必見

液晶モニタは、今では生活の中では欠かせない存在になってきました。

より綺麗な画像で見ることができれば、生活がもっと楽しくなるだけではなくさまざまな知識も習得することができます。

まさに液晶モニタは多くのジャンルにおいて活用できる優れ物になっていることは、多くの人が理解できています。

しかし、一口に液晶モニタと言っても色々なタイプがあり、どのようなタイプを選べば良いか分からなくなってきます。

自分に合ったタイプを選ぶことが重要ですが、液晶モニタを上手に選ぶコツ自体は理解しておきましょう。

まず、液晶モニタの欠点とも言える画像のチラツキを少しでも抑えたモデルを中心に選ぶことは基本です。

液晶モニタはとても優れた能力を持っていますが、液晶はどうしてもスピードの早い画像に付いていけないと言う欠点を持っています。

とくにスポーツ観戦などにおいては、スピードに付いていくことができず画面のチラツキが生じてしまうのです。

こうした欠点を克服したモデルは多く発売されています。

画質も重要なことですが、このチラツキについても理解をして選ぶようにしましょう。

画質にこだわるのであれば4Kモデル

今、液晶モニタで注目を集めているのは4Kモデルです。

今までさまざまな液晶画面を搭載したモデルが発売されてきましたが、中でもこの4Kは群を抜いて画質の良さを実感することができます。

4Kの最大の魅力は、ドット数がとても高いことです。

フルハイビジョンについてもとても優れた画質能力を持っていますが、フルハイビジョンは1920×1080ドットなのに対して4Kは3840×2160ドットと約4倍以上の優れた画素数を誇っているのです。

これほどまでに優れた能力を持っていますので、一度4Kの画質に慣れてしまうと他の画質は見れなくなってしまうほどです。

液晶モニタはやはり画質が一番魅力を感じる部分です。

この最高の画質にこだわって選ぶのであれば、やはり4Kの液晶モニタは外すことができない存在なのです。

HDMI端子を装備モデル

また、液晶モデルはさまざまな機能性についても注目して選ぶことが重要です。

中でもHDMI端子を装備しているモデルは、ゲームなどで使用する場合には外すことができない存在になります。

今まではとくにパソコンで使用する液晶モニタの場合には、このHDMI端子を装備しているモデルはとても少なかったと言うことがあります。

ゲームやAV機器などと接続させる場合には、やはりHDMI端子を装備している液晶モニタを選ぶことは必須です。

さまざまな機器とケーブルとを1本で接続させることができますので、とても便利であるだけではなく、ケーブル数が少なくなりますのでとてもすっきりとさせることができ、見た目にも差を付けることができます。

液晶モニタはただ見た目や価格だけで選ぶのではなく、こうしたさまざまな機能性などについてもしっかり理解をして選ぶことが重要なのです。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶モニタの画面の素材

グレアタイプのメリットデメリット

そして、実際に液晶モニタを購入する場合には、グレアも考慮して選ぶことになります。

グレアとは液晶画面の光沢のことですが、こうしたグレアについてあまり意識をしていで購入している人は多い傾向にあります。

しかし、このグレアによって今後、液晶モニタで画面を見続けることができるかどうか決まってくると言っても過言ではありません。

まず、光沢があるグレアタイプですが、このタイプは見た目が美しく何も画面に映し出していなくても存在感を発揮してくれます。

そして、実際に画面に映し出したときにも美しさを発揮してくれると言うメリットがあります。

とくに静止画については驚くほど綺麗に映し出すことができ、4K液晶モニタと合わせた場合には本当にその場所に実在しているかのような美しさで現すことができます。

しかし、一方でグレアタイプは画面に光沢があるため他の映り込みが気になる場面があります。

周りが明るければそれほど反射しやすくなってしまい、画面を見辛いと感じてしまう場面もあるほどです。

部屋を少し暗くし、映画などをじっくり見る場合には、このグレアタイプはおすすめだと言えます。

ノングレアタイプのメリットデメリット

そして、グレアタイプとは正反対の性格を持っているのがこのノングレアタイプです。

ノングレアタイプは映り込みが少なく、部屋を明るくして液晶モニタを眺めても他の物が移り込みにくいためストレスなく見ることができます。

しかし一方で発色のコントラストが弱いと感じる場面があります。

映像にもよりますが、発色が少なく感じてしまうため地味な映像になってしまいやすくなります。

ただ、表面に傷が付きにくいことや傷が付いても目立ちにくと言うメリットも持っていますので、小さな子供がいる場合には重宝するタイプとも言えます。

おすすめの液晶モニタメーカー2選

IODATA

I-O DATA モニター ディスプレイ 20.7型 EX-LD2071TB  (ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)

液晶モニタと言えば、やはり最初にIODATAをイメージする人も多いと言えます。

パソコン周辺機器メーカーとして有名なIODATAは、液晶モニタについても力を入れて作っています。

IODATAの液晶モニタは安価にも関わらず価格以上の良さを実感できると高い人気を得ているのです。

初めて液晶モニタを選ぶ人にもおすすめであり、長く愛用できる液晶モニタを探している人にもおすすめできます。

IIYAMA

iiyama モニター ディスプレイ XB2481HSU-B1 (23.8インチ/フルHD/AMVA/HDMI,D-sub,DVI-D/昇降/ピボット/3年保証)

IIYAMAの液晶モニタはモニタサイズがとても豪富なことで知られています。

大きな液晶モニタになっても価格が大幅に上昇すると言うことはなく、価格で選ぶと言う心配は少ないのが特徴です。

発色がとても良く、安定した画面表示ができますので早い動きのゲームなどでもストレスなく液晶モニタとして活用することができます。

どのようなメーカーで選ぶか迷った場合には、IIYAMAはとてもおすすめです。

液晶モニタの画面サイズで迷ったなら

イメージよりも小さめのサイズで選ぶ

液晶モニタを購入する場合、どうしても大きめの画面の方が得だと感じてしまい、迷ったときには大きめのサイズを購入してしまいがちです。

しかし、大きめの画面サイズは設置した後に失敗してしまったと感じることが多いのも特徴です。

画面サイズを選ぶことは実はとても難しいことなのですが、迷った場合にはワンサイズ小さめのサイズを選んでおくことをおすすめします。

小さめのサイズでれば、目に大きな負担がかかることもなく、さらに首などを含めた痛みなども出にくいと言えます。

基本的な画面サイズの選び方から学んで、慎重に選んでいきましょう。

まとめ

液晶モニタを選ぶことは、簡単なことではありません。

数ある液晶モニタから、自分が理想としている液晶モニタを選ぶには、やはりさまざまな知識を習得しておく必要があります。

まずは液晶モニタのドット数と言う分野から学んでいき、最終的には画面サイズを選ぶ知識までを学んでいきましょう。

そうすれば、失敗を防ぐことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ