おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画の専門学校でデビュー&就職活動!注目すべきポイントとは?

   

日本の漫画の専門学校では、様々な事を学べますが、専門学校に対して否定的な考えを持っている方たちは多くいます。

インターネット上で、否定的な書き込みを見てしまったら、漫画家を目指したくても、入学したほうが良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、専門学校で入学した場合に、デビュー&就職活動する際に覚えておくべきポイントについて紹介するので、みていきましょう。



スポンサーリンク

漫画の専門学校で就職活動の準備

デビュー&就職活動するためには、まずは専門学校で、どのような事を行うのか把握しておく必要があります。

その内容を把握できたら、入学してみる価値があるのか分かると思うので、詳しく解説しましょう。

授業でスキルアップ

専門学校では、様々なスキルを習得する事ができて、それは独学では学ぶ事が難しいものまで覚えられます。

それでも、専門学校について否定的な考えを持っている方は「数百万円もの学費を払ってまで、学ぶ価値がない」と思ったからです。

確かに、漫画専門学校の学費は、場所によって違いはあっても、安い所でも100万円を超えてしまいます。

よほど学習時間を短くしない限りは、100万円を切る事は難しいでしょう。

それほど高い学費を払ってプロデビューできなかったら、スキルを習得しても意味がないという考えを持っている方は多いのです。

就職&デビュー活動

漫画の専門学校では、授業中にスキルアップできる上に、校内で就職&デビュー活動を進める事ができます。

実際に、作品制作していくので、その作品によってデビュー活動をする際に活用する事もできます。

学校によってはプロの講師が在籍している所もあるので、デビュー活動が成功する可能性も高くなるのです。

しかし、デビュー活動を有利に進められない学校に入学した場合には、失敗してしまって、インターネットで文句の書き込みをしたくなっ

てしまうものです。

そのため、デビュー&就職活動する際には、活動を有利に進められる所を選ぶようにしましょう。

サポートサービスを利用

多くの専門学校では、生徒を多く入学させようとしているので、ホームページを公開して、自校をピーアールしている所が多くあります。

ホームページを見たら、優秀な講師が在籍しているのか掲載している所もありますし『サポートサービス』を紹介している所もあるのです

サポートサービスで、生徒をマンツーマンで相談に乗ってくれる所もあれば、作品制作を始める時期について掲載している所もあります。

専門学校へ入学する前には、このような情報を確認して、どこの学校であれば便利なサポートサービスを利用できるのか把握したほうが良

いです。



スポンサーリンク

デビュー&就職活動に失敗した場合

漫画の専門学校を卒業しても、デビュー&就職活動に失敗した場合には、大きく分けて3つの進路が待っています。

その3つを把握しておけば、仮に失敗した場合でも焦る必要がないので、詳しく解説していきます。

デビュー活動を継続

漫画の専門学校を卒業した時点で、プロデビューできる方は、あまり多くいません。

ただし、卒業した後に長い期間に渡って、自分の作品を出版社へ持ち込む事によって、いつかプロデビューできる可能性はあります。

デビュー活動を継続していけば、成功する時期は分からなくなりますが、諦めてしまったら可能性は『ゼロ』なってしまいます。

そのため、仮に漫画の専門学校で、デビュー&就職活動に失敗したとしても諦めないで、活動を続けていく事が大事になっていくでしょう

違う分野で活動

出版社へ作品を持ち込んで失敗したとしても、インターネットで成功したら、自分の作品が出版かされる事があります。

なぜ、作品を持ち込んだ時に採用されなかったのに、インターネットで成功したら採用されるのかと言えば、それは『実績』がつくからで

す。

出版社も慈善事業ではないので、作品を採用するべきかどうかで判断をするのは『成功率』です。

作品を持ち込んでデビュー&就職活動しても、スキルはあっても実績がないので、成功する確率は画力やストーリーでしか判断できません

しかし、インターネット上で作品を掲載して人気が高ければ、編集者は「この方は、すでに実績があるから書籍化しても成功するだろう」

と思ってプロデビューできる可能性が高くなります。

一般企業で就職

漫画の専門学校で、デビュー&就職活動を失敗した場合には、全く関係のない一般企業で就職活動する方法もあります。

大半の生徒は、関係のない企業で就職しているので、インターネット上で批判の書き込みが多い訳です。

実際に、漫画の専門学校は、一般企業で強みになるスキルは多くないので、就職活動を有利に進める事は難しいのが現状です。

武器になるものが少ないので、プロデビューできなかった場合には、真剣に就職活動に取り組まなければ無職になってしまう事は覚悟した

ほうが良いでしょう。

専門学校で学んだほうが良いスキル

漫画の専門学校では、様々なスキルを習得できるので、その内容を把握できたら入学する価値が高い事が分かると思うので、スキルの内容

について紹介しましょう。

デッサン力

多くの専門学校では『デッサン』を取り入れているので、デッサン力を上げる事ができます。

実際に、デッサン力がなければ、イメージ通りのキャラクターや風景を描く事は難しいので、絵画制作しない場合でもデッサン力は必要不

可欠なものです。

もしも、デッサン力をあげられなくて画力が低い場合には、読者を惹きつけるストーリーが必要になっていくので注意しなければいけませ

ん。

そのため、少しでもプロデビューできる可能性を高くしたい場合には、専門学校でデッサンしてみる事をおすすめします。

デジタルのスキル

漫画の専門学校では『デジタル作品』を制作するスキルを指導している所が多くあります。

実は、最近ではアナログではなく、デジタルの作品を制作しているプロが増えているのです。

デジタルの作品を製作するためには、パソコンの操作法や、ペンタブ(板タブ・液タブ)・専用ソフトなどの操作法を覚える必要がありま

す。

独学では、どの機種を揃えたら良いのか分からない場合がありますし、短期間で操作法を覚える事も難しいです。

しかし、漫画の専門学校で学んでいれば、揃えるために必要な道具がすでに揃っていますし、短期間で操作法を覚える事も可能です。

専門学校で学ぶメリット

漫画の専門学校で学んでおけば、様々なメリットを得る事ができます。

そのメリットを紹介するので、それが分かれば専門学校で学ぶ重要性が理解できるはずです。

画材&機器に関する知識

授業では、デジタル関連の機器の操作法を学ぶだけではなく、アナログの画材の使用方法まで教えてくれる所があります。

様々な機材や画材を利用していけば、自分に合うものが、デジタル作品とアナログ作品のどちらなのか分かる事ができるのです。

そのような事を考えたら、デジタルとアナログのどちらを利用したら良いのか悩んでいる場合には、専門学校で学んでみる事をおすすめし

ます。

スキルを活用

私は、若い頃に専門学校で、CGデザイナーになるための授業を受けた事があります。

しかし、残念ながらデザイナーになる事はできませんでしたが、そこでパソコン・専用ソフトなどの操作法を学ぶ事ができました。

さらに、キーボードを見ないで文字を打ち込めるようになったので、現在は在宅ワークでWEBライターの職業に就く事ができたのです。

目標とするものとは違ってしまいましたが、会社でわずらわしい人間関係に悩む事もないので、快適な毎日を過ごす事ができます。

専門学校でスキルを習得していけば、仮に漫画に活かせなかったとしても、違う分野で活かす事もできるので、それはあなたにとって大き

なメリットになるでしょう。

まとめ

漫画の専門学校を卒業した場合でも、プロデビューできるとは限らないので、入学するべきか悩んでしまうかもしれません。

しかし、専門学校で学んでおけば、漫画だけではなくて、パソコンや専用ソフトなどの操作法を覚える事ができるので、他の分野で活かす

事もできます。

そうすれば、デビュー&就職活動の選択肢の幅が広がるので、専門学校で学ぶメリットは多いです。

参考URL(文献)・根拠など

http://www.web-jam.jp/job/
https://blog.goo.ne.jp/manga_michi/…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校