おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画の専門学校に通うことで得られるメリットや利便性

   

専門的な知識や技術が必要な職業は、以前までは現場にて先輩から知識や技術を見て自分のものにするという考え方が多かったと思うのですが、現在では専門的な知識や技術を習得することができる様々な専門学校が登場しており、海外から学びに来る人も増えてきています。

その中の一つが漫画の専門学校となっており、漫画家になるために必要な知識や技術、ノウハウなどを学ぶことができます。

そこで、この記事では漫画の専門学校に注目し、漫画制作におけるメリットに加え、漫画の専門学校にあるコースや利便性について紹介していきます。



スポンサーリンク

漫画の専門学校で学ぶことで得られる漫画制作におけるメリット

漫画家になる方法は様々となっており、独学で勉強してプロの漫画家を目指している方も少なくないと思います。

そんな状況の中で、入学金や授業料などを払って漫画の専門学校に通うことによってどのようなことが得られるのか分からないという方もいると思います。

そこで、ここからは漫画の専門学校で学ぶことによって得られるメリットについて紹介していきます。

漫画制作の基礎から学ぶことができる

漫画の専門学校に通うことで得られる大きなメリットは、独学で学ぶことが難しい技術を基礎から学ぶことができるという点となっており、漫画制作におけるペンの使い方やコマ割り、演出方法などの基礎知識を専門的な指導によって習得することができます。

また、漫画の専門学校では各学校で定められているカリキュラムがあり、漫画制作で必要な最も基本的な部分から順に進んでいきますので、しっかりとした下地を構築させながら技術を向上させていくことができます。

この技術向上のカリキュラムは、各学校で似たような内容だったとしても学べる技術の幅は学校によって異なっていますので、各学校が行っているカリキュラムの詳細を確認して比較することが漫画の専門学校を選ぶポイントの一つとなっています。

現役で活動している漫画家からの指導を受けることができる

漫画の専門学校の多くで見られる傾向なのですが、現役で活躍している漫画家が講師を務めている場合があり、実際に使用されている技術や経験を学ぶことができます。

これは講習会などのイベントという特別なものだけではなく、現役の漫画家がクラス担任として務める専門学校も少なくありませんので、実際に行われている漫画制作の現場で通用する知識や技術といった生きたノウハウを伝授してもらうことができます。

また、プロの漫画家としての感想や意見、指導を受けることができ、作品についてのアドバイスも貰うことができますので、的確な指摘を受けられると同時に高い評価を得ることによって今度の励みにも繋がります。

このプロとの関わりが技術の向上に繋がるだけではなく、現場の空気感などを知ることも漫画家としての仕事に近づくためには大切なことですし、専門学校と漫画制作の現場を繋ぐ仲介役にもなっていますので、専門学校に入学した際は講師を務めているプロの漫画家と積極的に交流を図り、より多くの知識やアドバイス、技術の指南などを得るように心がけることで専門学校で得られるメリットが大きく変化してきます。

専門学校の終了後までサポートしてもらえる

漫画家になりたいと思っている方の中で、多くの方がプロとしてデビューするまでの道のりをどうすればいいのかという問題に突き当たると思います。

漫画家を目指す方の中には週刊誌などに作品を応募し、受賞することで漫画家への道が開ける場合もあるのですが、これは極めて狭き門となっています。

または、作品を編集部に持ち込んで売り込む方法もあるのですが、漫画制作の才能があっても売り込まないとデビューまでに至らない場合も多々あります。

一方、漫画の専門学校では漫画家デビューに向けて生徒一人一人に合わせたアドバイスを行ってくれるサポート体制になっており、学校によっては多数の編集者が集まって作品の持ち込みを受け付けるイベントを校舎内で行う場合もありますし、アシスタントとしてプロの漫画家に紹介してくれることもありますので、このような機会の多さは独学では得られないメリットとなっています。

また、専門学校に入学した当初から進路指導やキャリアプランニングなどが行われ、就職についてもバックアップしてくれます。

そのため、漫画の専門学校における就職内定率は100%近いケースが多いという意外な結果がありますので、そういった面でも独学で漫画家を目指すよりも安心感があります。



スポンサーリンク

漫画の専門学校に設けられている主なコースや利便性について

漫画の専門学校と一言にあっても複数のコースが設けられている場合が多くあり、自分にとって必要なスキルを中心に学ぶことが可能となっています。

そこで、ここからは漫画の専門学校に設けられている主なコースを始めし、学校の特性によって異なる利便性などについて紹介していきます。

漫画の専門学校で採用されている主なコース

漫画制作の現場は作業に応じて役割が細分化されており、受け持つフィールドによって求められるスキルが異なっています。

そんな状況に対応している専門学校では、根本的な目標である漫画家としての総合的なスキルを学ぶことができるコースは勿論のことですが、その他に原作者を目指すシナリオライティングやネームなどが学べるコース、作画をメインとして作業するキャラクターデザインが学べるコースなど、細分化された一部の作業を集中して習得することができるコースが用意されています。

しかし、漫画の専門学校は各学校で得意分野や不得意分野があり、アナログ技術の習得に適した学校やデジタル技術の習得に適した学校などの違いがありますので、専門学校を選ぶ場合は自身が目指したい分野や必要な技術を事前に把握し、目指す方向に適した学校を選ぶことで後々の後悔やコスパに不満を感じてしまうことを避けることができるのでおすすめです。

プロの漫画家と同じようなデジタル機器の活用方法が学べる

最近の漫画の専門学校は、デジタル機器を用いた漫画制作の知識や技術をしっかりと教えてくれるところが多くなっており、漫画制作に必要な基礎に加えてデジタル機器などのツールの上手な使い方なども学ぶことができます。

現在の漫画制作やアニメ制作は、液晶ペンダブレットや板ペンダブレットなどを使用して制作することが主流になりつつあり、デジタル機器を使いこなすスキルも大切な要素となっていますので、この利点も漫画の専門学校をおすすめすることができるポイントの一つとなっています。

大卒や高卒などの資格と併用させて学べる

プロの漫画家を目指して専門学校に通ってスキルを磨いていくわけですが、プロの漫画家としてデビューするという夢を果たすことができるとは限りませんし、いざ別の道を目指すことになっても漫画家としてのスキルの習得だけを経験していては不安もあると思います。

そんな不安を考慮して漫画の専門学校の中には大卒や高卒の資格を取得できるコースが設けられている場合があります。

この大卒や高卒の資格を取得できることにより、漫画家としてのスキルだけを学ぶのと比べて安心感が増しますし、それによって漫画家を目指すことに集中できるようになります。

また、漫画家としてのスキルに加え、違う分野も勉強することによって作品の幅を広げることにも繋がりますので、将来の就職先が不透明だとしてもコースの選択によって将来への対応力や心の持ち方などに変化があります。

まとめ

漫画を含める専門学校は、将来の職業に繋がるスキルを身につけるために受講する場合が多く、専門学校で学んだことが将来に直結してくることが大いに考えられます。

そのため、費用や近場などの条件だけに注目するのではなく、受講内容や講師の質、設備の充実度など様々な情報を確かめた上で自身に最適な環境で学べる学校を選ぶようにすることをおすすめしたいと思います。

参考URL・参考文献・根拠など

https://mangaschool-hikaku.net/sp/i…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校