おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画の専門学校の学費や通学費を安くする方法を紹介!

   

漫画家を目指している方や、アニメーション制作企業で働きたい方たちの多くが、専門学校でスキルを学んでいます。

実際に、専門学校では、漫画を制作する方法を指導している上に、充実した設備を完備しているので、学びに行きたいと思う方は多いでしょう。

しかし、経済的にあまり余裕がない場合には、少しでも学費や通学費を節約したいと思う方は多いはずです。

そこで、学費や通学費を安くする方法を紹介するので、参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

漫画の専門学校で学ぶ場合の出費

漫画の専門学校で学ぼうとしたら、入学金・授業料・施設維持費などを払う必要がある上に、その他にも多くの費用を払う必要があるのです。

全ての専門学校という訳ではありませんが、多くの所で同じような費用を払う事になるので、詳しく解説しましょう。

入学金

専門学校であれば、全ての学校と言っても良いほど多くの所で『入学金』を払う必要があります。

入学する際に払う必要があるので、入学金を払えない場合には、諦めたほうが良いです。

ただし、入学金はそれほど高額という訳ではなくて、多くの専門学校は100,000~150,000円となっています。

高額な所でも、200,000円なので、少し貯金をしておけば払える金額と言えるでしょう。

少しでも学費を安くしたい場合には、様々な専門学校を調べておいて、少しでも入学金が安くなっている所を見つけたほうが良いです。

授業料

授業料は、入学金とは違って、高額になっているので注意する必要があります。

実際に、漫画の専門学校の授業料は、600,000円前後になっている所があるので、一括で払えない場合には、ローンで払う事も検討したほうが良いでしょう。

教育ローンを利用する場合に、おすすめなのが『教育一般貸付』です。

教育一般貸付は、幅広い世帯をサポートしてくれて、母子家庭・父子家庭・交通遺児家庭・子供3人以上の世帯・世帯年収200万円以内の所を優遇してくれるのです。

返済方法は、固定金利1.78%で、最長15年となっているので、多くの方たちは支払う事が可能でしょう(2019年4月29日時点の情報なので注意)。

施設維持費

漫画の専門学校では、様々な設備を完備していて『設備維持費』を払う必要があります。

今から漫画を学ぼうとしている方にとって、設備維持費を払いたくないと思うかもしれませんが、設備維持費は校舎の維持や運営だけではなく、冷暖房費や光熱費にも充てている所が多いのです。

一般家庭の自宅とは違って、専門学校は校舎が広くなっているので、設備維持費が高くなっていても、仕方のない所でしょう。

ただし、設備維持費が300,000円以上になっている所もあれば、払う必要のない所もあるので、出費を安くしたい場合には設備維持費を払わないで済む所を選んだほうが良いです。

その他の費用

専門学校は、入学金・授業料・設備維持費の他にも、学友会費・総合演習費などを払う必要もあります。

ただし、これらの費用も払わないで済む専門学校もあれば、300,000円近くになっている所もあるのです。

その他の費用を払う必要がある所が、合計で1,500,000円近くもの学費になりますが、その他の費用を払う必要がない所は1,200,000円程度の学費になっています。

そのような事を考えたら、学費を安くしたい場合には、その他の費用を払わないで済む所または、安くなっている所を選んだほうが良いでしょう。



スポンサーリンク

通学する際の出費

小学校や中学校であれば、自宅から近い所にあるので、多くの方たちは徒歩または自転車で済んでいたはずです。

自転車であれば、故障しない限りは通学費をかける必要はありませんでしたが、専門学校の場合には通学費をかける事になってしまうので、詳しく解説していきます。

自宅と学校までの距離

専門学校の通学費を左右するものは、自宅から校舎までの『距離』です。

近くであれば、徒歩または自転車で済む場合もあるので、通学費が無料になる場合もあるでしょう。

しかし、同じ市内であっても、自転車で通学する事が難しい場合には『バス』または『電車』を利用する必要があるので、通学費は月に10,000円近くになってしまう事もあります。

そのため、出費を少しでも抑えたい場合には、自宅から近い所を選んだほうが良いです。

近隣の環境

自動車の免許を持っている場合には、自動車で専門学校へ通学したい場合もあるでしょう。

しかし、全ての専門学校が駐車場を完備している訳ではないので注意しなければいけません。

駐車場を完備していない専門学校に入学した場合には、近隣の有料駐車場を利用する必要があるので、1日の利用料を払う場合もあれば、1ヶ月の利用料を払う必要もあります。

授業料を安くする方法

漫画の専門学校の授業料は安くないのですが、安くする方法はいくつかあるので、詳しく紹介しましょう。

その方法を把握しておけば、アルバイトをしないで通学する事も可能になるかもしれないので確認してみて下さい。

授業時間の短い所

全日制の場合には、授業時間が長くなってしまうので、授業料は高めになっています。

ところが、夜間または土日だけ学ぶ場合には、授業料が安くなっている所が多いのです。

実際に、同じ専門学校でも、全日制になっている学科の授業料が800,000円になっていても、夜間になっていたら380,000円になっている所もあるのです。

授業時間が短くなっているだけで、授業料が半額以下になっているので、出費を抑えたい場合には、夜間の学科を検討してみる価値があります。

免除制度

漫画の専門学校の中には『免除制度』を用意している所もあって、年間学費全額を給付していて、最大で1,000,000円も免除してくれる所もあるのです。

これほどの額を免除してもらうためには、厳しい審査を通過する必要がるので、注意しなければいけません。

審査を受けるためには、早めに申し込む必要もあるので、専門学校に入学しようと考えている方は、早めに準備をしておきましょう。

通学費を安くする方法

授業料を安くするためには、少し難しい場合もありますが、通学費を安くする方法であれば簡単なので、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

学生寮

漫画の専門学校は全ての市町村にある訳ではないので、最悪のケースでは市外まで行く必要があります。

そのような場合には、自宅から通学するのではなく『学生寮』を検討したほうが良いです。

学生寮を用意している専門学校は意外にも多くあって、家賃が30,000円以下になっている所もあるのです。

独り暮らしについて不安を感じてしまう方はいるかもしれませんが、寮長が滞在していて、セキュリティー管理している所もあるので、気軽に利用できます。

通信講座

漫画の専門学校の中には『通信講座』を用意している所もあります。

自宅にパソコンがあって、インターネットを利用できれば、自宅の部屋で授業を受ける事もできるのです。

外出する必要がないので、通学費が無料になりますし、通学時間までカットできるので、多くの学習時間を確保する事もできます。

さらに、通信講座の場合には授業料も安くなっているので、経済的に余裕がない場合には通信講座の所がおすすめです。

まとめ

漫画の専門学校は、最高の環境を提供するために、優秀な講師陣が在籍している上に、充実した設備を完備している所が多くあります。

そのため、授業料や設備維持費が高くなっている所が多いので、少しでも学費が安く済む所を選んだほうが良いです。

通信講座を用意している所であれば、学費を節約する事はできますが、講師が直接指導できないので、学費と授業内容のバランスを考えて選んだほうが良いです。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.tca.ac.jp/creative/scho…
http://www.senmon-hiroba.net/index/…
https://www.jfc.go.jp/n/finance/sea…
https://ndg.ac.jp/admission/

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校