おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画の専門学校へ入学を考えてる人へ大事な3つのポイント

   

漫画の専門学校へ通う事を決めた人は将来、プロの漫画家や小説などの挿絵などを描く仕事を目指していると思います。

漫画家になるには専門学校や大学・短期大学の他、アシスタントとして事務所などで経験を積んだり、出版社などへ応募し売り込みに行くなどが有ります。

まずは専門学校で技術を磨いて夢を目指そうとしている人へ専門学校とはどういう所か見ていきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

漫画の専門学校ってどんなところ

 漫画の専門学校は学校によって通学年数が違います。

自分がどれだけ勉強したいのか?

何を目指しているのか?

を明確にして探して下さい。

4年制だと専門学校でも大学と同じように基礎から学べたり、大学卒業の資格が取れたりする学校も有ります。

プロの漫画家さんから直接指導してもらえたり、編集部の方から意見をいただけたり、就職先の案内も有るので自分と相性の良い学校に行きたいですね。

どんな学科があるの

授業内容は学校によって様々です。

基本的な事は同じだと思いますが、アイデアの出し方やストーリー・ネーム作り、キャラクターの作り込みや背景の描き方など多くの事を学ばないといけません。

漫画を完成させる制作力も必要です。

一から勉強したい人は多くの事が学べる学校へ、ある程度分かっているからピンポイントに学びたい人は専門の学科を選んでみては如何でしょうか。

漫画家の将来性

漫画の発行部数が年々、減少傾向で廃刊になる雑誌もある中、漫画人気は衰えないどころか、人気漫画の売上は凄いらしいです。

人気になってしまえば漫画は売れるし、映画化やグッズ販売など漫画の世界もまだまだ魅力的です。

そんな人気漫画を生み出す漫画家を出版社側も求めているので当たれば将来安泰と言えるかも知れません。

就職先は

漫画家は勤め人とは違って自由です。

自分が挑戦し続けなければ、描き続けなければ終わってしまします。

情熱と覚悟が必要なお仕事です。

専門学校では漫画家の他に事務所や編集部などへの就職先を紹介してくれる学校も有ります。

自分の歩きたい未来が決まったら先生に相談して就職先を決めるのも良いでしょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

学校に通うメリット理由

 学校に通う事のメリットは、同じ目標を持つ沢山の仲間がいる事。

他人がいる事で一緒に勉強したり励まし合ったり出来る喜びや他人と競争する事で闘争心も生まれます。

この学校が縁で将来的に仕事も一緒に組むようになるかも知れません。

人との繋がりが出来る事は大きな財産になります。

また、プロから直接教えて貰えたり就職先の相談にものって貰えるのも大きなメリットです。

計画的に学べる

カリキュラムが決まっているので嫌でもやらなければなりません。

時間に限りが有るし他人の目や提出物などやらなければいけない事が多く夢中になれるはずです。

分からない事や無理そうな時は先生の力を借りる事も出来るので精神面でも安心ですね

プロの技術を教えてもらえる

プロに教えてもらう事が出来ます。

学校によって様々な仕事の方に助言いただける所もあります。

漫画家さんや編集者・イラストレーターなどそれぞれの立場から経験者のアドバイスをいただけるのは財産になるでしょう。

デビューにつながる

基礎から学ぶ事が出来てプロから指導を受けるのでデビューまで近道をしている事になります。

良い作品が出来上がれば出版社へ売り込んでも良いし、学校での大会や出版社の大賞へ応募するのもプロへ近づく一歩になります。

大学の資格が取れる

四年制の学校によっては普通の大学と同じ資格が取れる学校も有ります。

どうせなら資格が取れた方が就職する上でメリットになるでしょう。

もし、漫画家の世界を諦め普通に就職するとなれば尚更です。

人生なにが起きるか分かりませんから有ると便利だと思います。

人脈が作れる

学校で一緒に頑張った仲間は就職してからも気兼ねなく付き合いが出来るものです。

周りに人がいることで比較しお互いの状況を報告して切磋琢磨すると相談もしやすくなります。

仲間が出来ると頼りに出来る人も多くなるので色々な人と付き合って見ましょう。

選び方

 漫画家になるには専門学校に行って専門の授業を受ける事をおすすめします。

本気で漫画家になりたいなら一生懸命に技術を磨く事です。

その為のカリキュラムが良いもので自分と合っていたら最高の力となって身に付くでしょう。

学校選びにはポイントが幾つか有りますので慎重に選んで決めて下さい。

通学年数を選ぼう

通学年数も1年~4年制まで有ります。

また夜間などもあり仕事帰りでも通える学校も有ります。

自分のライフスタイルに合わせた年数で勉強する事が出来ますので選べるのは嬉しいですよね。

学科も沢山ある

漫画専門にしている学校もあれば、漫画・アニメ・イラスト・デジタル・ゲームなどに学科を分けている学校も有ります。

どんな分野で働きたいのか決まっている人は専門性の高い学科を選んでも良いかもしれません。

実績は大事なポイント

デビューや就職先が何処で何人・何年間出ているかを確認してみよう。

多くの実績が有ると、それだけカリキュラムも充実していて実力がつきやすく、就職についてのバックアップも期待出来ます。

また出版社との関係が濃いかどうかも確認してみよう、繋がりがあれば作品を見せるチャンスが広がる可能性が有ります。

講師はどんな人

講師は学校所属の先生であったり、プロの漫画家さんだったり色々だと思います。

経験値の高い人から教えていただけるのは大変ありがたい事ですが、どんな経験値を持った人なのかを確認して学校を選ぶ判断基準にしても良いかも知れません。

もしかしたら好きな漫画家さんが講師になっているかも知れませんよ。

技術も大事

学校案内のパンフレットやネットで授業内容を確認してみましょう。

その内容で技術が身に付くのか自分なりに判断する事も大事です。

生徒さんが描いた作品を掲載している学校も有るので参考にしてみるのも良いですね。

先輩達の作品が学校の質でも有りますし、見学会などに参加すると雰囲気が分かって良いですね。

学費

学費は通学年数や学校にもよりますが何十万とかかります。

決して安くはないので慎重に選ぶようにしましょう。

もしお金に限りが有るなら価格から選ぶのも有りだと思います。

設備

漫画も手書きで描いている人もいるでしょうが、今はデジタルで描いている人の方が多いのではないでしょうか。

学校でもデジタル機器を使用する時、最新の機器を使いたい物です。

新しい物と古い物では技法も変わってくるだろうし、新しい方が技術の幅が広がりますよね。

おすすめ専門学校

今回は一部だけの紹介ですが、漫画の専門学校は全国に数多く有り、学校によって特徴が有るので選ぶのも大変です。

自分の目標と希望を叶えてくれる学校、自分と相性の良い学校を選べるように沢山の学校から資料を取り寄せたり、見学しに行ったりして下さい。

総合学園ヒューマンアカデミーマンガカレッジ

ヒューマンアカデミーという有名な専門学校の漫画に特化した全国16都市に展開している専門学校です。

通常は2年制ですが大学への編入制度や専科コースもあります。

週末コースや夜間コースなども有り、仕事をしながら通う事も可能です。

年に1度のマンガ合宿では学生と編集部が集まり売り込みのチャンスが有ります。

代々木アニメーション学院

こちらも有名な学校ですね、漫画だけでなく声優や2.5次元演劇科など幅広い学科が有ります。

プロの漫画家さんが講師となって教えてくれて、カリキュラムも充実・設備も整っているので環境が良いです。

有名な漫画家さんの出身校で、有名誌に連載していたり、文庫本を出したりしているので実績は十分にあります。

日本工学院

ちょっと前にCMが流れていた学校ですね。

数多くの学科が有るので学校の規模は大きい。

キャンパスは蒲田・八王子・北海道の3箇所です。

二年制と四年制の通学のみ、プロの漫画家が作成したカリキュラムを使用して勉強します。

デジタルコミック専攻があってスマホやタブレット向けの漫画にも力を入れている。

まとめ

漫画の専門学校は学校によって特徴が様々で選ぶのが大変です。

基本は一緒ですが授業内容やサポート・就職先など考えたらキリが有りません。

学生の人も社会人の人も通える事が分かって漫画家になるのに年齢は関係無いのだと思いました。

学生ライフを楽しみながら実力を付けて夢を叶えて欲しいと思います。

皆さんが輝かしい未来を叶えられるように作品が読める事を楽しみにしています。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校