おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画家になるにはどうしたら良い?漫画家を目指すためのイラスト通信講座の選び方

   

様々な世界を描く漫画家のお仕事は、壮大な物語と独自の個性を生かした絵柄を通して幅広い層の方を楽しませることができます。

漫画を読むのが好きな方の中には、将来は漫画家になりたいという夢をお持ちの方がいるかもしれませんが、どのようにして漫画について学べば良いのでしょうか。

ここでは、漫画家を目指すためのイラスト通信講座の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストと漫画の大きな違いとは?

イラストと漫画はどちらも絵を描くことに関しては同じですが、漫画は絵を描くスキルだけではなく読者を魅了するストーリーを作るスキルも必要となります。

魅力的な絵とストーリーが相俟って素晴らしい作品となるので、漫画家を目指す場合には両方のスキルを十分に磨いておくことが大切です。

また、魅力的でイキイキとしたキャラクター作りも重要な要素となってくるので、漫画を描くために必要なスキルをまとめて学ぶための適切な方法を選ぶ必要があります。

週刊連載などハードなお仕事もあるので、技術的なことばかりではなく漫画に対する夢や情熱などを持ち続けることもお仕事を続ける上での大きな原動力となるでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

漫画を学ぶにはどんな方法がある?

独学で漫画を学び作品を描き続ける

漫画は独自の個性が必要となる世界なので、自分ならではのオリジナリティを作品に反映させることが大切です。

漫画を学ぶための道はひとつではないので独学で漫画を学ぶのも良いかもしれません。

漫画家の方の中には、大好きな漫画のキャラクターの模写を通してイキイキとした表情や動きなどを学んだり自分の体験を漫画のストーリーに生かすなど、独自のやり方で漫画家を目指した方もいます。

デッサンの練習やストーリーを作り出す練習、迫力のあるコマ割りの仕方など、練習を積み重ねながら多くの作品を描き続けることが大切です。

漫画雑誌主催の漫画スクールに投稿

少年漫画雑誌や少女漫画雑誌の中には、新しい才能の発掘のために漫画スクールを開催しているところがあります。

漫画スクールを通して作品を投稿すると作品に対するアドバイスが受けられます。

自分の個性を生かした漫画の作品を描き投稿を続けることで、面白い漫画を描くためのコツが掴めてくるかもしれません。

投稿した作品で受賞すると漫画家としてデビューできるなど、漫画家になるための近道となるのでおすすめです。

漫画家のアシスタントとして現場に携る

漫画を読むのも描くのも好きな方の中には憧れの漫画家の方がいるかもしれません。

人気の漫画家の方はいくつも連載を抱えていることが多く、アシスタントを募集していることがあるので、アシスタントとしてプロの仕事をお手伝いすることで幅広いスキルを実践的に身につけることができるでしょう。

また、プロの現場に実際に携わることで、将来漫画家として活動する時に大いに役に立つでしょう。

漫画が学べるイラスト通信講座でスキルを身につける

漫画を読むのが好きでも、本格的に漫画について学んだことがない、もしくは絵がうまく描けないという方であれば漫画を描くための一通りの基本が学べるイラスト通信講座でスキルを身につけると良いでしょう。

漫画家を目指したいけど何から始めたら良いのか分からない方にとって、段階に応じて必要なことを自宅で学ぶことができるのでおすすめです。

漫画家になるのに必要なスキルとは?

魅力的なキャラクターを作り出すスキル

漫画を読み進むうちに、主人公に感情移入してしまうことがあります。

個性的で魅力的なキャラクターは多くの読者を惹きつけるポイントとなるので、自分らしい独自のキャラクターを作り出すためのスキルを身につけることが大切です。

個性豊かなキャラクター達を作り出すことで、ストーリーが面白く展開していくことでしょう。

登場人物にイキイキとした表情や動きをつけるスキル

喜怒哀楽がはっきりしている登場人物やクールで何を考えているのか分からない登場人物など、様々な特徴を持つキャラクターがいるからこそ漫画は面白くなります。

登場人物が場面ごとにイキイキとした表情になることで、読んでいるこちら側も元気や勇気をもらったり、感動して心が震えることがあります。

登場人物にイキイキとした表情や動きをつけるスキルを身につけることによって、ひとつひとつの場面が輝きを増すでしょう。

読者を夢中にさせる魅力的なストーリーを作るスキル

漫画は美しい絵を眺めると同時にストーリーの面白さが味わえる素晴らしい分野です。

漫画の軸となるストーリーを魅力的に作り上げることができれば、多くの読者が夢中になることでしょう。

ストーリーの作り方の基本や応用などのスキルを身につけることで、完成度の高い作品を描くことができるでしょう。

華やかで魅力的な構図を作り出すスキル

漫画はコマ割りという独自の枠を使って場面を区切り、ページを開いた時の独自の美しさや迫力が大きな魅力です。

見せ場などは画面いっぱいを使って大胆な構図にするなど、ワクワクしながら作品作りをすることができます。

コマ割りや画面全体の構図のバランスをとるスキルを身につけることで、読者がどんどん物語を読み進めたくなる作品を作ることができるでしょう。

漫画を学ぶのにおすすめのイラスト通信講座の特徴

漫画を描くための一通りの技術が学べる

漫画を描くためには絵の描き方・キャラクターの作り方・キャラクターの表情や動き・ストーリーの作り方など、いくつものスキルを身につける必要があります。

漫画を描くための一通りの技術が学べるイラスト通信講座なら作品を描く時に役立つでしょう。

漫画のスキルに関する添削指導が受けられる

漫画を描くためのスキルが学べるイラスト通信講座の中には、添削指導を通してプロの講師から様々なアドバイスが受けられるところがあります。

提出した課題作品をアドバイスをもとにかき直して再度添削指導が受けられるイラスト通信講座もありスキルに磨きがかかるのでおすすめです。

アナログとデジタルどちらでも指導が受けられる

漫画を描くためのスキルが学べるイラスト通信講座の中には、アナログ作品とデジタル作品のどちらでも指導が受けられるところがあります。

アナログで描く漫画を得意とする方もいればデジタルで描く漫画を得意とする方もいるので、自分が描きやすい作品を通して必要な技術が学べるので、自分らしい作品作りのスキルアップが目指せます。

両方のスキルに磨きをかけることで、幅広い作品作りができるようになるでしょう。

スクーリングに参加して直接指導が受けられる

漫画を描くためのスキルが学べるイラスト通信講座の中には、テキストなどの教材を使って自宅で学ぶだけではなく、スクーリングが付いていて実際に教室に足を運んで直接指導が受けられるものがあります。

自宅でレッスンを続ける中で、どうしても分からない点やプロの講師から直接アドバイスを受けたい時に役立つので、より漫画のスキルアップを目指したい方であればスクーリング付きのイラスト通信講座がおすすめです。

まとめ

漫画家を目指すためには、イラストレーターを目指す時とは違う幅広いスキルを身につける必要があります。

もともと絵を描くのが得意な方は独学で漫画を学ぶ方法がありますが、まったく初めて漫画について学ぶ方なら基礎から応用まできめ細やかに教えてくれるイラスト通信講座を選ぶと良いでしょう。

自宅でコツコツレッスンを続けるうちに、少しずつ個性を生かした作品作りを目指すことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ