おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画家を目指すなら!独学と漫画専門学校で学ぶのはどっちが良い?

   

漫画を読むことが好きな方の中には、漫画家になって自分の作品を多くの人に読んでもらいたいという夢を描いている方がいます。

漫画家になるための道はひとつではありませんが、選択網のひとつとして漫画の描き方が学べる専門学校に入学するという方法があります。

ここでは、独学と漫画専門学校で学ぶのはどちらが良いか、それぞれの特徴を見ていきたいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

独学で漫画の描き方を学ぶメリット

少し前の時代では漫画家になるための本格的なスキルが学べる学校は少なかったため、独学で漫画の描き方を学ぶ方が多くいました。

独学で漫画の描き方を学ぶのにはどんなメリットがあるのでしょうか。

学費がまったくかからず無料で学べる

漫画を描くためにはペンやインク、紙やスクリーントーンなどを揃えるためにある程度の費用がかかります。

しかし、漫画を誰かに教えてもらわずに自分で学べば、指導に必要な学費がかからないので余計な費用を抑えることができるのです。

無料で学ぶことでお金をかけずに自分の作品を描くことができます。

漫画を通して独自の個性を伸ばすことができる

漫画の描き方を誰かに習うことで、指導者の影響を少なからず受けることになります。

しかし、独学で漫画を描き続けることで、誰の影響を受けることなく自分自身の個性を伸ばすことができます。

オリジナリティのある作品作りを目指すことができるので、どこにもない作品が生まれるきっかけとなる可能性があります。

レッスンなしに作品制作に取り組むことができる

漫画の描き方を学ぼうとすると、基礎から応用までをじっくり学ぶことになるので作品制作までに時間がかかります。

その点、独学は自分のペースですぐに作品制作に取り掛かることができるので、余計な遠回りをすることなく作品作りに集中することができます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

漫画専門学校で漫画の描き方を学ぶメリット

漫画専門学校では、プロの講師から直接漫画の描き方の指導を受けたり、プロを目指すための最新の機材が揃っているなど漫画家になるために必要な環境が整っています。

漫画専門学校には、そのほかどのようなメリットがあるのでしょうか。

絵が描けない状態から絵が描けるようになる

漫画専門学校では基礎から応用までカリキュラムに沿って学んでいくので、漫画を描くことがまったく初めての方でも最終的に自分のイメージを形にする作品制作に到達することができます。

絵がまったく描けない状態では独学で漫画の描き方を身につけるのは難しいので、漫画専門学校に通うことで効率良く漫画の描き方を学ぶことができるでしょう。

漫画を描くためのノウハウが身につく

現在は漫画を描く手段は多岐に渡っていて、ペンやインクや紙を使う昔ながらの描き方はもちろんのことパソコンやペンタブレットを使う描き方もあります。

幅広いスキルを身につけておけば、イメージをもとに作品制作をするプロセスがスムーズになります。

漫画専門学校では漫画を描くためのノウハウを効率良く身につけることができるので、レベルの高い作品制作を目指すことができるでしょう。

プロの講師から漫画のアドバイスがもらえる

独学で漫画の描き方を学ぶ中で、自分自身の視点では現在の実力を正確に把握できない場合があります。

その点、漫画専門学校にはプロの講師が在籍しているので、プロによる指導を受けることができます。

授業を通して漫画について的確なアドバイスをもらうことで、クリエーターとしての成長を目指すことができるのでおすすめです。

漫画家を目指す仲間と出会って友情を育める

漫画制作は孤独な作業で、作品作りの過程でスランプに陥ることがあるかもしれません。

しかし、漫画専門学校で多くのクラスメイトと一緒に学び友情を育んでおくことで、いざという時に力になってもらえます。

同じ漫画家を目指す仲間達が周囲にいれば心強く、夢に向かって歩んでいくことができます。

独学よりも漫画専門学校で学ぶことをおすすめする理由

多くの漫画家がいますが、中には独学で漫画を学びオリジナリティのある作品作りをしている方がいます。

漫画専門学校で学ぶことには、独学で学ぶこと以上のいくつものメリットがあるのでさっそく見ていくことにしましょう。

最新の機材を使って高度なスキルを磨ける

最新の機材は高額なこともあるので自分で揃えるのは大変です。

しかし、漫画専門学校には最新の機材が揃っているので、将来プロのクリエーターの現場で働きたい場合に必要なスキルを十分に磨くことができます。

漫画の描き方だけではなく機材の使い方を学んでおけば、幅広い仕事を手掛けるチャンスが得られるので将来に備えることができるのです。

ストーリーの作り方など発想を磨ける

絵がいくら上手でも、多くの読者を惹きつけるストーリーが作れなければ漫画家として人気を高めることはできません。

漫画専門学校では、漫画の描き方などの技術面だけではなく、ストーリーの作り方など発想を磨くための授業があるので漫画家に必要なスキルをトータルで学ぶことができます。

ストーリー作りが苦手だという方におすすめなので、在学中に苦手なところを克服しておくと良いでしょう。

就職を通して漫画のスキルを仕事にできる

漫画専門学校では漫画の描き方のスキルを身につけることができますが、独自のイラストが描けることでゲーム会社に就職するなど別分野の仕事をするのに役立ちます。

魅力的なゲームキャラクターを作り出すことができれば、ゲームの人気も高まり自分が作り出したキャラクターが多くの人の目に触れるので、やりがいを持って仕事に取り組むことができます。

漫画家デビューをサポートしてもらえる

漫画専門学校では、漫画の作品を作り上げるプロセスに必要なスキルだけではなく、漫画家デビューをサポートしてもらえます。

漫画家デビューは雑誌に投稿するなどの方法もありますが、漫画専門学校を通してデビューすることも可能なので専門学校で学ぶことで夢に着実に近づいていくことができます。

漫画専門学校を選ぶ時のポイント

漫画専門学校にはプロを目指すために必要な道具が揃っている上に、授業を通して幅広いスキルを磨くことができます。

漫画家専門学校を選ぶにはどのような点に気をつけたら良いのでしょうか。

就職とデビューの両方のサポートがある学校を選ぶ

漫画家デビューを目指す方が数多くいますが、華々しくデビューを飾り広く活躍するためにはコンテストに入賞するなど多くの人が感動する作品を作りあげることが大切です。

就職とデビューの両方のサポート体制が整っている漫画専門学校を選べば、安心して自分の夢に向かって進んでいくことができます。

アナログとデジタルの技術をどちらも学べる学校を選ぶ

漫画を描くためのスキルを幅広く身につけておけば、それだけ表現方法が広がります。

イメージを形にしやすくなるので、自分ならではの個性が光る作品作りを目指すことができるでしょう。

アナログとデジタルの技術をどちらも学べる漫画専門学校を選ぶことで、新しい手法の作品作りにチャレンジし続けることができるでしょう。

まとめ

独学で漫画の描き方を学ぶことと漫画専門学校で漫画の描き方を学ぶことには、それぞれ違ったメリットや魅力があります。

しかし、独学では漫画家を目指すには雑誌に投稿したり、漫画の編集部に作品を持ち込むなどの方法しかありませんが、漫画専門学校なら就職も視野に入れた状態で漫画家が目指せるので落ち着いた気持ちで将来に備えることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校