おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画専門学校でスキルを磨く!デビュー前に漫画家アシスタントを経験することのメリットとは?

   

漫画専門学校の多くが、漫画の描き方が学べるだけではなく在学中に漫画家デビューを目指すためのアドバイスを受けることができます。

漫画家を目指す方の中には、漫画家としてデビューする前に憧れの漫画家のアシスタントをしてみたい方がいるかもしれませんが、漫画家専門学校を通してアシスタントを目指すことはできるのでしょうか。

ここでは、漫画家のアシスタントを経験することのメリットをご紹介したいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

漫画家のアシスタントを目指す方法

憧れの漫画家のアシスタントになりたい方の中には、どうやってアシスタントになれば良いか分からない方がいるかもしれません。

漫画家のアシスタントは、作品の中の背景を手掛けたりペン入れやベタ塗りなど直接原稿に触れる機会が多くあります。

しかし、絵が描けない方がいきなり漫画家のアシスタントをするのは難しいので、ある程度漫画のスキルを身につけておくなどの準備が必要です。

漫画家のアシスタントを目指すにはどうしたら良いのでしょうか。

漫画家のアシスタントの求人に応募する

漫画家のアシスタントになりたくても、漫画家の方がアシスタントを募集していなければ仕事をすることができません。

漫画家のアシスタントは通常の仕事のように求人情報を通して見つけることができるので、アシスタントの経験をしてみたい場合には、求人情報をもとに応募してみると良いでしょう。

求人内容によってはアシスタント経験者を希望していたり、パソコンの作画用のソフトが使える方を希望しているなど条件に違いがあるので、求人内容をよく確認した上で応募することをおすすめします。

漫画家とアシスタントのマッチングサービスを使う

求人情報誌や求人情報サイトでは、漫画家のアシスタント募集の求人はほかの仕事に比べて少ない場合があります。

そんな時は、漫画家とアシスタントのマッチングサービスを利用すると良いでしょう。

憧れの漫画家の方がアシスタントの募集をしていればサービスを通して、アシスタントの仕事を始めるチャンスを得ることができます。

マッチングサービス内容をよく確認した上で、利用規約などに目を通して正しくサービスを利用するようにしましょう。

漫画専門学校を通してアシスタントを目指す

漫画専門学校の中には漫画家デビューを目指すためのサポートを行っているところもあれば、漫画家のアシスタントに必要なスキルが学べるコースを設けているところもあります。

また、在学中に漫画家のアシスタントの仕事が経験できるインターンシップ制度を設けているところもあるので、学生のうちに貴重な経験を積みながら漫画家のアシスタント目指すことができます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

漫画家アシスタントが目指せる専門学校の選び方

漫画家のアシスタントを目指していても、まったく絵が描けない状態では採用してもらえない可能性があります。

漫画専門学校では絵の描き方の基本や漫画制作に必要な知識や技術を身につけることができますが、それだけではなく漫画家のアシスタントになるためのサポートをしてくれるところがあります。

漫画家のアシスタントが目指せる専門学校の選び方を見ていくことにしましょう。

漫画のスキルを丁寧に学べる専門学校を選ぶ

漫画家のアシスタントとひとことで言っても、仕事内容に大きな違いがあります。

高いスキルを持っている方であれば作品の重要なシーンのアシスタントを任されたり、トーン貼りや消しゴムかけなどの細かい作業を任されることもあります。

スキルが高いほど重要な仕事を手掛けるチャンスを得る可能性があるので、漫画のスキルを丁寧に学べる漫画専門学校を選ぶことをおすすめします。

アシスタントのインターンシップ制度がある学校を選ぶ

漫画専門学校では、漫画を描くスキルを一通り身につけた上で実際に自分で漫画制作をします。

また、中には実践的な力を磨くために漫画家アシスタントのインターンシップ制度を導入しているところもあるので、プロの現場で生きた学習をすることができます。

学校で漫画について学ぶこととプロの現場で漫画について学ぶことには大きな違いがあるので、制度を通して貴重な経験ができるでしょう。

アシスタントに採用された卒業生が多い専門学校を選ぶ

漫画専門学校の中には有名な漫画家を輩出しているところもあれば、多くの卒業生が漫画家のアシスタントとして採用されているところもあります。

漫画家デビュー前に、どうしてもプロの現場で漫画家アシスタントをしたい希望を持っている場合には、多くの卒業生がアシスタントとして活躍している漫画専門学校を選ぶことをおすすめします。

漫画家アシスタントを経験することのメリット

すぐに漫画家としてデビューすることで自分の作品を発表する機会が増えますが、より高いスキルを身につけたりプロの仕事のやり方を間近で見ながら様々なことを勉強したいのであれば、まずは漫画家のアシスタントを目指すと良いかもしれません。

漫画家のアシスタントを経験することのメリットについて見ていくことにしましょう。

プロの漫画家の仕事に対する姿勢を学べる

プロの漫画家のアシスタントをすることで、プロの現場で通用するスキルを磨くことができます。

夢を目指す時に抱いていたイメージと現実が違うことがありますが、プロの現場でアシスタントを経験しておけば、プロの現場の大変さややりがいの大きさなどを知ることができます。

また、プロの漫画家の方の仕事に対する姿勢を学べるので、漫画家を目指す際に役立つでしょう。

プロの現場で生きたスキルを身につけることができる

漫画専門学校にはプロの現場で使用されているものと同じ機材を使うなど、実践的な授業を受けることができます。

しかし、学校内での作業とプロの現場での作業では、緊張感や責任の重さがまるで違うので、体験を通してプロに必要な要素を学ぶことができます。

技術面においてもプロの現場で生きたスキルが身につくので、自分の作品を描く時に役立ちます。

高いスキルを身につけた上で漫画家デビューが目指せる

人気が高くハイレベルな作品の連載を続けている漫画家の方もいますが、このような漫画家の方のもとでアシスタントの仕事をすれば高いスキルを身につけた上で漫画家デビューを目指すことができます。

また、漫画家の方とのコミュニケーションを通して、プロにしか分からない現場での貴重な話を聞くことができる可能性があります。

仕事に対するモチベーションなど内面と技術的なものをどちらも磨くことができるので、アシスタント経験後に漫画家デビューを目指す時に役立ちます。

アシスタントから漫画家になれることはあるのか

漫画家のアシスタントをすることで、プロの現場での仕事を通して学校では学べない様々なスキルを身につけることができます。

在学中にすぐにデビューするのではなく、まずはプロの漫画家のもとでじっくり漫画のスキルを高めた後で本格的に漫画家デビューをしたい方がいるかもしれません。

有名漫画家のもとでアシスタントを経験した後に漫画家デビューする方は意外にも多いので、アシスタントから漫画家になれる可能性はあります。

デビューのためには技術的なことに加えて作品の中で個性を発揮することが大切なので、日々の中でコツコツ作品制作を進めていき、コンテストに応募したり出版社に持ち込みをするなど積極的に行動することが大切です。

まとめ

漫画家のアシスタントをすることで、漫画専門学校では学べないスキルを磨くことができます。

プロの漫画家は人気が出るほどハードな仕事内容となりますが、デビュー前に現場の大変さをあらかじめ見ておくほうがいきなりデビューするよりも、心の準備を整えやすいかもしれません。

漫画家アシスタントの経験は漫画家を続ける上での内面的なものを磨けるので、一度経験しておくことで将来の夢に役立つでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校