おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画専門学校に進学したい!漫画家を目指すことを反対されたらどうしたら良い?

   

漫画家は人に夢や希望を与えるやりがいのある職業です。

漫画家は自分の世界観を作品に込めながら仕事をする中で、多くのファンから応援されるなどほかの職種では味わえない大きな魅力があります。

しかし、漫画家を目指すことを周囲に反対されていて、漫画専門学校への進学ができない方もいます。

ここでは、漫画家を目指すことを周囲に応援してもらいながら漫画専門学校に進学する方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

漫画家を目指すことが反対される理由とは

漫画が好きで漫画家を目指している方が全国に数多くいますが、中には漫画家を目指すことを周囲から反対される方もいます。

誰もが憧れる職業でありながら、目指したい職業として周囲に伝えた場合に反対されるのはどんな理由からなのでしょうか。

デビューできる可能性が低いと思われている

漫画家になりたい方が大勢いたとしても、新人賞のコンテストなどを通してデビューできるのはほんの一握りです。

このことから、競争率が激しい業界に進もうとすると進路について反対されることがありますが、漫画のスキルやセンスによって実際にデビューしている方がいるので、漫画家になれる可能性の低さだけで夢を諦めてしまうのはもったいないかもしれません。

漫画家は収入面で不安定な職業と思われている

売れっ子漫画家ともなると、一般の職種では到底稼ぐことのできない金額を稼ぐこともあります。

しかし、まったく売れない場合には、アルバイト以下の金額のお金しか稼げない可能性もあるので漫画家は収入面で不安定な職業と思われています。

生計を立てることができるかどうか分からない職種に就くことを、両親をはじめとする周囲の方が反対することがあります。

浮き沈みが激しい職業で将来を心配される

漫画家はたとえひとつの作品で売れっ子になっても、新しい作品を発表するたびにすべてが売れるわけではないので浮き沈みが激しい職種だと思われることもあります。

長い目で見て安定的に働ける職種に就くことで安心感を抱く方が多いことから、将来設計しにくい浮き沈みが激しい業界に進もうとする場合に反対されることがあります。

スポンサーリンク

周囲に応援されながら漫画専門学校に進学をする方法

将来の夢を抱きながら進みたい方向性に向かう時、誰でも不安な気持ちが出てくることがあります。

そんな時に周囲から進路に対して反対されると、ますます不安な気持ちが高まってしまいます。

漫画家になるための手段のひとつとして漫画専門学校で学ぶ方法がありますが、周囲に応援されながら漫画専門学校に進学するにはどうしたら良いのでしょうか。

大手出版社とのパイプが太い漫画専門学校を選ぶ

漫画家になることを反対される理由のひとつに、デビューできるかどうか分からない点が挙げられますが、デビューを目指すためには漫画専門学校の選び方に慎重になる必要があります。

ただ漫画のスキルが身につくだけではなく、漫画家デビューを目指すための環境が整っている専門学校を選ぶことが大切なのです。

大手出版社とのパイプが太い漫画専門学校は、業界で活躍するプロの編集者から作品のアドバイスがもらえるので効率良く漫画コンテストの受賞を目指すことができます。

有名漫画雑誌で連載中の卒業生が多い専門学校を選ぶ

学生の方が将来漫画家になるために漫画専門学校に通いたいという希望を保護者の方に伝えたとしても、漫画家になれる保証はないと言われることがあるかもしれません。

そんな時、有名漫画雑誌で連載中の卒業生を多く輩出している漫画専門学校を選べば、漫画専門学校で学ぶことで漫画家になっている方がいることを理解してもらえるのでおすすめです。

活躍中の有名人の講師が在籍している専門学校を選ぶ

漫画専門学校の中には漫画家として連載をしている方や、漫画家とイラストレーターを兼業している方など多くのプロが講師として在籍しているところがあります。

活躍中の有名人の講師が多数在籍している漫画専門学校なら、安心感があることから入学することを許可してもらえる可能性があります。

卒業生をプロに育てている実績がある学校なら漫画家になる夢に向かって着実に学んでいくことができるでしょう。

漫画家を目指す気持ちが本物だと伝える方法

漫画家になりたいとただ伝えただけでは、現実逃避をしていると思われてしまうことがあります。

周囲から進路について反対される時にこそ、自分の気持ちを相手にしっかり伝えるための方法を選択する必要があります。

将来設計図を作り視覚的に分かりやすくして伝える

漫画家を目指していることを周囲の方に理解してもらいたい場合には、将来の設計図を作成していつまでにデビューを目指して、漫画家になったらどんな風に活動していきたいかなど、分かりやすく周囲の方に伝えることをおすすめします。

ただ漫画家になりたいと言うだけでは、理解を示してくれない方が多い可能性があるので夢の視覚化を意識すると良いでしょう。

作成中の漫画作品を周囲の方に見せて伝える

漫画専門学校への入学を考えている方の中には、高校時代からすでに漫画の作品を描いている方がいるかもしれません。

入学前に作品作りに取り組んでいる場合には、その作品を周囲の方に見せて本気で漫画家を目指していることを伝えると良いでしょう。

中には入学前でも高いスキルを持っている方もいるので、あらためて作品を見て夢を応援してもらえる可能性が高まります。

漫画専門学校の資料を見せて希望を伝える

漫画専門学校の公式サイトにはカリキュラム内容や講師のプロフィールなど、学校についての情報を詳しく見ることができます。

しかし、漫画専門学校の資料にはより細やかな内容が記載されているので、周囲の方を説得する場合には資料を見てもらいながら分かりやすく学校の魅力について伝えると良いでしょう。

漫画専門学校への入学を両親に承諾されるには

漫画専門学校に入学するには、まとまった学費が必要なので自分一人の力ではどうすることもできません。

特に高校を卒業して漫画専門学校に進学する場合には、保護者の方の承諾が必要なので進路に関して理解してもらうことが大切です。

漫画専門学校への入学を両親に承諾されるにはどうすれば良いのでしょうか。

漫画専門学校の説明会に両親と共に参加する

漫画家を目指すために漫画専門学校に進学するには、進路に対して理解を示してもらうだけではなく学費を出してもらう必要があります。

高額な授業料がかかる専門学校もあるので、安心して進学をするためにも漫画専門学校の説明会に両親と共に参加すると良いでしょう。

授業内容の説明や漫画家デビューについての流れなど詳しい説明を聞くことができるので保護者の方も安心です。

漫画専門学校の卒業生の漫画を店頭で見せる

漫画専門学校への入学をより応援してもらうためには、漫画専門学校がどれだけプロを輩出しているかを実際に見せることをおすすめします。

大手出版社で連載をしている卒業生がいる場合には、卒業生の漫画を店頭で見せるなどして学校卒業後に実際に活躍している方がいることを見せることで進学を応援してもらいやすくなります。

まとめ

漫画専門学校を通して漫画家を目指したくても、漫画家になることそのものを反対されてしまう方もいます。

進学のためには周囲の方の協力がどうしても必要となるので、漫画家になりたいという意志を丁寧に伝えることが大切です。

プロを多く輩出している漫画専門学校を選ぶなどして、夢実現に向けて着実に準備を進めるようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校