おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

無料のところもあるけど…あえて有料のプログラミングスクールに通う理由は何?

   

プログラミングスクールには、有料のところと無料のところがあります。

そう、無料のところもあるのです。

でも、プログラミングスクールに通っている人には、有料のところに通っている人もたくさんいます。

それはつまり、有料のプログラミングスクールには、それなりのメリットがあるということになるのです。

では、有料のプログラミングスクールのメリットはどこにあるのでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

有料のメリットは年齢が高くても通えること

無料のプログラミングスクールには、年齢制限がある場合がほとんどになります。

それに対して有料のプログラミングスクールには、年齢制限がないことが多いです。

中には年齢制限があるところもありますが、それは決して厳しい制限ではないんです。

だから、これからプログラミングを学んでいこうと思っている人の多くは、通うことができます。

そもそも無料の場合は、年齢が高いと通えないことすらあるんですから、それを考えると、年齢と問わずに通うことができるというのは、何よりのメリットといっても過言ではないです。

実際ある程度の年齢から学びたくなることもある

プログラミングを学びたい思うのは、確かに若い人にたくさんいます。

でも、ある程度の年齢になってから、学びたいと思いだすことも珍しい話ではありません。

たとえばある程度の年齢になると、今の仕事に何となくやりがいを見失ったりします。

逆に若い年齢の場合は、今の仕事をこなすので精一杯になることが多いですよね。

だから、いますでに仕事をついている人で言えば、ある程度の年齢の人の方が、プログラミングに興味を持ちやすいんです。

そうなったときに通えるのは、有料のプログラミングスクールになるんです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

選択肢が多いのもメリット

有料のプログラミングスクールは、選択肢が多いです。

それは、プログラミングスクール自体の選択肢が多いということでもありますが、それ以上にここが重要なのだというポイントがあります。

それが、言語の選択肢です。

無料のプログラミングスクールの場合には、言語の選択肢がなかったり、あるいはあってもすごく少なかったりします。

でも有料のところであれば、一つのところで4つくらいは選択肢があることがほとんどです。

もっと多いところもありますし、そして何より、それぞれのプログラミングスクールによって、個性があります。

需要が高いものを学ぶことができることもあれば、まだあまり人気ではないものの、これからに期待できるスキルを学ぶことができる場合もあります。

そうして選択肢が多ければ、より将来の選択肢が広がることは間違いありません。

言語によって将来が決まる

当たり前の話ではありますが、プログラマーとして仕事をしていくのであれば、言語によって仕事の環境は大きく変わります。

そして仕事への付きやすさ等も大きく変わってきます。

だからここでの言語選びというのは、いうなれば人生の選択ともいえるんです。

でも、無料の場合はそれが出来ないか、あるいは満足にはできなくなります。

どうせならば、たくさんの選択肢の中から、吟味に吟味を重ねて選択していきたいものです。

そんなに重要なものであるのであれば特に。

それができる有料のプログラミングスクールは、やっぱり満足度が上がりやすいプログラミングスクールになるんです。

選択の難易度は上がる

ただそうしてたくさんの言語の中から選んでいけるとなると、そのせいで選択の難易度が上がることは間違いありません。

選択肢が多ければ多いほどに、考えないとならないことは多くなります。

だから、間違えた洗濯をしてしまう可能性も高くなります。

ただ、たとえ間違えたとしても、自分で一生懸命調べた上でまちがえたのであれば、それは別にある程度満足できます。

それよりも、ろくに選べないで結果的に間違えた選択になってしまうことの方が問題です。

就職してもいいししなくても良い

無料のプログラミングスクールは、就職することが条件になっているようなものです。

実際、無料のプログラミングスクールが成り立つのは、人を就職させた企業から報酬をもらうから成り立つのです。

それがもらえないとなると、やっぱり無料のプログラミングスクールはつぶれてしまいます。

テナント料だってただではないですし、人件費だってかかりますから。

なので、無料のプログラミングスクールは、とにかく就職しないといけないんです。

でも有料であればそんなことはありません。

有料の場合には、生徒からのお金という確固たる収入源があります。

だから別に生徒が就職しなくても困らないのです。

なので、別に就職しなくても良いことになります。

スキルとして学びたいだけの人にあっている

そういうことがあるので、有料のプログラミングスクールは、ただただスキルとしてプログラミングを学びたいというだけの人にあっているということになります。

プログラミングスクールでプログラミングを学びたいと思う方の多くは、それを武器にして就職したり転職したりしたいから、それを学んでいるところがあります。

でも、中にはスキルとしてそれを学びたいだけの人もいるものです。

今すぐではなく、いつかそれを武器にして転職したいと思っている人などもそれにあたります。

ただそんな人の場合には、やっぱり無料のプログラミングスクールではだめなのです。

そんな人の場合には、有料のプログラミングスクールに行くしかありません。

でも逆に言えば、有料であれば行くことができるわけですから、そういう人には有料のプログラミグスクールがおすすめです。

マンツーマンの授業があることが多い

有料のプログラミグスクールのメリットとして、もう一つ言えることがあります。

それが、マンツーマンの授業が多いということ。

無料のプログラミングスクールの場合には、あまり講師の数も多くはありません。

だからなかなか、マンツーマンでの授業というのが難しい環境にあるんです。

でも、有料のプログラミングスクールであればどうでしょうか?

有料のプログラミングスクールの場合には、基本的には講師の数もたくさんいます。

だから、マンツーマン形式で教えてもらえることが多いんです。

マンツーマンのメリット

でも、マンツーマン形式の授業は何がよいのでしょうか?

マンツーマン形式に授業のメリットは、自分のペースで勉強をすることができるということ。

たとえば教室形式の場合には、わからないところがあってもどんどん進んでしまって、わからないところがわからないままになる可能性が出てきます。

でもマンツーマン形式であれば、まずそうなることはありません。

わからないところがあれば、そこをわかるようにするまで勉強していくことができるんです。

だから、よりプログラミングのスキルが高まりやすいのが、マンツーマン形式なのです。

当然ながら、プログラミングスクールはプログラミングのスキルを高めに行くところになります。

となればやっぱり、よりスキルが高まりやすいところに行く方が良いに決まっています。

それが有料のプログラミングスクールなのですから、有料のプログラミングスクールはすごくおすすめできます。

まとめ

確かに有料のプログラミングスクールは高いです。

だから、金銭的に通えないという方がいてもおかしくはありません。

その場合には無料のプログラミングスクールでも良いでしょう。

でももしそのお金を払うことができるのであれば、やっぱりおすすめなのは、有料のプログラミングスクールになるんです。

よく考えて決めてみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール