おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

生活を楽しくしてくれる液晶テレビの選び方のポイントについて

   

テレビは生活の中にはなくてはならないアイテムだと言えます。

テレビがあることで、生活はより楽しいものになっていきます。

しかし、できるだけ綺麗な映像で、さらに使いやすくテレビを使用していきたいと考えることは当然です。

液晶テレビを上手に選んでいき、最高の時間をテレビで得ることができるように上手に選んでいきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビを選ぶメリット

場所を取らない薄型設計が可能

液晶テレビが当たり前のように普及していますが、その魅力をしっかり理解しないまま使用しているひとは多いと言えます。

液晶テレビには実は優れたメリットがとても多く隠されており、知らず知らずにその魅力に触れているのです。

液晶テレビの最大のメリットと言えば、やはり画面のサイズが薄型にできることでしょう。

その薄さは当然ブラウン管時代の物とは比較するするに値しないほど薄く、どのような場所でも気軽に設置できるほどです。

液晶テレビによっては、壁に掛けることができるほどの薄さを持っていますので、その魅力は購入すればすぐに気付くことができます。

発熱量がとても小さい

液晶テレビは発熱量がとても少ないメリットもあります。

ブラウン管テレビなどは、時間が経てば触ると熱くなるはどの熱を発していました。

しかし、液晶テレビはこうした熱によるリスクが少ないため、部屋の温度に変化が生じることを防ぐだけではなく、テレビ自体の熱による劣化も防ぐことができるのです。

テレビに限らず電化製品の多くは、熱により劣化してしまうケースがあります。

液晶テレビはこうした事態を防ぐことができますので、電化製品として有利な面が多いと言えます。

消費電力が小さい

エコな電化製品は最近では当たり前になってきていますが、液晶テレビもこのエコと言う意味では大きく貢献しています。

発熱量が少なく、構造的に無駄な電力を必要としないため、液晶テレビは間違いなくエコな電化製品なのです。

さらに無駄な発熱量が少ないため、寿命についても貢献しています。

寿命が長いため、これだけでも随分とエコだと感じることができます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビのデメリットも知っておく

強度が弱い

液晶テレビは、昔のブラウン管テレビに比べて、強度が弱い面があります。

ブラウン管テレビは、ブラウン管自体にとても高い耐久性を持っていましたが、液晶テレビは強い衝撃を加えると最悪割れてしまうこともあります。

しかし、一般的な使用方法で強い衝撃を加えるようなことは少ないため、こうした心配は必要ないと言えます。

視野角が狭い

また、液晶テレビは視野角がブラウン管テレビよりも狭いと言う面があります。

真正面から見てみると、それほど違和感を覚える場面はありませんが、極端に角度を付けて見たときには、とても見え辛いと感じてしまいます。

しかし、最近ではこうしたデメリットを克服したモデルも多くの販売されるようになってきましたので、心配することは少ないと言えます。

デメリットは解消されつつある

しかし、こうした液晶テレビのデメリットは多くのメーカーで解消されつつあります。

とくに映像面については、昔に比べて驚くほどレベルは向上しました。

液晶モニタ特有である、映像のチラつきについても、年々改善されとても見えやすい映像に変化しています。

つまり、液晶モニタはまだまだ進化を続けているのです。

映像だけではなく、操作性などを含めた機能もレベルアップされています。

液晶テレビの選び方

トレンドを知る

液晶テレビにはさまざまなモデルがありますが、まずはトレンドから理解していくことが良いでしょう。

少し前までは、フルHDが主流になっていましたが、最近では4Kがトレンドになってきました。

4KはフルHDよりもさらにドット数が細かく、さらに美しい映像を楽しむことができます。

また、この4Kは、昔は50インチ型以上の大型の液晶テレビにしか採用されていませんでしたが、最近では40型クラスにもこの4Kが登場するようになり、より身近な液晶テレビへと変化していっています。

大型画面思考が強まっていますが、やはり部屋のサイズに合わせた40型クラスが売れ筋になってきますので、4Kが中型の液晶テレビにも採用されることによって、より4Kはトレンド化しています。

有機ELとの違いを理解しておく

液晶テレビの他に、最近では有機ELもよく耳にするタイプになってきました。

有機ELは液晶とは異なり、自ら光を発光すると言う特徴を持っています。

液晶テレビはバックライトを照らすことにより映像を映し出していますので、こうした自ら発行する有機ELとは映像の特性が異なってきます。

こうした特徴があることから、有機ELは早い動きなどにも付いていける能力を得ることができていますが、その分まだまだとても高価な部類に入ります。

しかし、液晶テレビもこうした能力に近い性能を秘めているタイプも多く販売されるようになってきていますので、比較的購入しやすい液晶テレビを選ぶ方が価格的にもまだ有利だと言えます。

画面サイズは必ず意識して選ぶ

液晶テレビを購入する場合、どうしても多きな画面サイズが有利だと考えてしまいがちです。

大きな画面ほど見やすく、さらに高級感が部屋に増すように感じてしまいますが、この画面サイズはあくまでも部屋の大きさや、液晶テレビを見る位置によって決めることが望ましいのです。

大きければ良いと言う考えを捨て、まずはその部屋に設置したときに見やすい画面サイズであるかどうかを必ず判断しましょう。

画面サイズを選ぶ基準はしっかり設けられています。

部屋の大きさなどをしっかり考慮して画面サイズを選べば、失敗を防ぐことができます。

おすすめの液晶テレビ3選

日立Wooo

HITACHI(日立) [録画テレビWooo XP05シリーズ] L37-XP05 320GBHDD内蔵37V型フルハイビジョン液晶テレビ

日立Woooは、本体にHDDを内蔵しているモデルになります。

外付けのHDDよりもすっきりと設置させることができますので、よりスタイリッシュに部屋のイメージを決めることができます。

また、液晶テレビの能力を最大限に生かした映像能力にも定評があります。

比較的購入しやすい価格なので、多くの人におすすめできるモデルです。

三菱電機REAL

三菱電機 32V型 液晶テレビ REAL(リアル) LB8シリーズ LCD-32LB8

三菱電機REALは、ダイヤモンドトロンとして人気を得てきたモデルです。

高画質の液晶テレビになりますので、近くで見ても離れてみても映像がかすむような感覚は少ないと言えます。

また、録画機能など、さまざまな機能をこの一台に収めていますので、まさにオールインワンモデルだと言えることも人気の一つです。

オートターン機能により、自分が見たい角度にオートで首振りを行ってくれる機能などもあります。

パナソニックVIERA

パナソニック 43V型 液晶 テレビ VIERA TH-43EX600 4K対応 HDR対応

パナソニックVIERAは、綺麗な映像だけでは独特な機能性にも注目するべき液晶テレビです。

中でもリモコンに話かけることでチャンネルを切り替える機能などは、このパナソニックVIERA独特の機能だと言えます。

とても多くの機能が含まれていますが、使いやすさも追及していますので、多くの人が満足できる液晶テレビだと言えます。

どの液晶テレビにするか迷った場合にはパナソニックVIERAをおすすめします。

まとめ

液晶テレビを選ぶことは、簡単なことではありません。

常に新しい機能が追加されていき、さらに液晶のレベルは年々向上していますので、購入するべきタイミングが分からなくなってしまうことになります。

しかし重要なことは、できるだけ優れた液晶能力を持っているタイプを購入することです。

液晶が綺麗であることが、一番の選び基準としていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ