おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

町田デザイン専門学校の魅力を紹介! プロも夢ではない?

   

多くの高校生たちは、大学や専門学校へ進学しない場合には、現実を見すえて就職活動を行わなければいけません。

そのため、イラストレーターや漫画家を目指していた方は夢を諦めなくてはいけません。

しかし夢を諦めて、行いたくもない仕事をしていけば、辛い日々を送る事になります。

そこで、夢を諦めたくない方におすすめしたいのが『町田デザイン専門学校』です。

この専門学校ではプロになるための知識や技術を学ぶ事ができるので、詳しく紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

町田デザイン専門学校の注目点

本校の注目すべきポイントとして、プロとして必要な知識や技術を学べるだけではなく、立地の良さも挙げられます。

そこで、この専門学校を詳しく知りたい方のために、注目すべきポイントについて紹介します。

立地の良さ

専門学校で学べる期間は短いので、通学時間を1分でも短くする事は注目すべきポイントになります。

実際に本校は、東京都心から離れていますが、町田駅(東京都町田市)から徒歩圏内にあります。

この場所は神奈川県横浜市や川崎市から近い所にあるので、東京都民だけではなく神奈川県民の方でも通学しやすい位置です。

さらに本校の近くには、様々なコンビニやデパートなどがあります。

そのため画材道具や日用品などを購入する事に困りません。

そのような事を考えれば、地方から東京へ上京する方でも住みやすい地域なので、買い物を近くで済ませたい方にはおすすめの専門学校です。

デザインを学べる学科

本校は立地が良いだけではなく、様々な学校が用意されています。

その中でもデザインに関係するもので、建築デザイン科・インテリアデザイン科・グラフィックデザイン科・イラストレーション科・Web CGアニメーション化・コミックイラスト科などがあります。

この中でも、コミックイラスト科はデザインに関係がないように感じるかもしれませんが、この学科ではアナログとデジタルの両方を学ぶ事ができるのです。

そのため、デジタルでイラストを製作する技術も身に付くので、デザインに関係する作品を製作する実力を身に付けられます。

資格を取得

デザインと言っても、様々な種類がありますが、その中でも様々な職業で役立つのが、パソコンを操作してデザインの作品を製作する技術です。

このような技術を習得するためには、IllustratorやPhotshop能力検定試験を取得する方法がおすすめです。

実際にIllustratorやPhotoshopと呼ばれるAdobe社のソフトは、デザイン業界で重宝されています。

本校で、Illustrator、Photshop能力検定試験に関係する事を教えている学科を選べば、このような資格の取得を目指す事もできます。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

目指せる職業

本校でデザインを勉強すれば、様々な職業を目指す事ができます(学科の種類によって選べる職業は限定されます)。

しかし多くの方たちは夢や希望ばかりが先行して、どのような仕事を行うのか分からない方も多いでしょう。

そこで漫画家・イラストレーター・デザイナーについて詳しく紹介するので、確認してみて下さい。

漫画家

本校のコミックイラスト科で学べば、漫画家を目指す事ができます。

しかし漫画家という職業は上手な絵を描ければ、なれるというものではありません。

漫画で人の心を惹きつけるためには、人の心を動かすストーリーが必要になっていきます。

そのため本校の授業だけではなく、授業の他でも、あなたが様々な努力をする必要があります。

例えば様々な漫画を読んでみて、ヒットしている漫画が、なぜ売れているのか研究する事が重要です。

実際にプロの漫画家である浦沢直樹先生は、漫画編集者の厳しい要求に応えられるように、日々悩みながらも素晴らしい作品を作り上げているのです。

そのため、漫画家を目指す際には、日々努力する姿勢が重要になります。

イラストレーター

本校のイラストレーション科では、デジタルの作品を製作するための技術を学べるので、イラストレーターを目指す事ができます。

イラストレーターの場合には、漫画家のようにストーリーは必要ではありません。

その代わり、1枚のイラストで人の心を動かせるものを作る技術や感性が必要になっていきます。

有名なイラストレーターの作品を見た事がある方なら分かるかもしれませんが、リアルなイラストでなくてもヒットしている先生は多くいます。

つまりリアルなイラストを描ければいいのではなく、人に注目してもらえるような作品を作れなければいけないのです。

デザイナー

本校のグラフィックデザイン科では、グラッフィックだけではなくパッケージまで多岐に渡って、様々な事を学べます。

そのため、様々なデザイナーを目指す事ができるので、グラフィックの仕事をしたい方には、おすすめの学科です。

そしてデザイナーは、漫画家やイラストレーターとは違って、多くの方と一緒に仕事をするケースが多いです(漫画家やイラストレーターも多少はチームワークが必要)。

そのため、デザイナーを目指す方は、自分が考えるアイディアを他の人たちに、的確に伝える能力まで必要になります。

オープンキャンパスの紹介

本校の注目点や学科の種類などが分かった方たちの中には、この専門学校へ入学したくなった方もいるでしょう。

ただし本校の注目点や学科が分かっても、入学した後にイメージしたものと違ってしまうケースはあり得ます。

そこで本校が行なっているオープンキャンパスについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

利用するメリット

本校のオープンキャンパスを利用すれば、学校の雰囲気が分かるので、オープンキャンパスに参加すれば入学した後に後悔する可能性が低くなります。

さらに本校では、イベントによって予約する事も可能なので、オープンキャンパスに参加する際に、定員オーバーで参加できないというケースはありません(予約した場合)。

数多くの種類

本校のオープンキャンパスでは、平日だけではなく休日に行なっている時もあります。

休日で行なっている体験学習は留学生対象になっているので注意する必要はありますが、相談会であれば留学生ではなくても休日で行なっています。

そのため、どのような専門学校なのか詳しく知りたい方で、休日しか訪れる事ができない場合は、相談会を利用したほうが良いです。

プロを目指す上で注意すべきポイント

本校で知識や技術を学んでも、プロの厳しさを知らなければ、プロになった後に後悔する可能性があります。

そこでプロになった場合には、どのような厳しい事があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

作業をする時間

デザイン業界でなければ、多くの会社では1日8時間まで働けば帰宅する事ができるケースが多いです。

その中には残業をする企業もありますが、多くても1日3時間前後の所が多くなっています。

しかしデザイン業界は、労働時間が多い事で有名なので、心身共に大きな負担をかける事になってしまうのです。

そのため、若い頃はプロとして活躍していた方でも、途中で辞めてしまう方が多くいます。

そのような辛い事がある世界なので、プロを目指している方は、労働時間が長くなってしまう事は覚悟したほうが良いです。

熾烈な競争

専門学校で勉強している時でも、ある程度の競争は存在します。

しかしプロになった場合は、その比ではありません。

優秀なライバルに負け続けてしまえば、最悪のケースでは仕事がなくなってしまって、失職する可能性まであるのです。

そのためプロになった以上は、多くのライバルに負けないように、優れた作品を作り続けなければいけません。

そのような事を考えたら、プロを目指す方は、多くの時間をデザインに費やす事も確保したほうが良いです。

まとめ

町田デザイン専門学校へ通えば、プロになるための知識や技術を学ぶ事ができます。

ただしプロになるためには、学校へ通っていない時でも、自ら勉強しようという姿勢が必要です。

そのような注意すべきポイントはありますが、本校には様々な学科があるので、他の生徒と切磋琢磨し合う事ができるので、貴重な経験を積む事ができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ