おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

町田・デザイン専門学校が重視するのは競争ではない?

   

デザイナーを目指している方たちの中には、周りのライバルを打ち負かさなくては、夢を叶えられないと思っているかもしれません。

ところが、デザイナーとしてのスキルを習得しても、協調性の足りない方はデザイナーとして務まらないので、注意する必要があります。

『町田・デザイン専門学校』は、デザインのスキルだけではなく、協調性も身に付くように指導してくれるので、デザイナーとして必要な能力を身に付ける事ができます。

そこで、デザイナーを目指している方たちのために、本校について紹介するので、参考にしてみて下さい。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

町田・デザイン専門学校の特色

本校は、多くの生徒たちがデザイナーになれるような取り組みを行っています。

それでは、どのような取り組みを行っているのか説明するので、確認してみて下さい。

仲間教育

デザイナーは、個人の個性が重要な職業のように感じるかもしれませんが、クライアントの要望も聞かなくてはいけません。

さらに一人で仕事をする場合もあれば、数人で仕事をする場合もあるので、協調性のないデザイナーは必要とされない世界なので、注意する必要があります。

実際に、最近では、デザイナーとは少し話が違ってしまいますが、アイドルグループ『NGT48』のメンバーの確執が表面化して事件にまで発展する事がありました(2019年1月時点)。

アイドルも個人の個性が活きるように思える世界ですが、協調性のない方が少しでもいたら、トラブルに発展する可能性があるのです。

本校では『仲間教育』を行なっているので、デザインのスキルを習得できるだけではなく、協調性も身に付くので、デザイナーになれる可能性が高くなります。

マンツーマン指導

協調性が身に付いても、肝心のデザインのスキルが習得できなかったら意味がありません。

そこで、本校では『マンツーマン指導』を行なっていて、生徒一人ひとりが短期間でスキルアップできるようになっています。

実際に、専門学校は学習期間が短くなっているので、短期間でスキルアップできなければ、就職活動で失敗する可能性が高くなってしまうのです。

そのため、マンツーマン指導を行なってくれる本校は、おすすめの専門学校です。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザインを学べる学科

本校は、デザインのスキルを学べる学科が4つあって、それが、建築デザイン科・インテリアデザイン科・グラフィックデザイン科・雑貨&プロダクトデザイン科などです。

4つの学科は、それぞれ学べる内容も違えば、目指せる職業も違うので、詳しく紹介しましょう。

建築デザイン科

デザイナーと聞いたら、多くの方たちは製品にキャラクターや、模様を付けていく仕事をイメージするかもしれません。

ところが、デザイナーは様々な職業が存在していて、その中には『建築デザイン』も存在します。

建築デザイン科では、多くの事が学べる学科になっていて、住居やお店の設計・家具製作・インテリアなどを学んでいくのです。

これほど多くの事を学べる学科になっているので、目指せる職業も多くあって、その職種は住宅デザイナー・リフォームデザイナー・CAD技術者などがあります。

インテリアデザイン科

建築デザイン科は、インテリアを学ぶ事ができますが、様々な事を学ぶので、集中的にインテリアを学ぶ事は難しいので注意しなければいけません。

そのため、インテリアについて多く学びたい方には物足りなく感じてしまう可能性が高くなります。

インテリアについて多く学びたい方には、建築デザイン科よりも『インテリアデザイン科』のほうがおすすめです。

なぜなら、インテリアデザイン科では、インテリアを中心に家具やディスプレイなどのデザインを学べる上に、空間を利用したスキルも習得する事ができるからです。

グラフィックデザイン科

多くの方たちが、デザイナーと聞いてイメージしやすい職業を目指せるのが『グラフィックデザイン科』です。

グラフィックデザイン科では、広告・ポスター・ブックカバーなどをデザインしていくので、自分の個性やスキルを存分に活かす事ができます。

ただし、このようなデザインの仕事は、ある程度までクライアントの要望を聞く必要があるので、あまり自由にできない時もあるので注意しなければいけません。

注意すべきポイントもありますが、グラフィックデザイナー・広告デザイナー・WEBデザイナー・装丁デザイナーなど様々な職業を目指す事ができる学科です。

雑貨&プロダクトデザイン科

建築やインテリアは値段の高い物件と言えるので、多くのお金が動きます。

そのため、多くの仕事が貰えるとは限らない職業なので、注意する必要があるのです。

ところが、雑貨であれば値段が安くて大量生産される事もあって、雑貨をデザインする事ができたら、多くの仕事を引き受ける事は十分に可能です。

『雑貨&プロダクトデザイン科』では、雑貨・文具・家具などをデザインするためのスキルを習得する事ができます。

本校で学ぶメリット

本校では、協調性やデザインのスキルなどを身に付ける事ができるので、様々なメリットを得る事ができます。

それでは、どのようなメリットがあるのか紹介するので、みていきましょう。

就職できる選択肢の多さ

デザイナーと言っても、様々な職業がある事を知ってもらえたかと思いますが、自分が就きたいと思える職業さえ目指せれば良いと思っているかもしれません。

ところが、デザイナーの職業の中には、給料の高い職業もあれば、給料が安い職業もあるので注意する必要があります。

実際に、WEBデザイナーは給料が低くて、途中で会社を辞めてしまう方が多いので、本校で学んで様々な職業を目指せるようになるのは大きなメリットです。

就職活動を成功させる確率

本校で様々なスキルを習得しておけば、就職活動の選択肢が多くなるので、必然的に成功できる可能性は高くなります。

実際に、目指せる職種は少なかったら、あなたが働きたいと思える企業も少なくなってしまうので、就職活動が失敗する可能性が高くなってしまうのです。

そのような事を考えたら、本校で多くのスキルを習得しておけば、就職活動を有利に進める事ができるので、学んでみる価値があります。

本校のサポート内容

本校は、様々なスキルを習得できるだけではなく、就職活動する生徒たちをサポートまでしてくれます。

そこで、どのようにサポートしてくれるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

就職指導

就職活動が成功できるように、様々な指導が行われていて『就職オリエンテーション』では、就職活動の入門・基礎・実践・応用などを細かく指導していきます。

実際に、初めて就職活動する生徒たちは、緊張してしまって、何を喋ったらいいのか悩んでしまいがちです。

ところが、就職オリエーンテーションで基礎から応用まで学んでいけば、自信を持って就職活動に臨む事ができるので、自己ピーアルしやすくなります(個人差があるので注意)。

個別企業説明会

本校は『個別企業説明会』を行なっていて、生徒たちは遠くにある企業まで足を運んで、説明会を聞きに行かなくても就職活動する事ができます。

デザイン業界の企業でも、意欲の高い生徒を採用したいと考えているので、説明会に参加しないだけでも不採用の基準にあてはめる所もあるほどです。

そのため、個別企業説明会を行っている本校であれば、多くの企業先で就職活動を有利に進める事が可能です。

さらに『個別面談』も行われているので、就職活動で行き詰まった場合には、アドバイスをしてくれる事から最後まで就職活動を続ける事ができます。

まとめ

デザイナーは周りの方たちと協力しながら、仕事を進める必要があるので、デザインのスキルだけではなく協調性も重要です。

本校では、仲間教育を行っているので、協調性を身に付けて円滑に仕事を進められるようになります。

ただし、専門学校の学習期間は短くなっているので、本校へ入学した後は率先的にデザインを学ぶように努力しなければ、デザイナーになれない可能性もあるので気を付けて下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ