おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

知って得した!イラスト通信講座のメリットとデメリット

   

ふとしたときに描いたイラストが上手く描けると嬉しいですし、便利ですよね。

イラストが上手く描けるようになると、手紙やポスター、広告などで活用でき、デザインの幅が増えます。

でも、専門学校に通うのは時間とお金が掛かってしまいます。

しかも、仕事や育児などがある方には難しいですよね。

今回はそんなイラストが上手くなりたい方のために、イラストの通信講座についてご紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラスト通信講座とは

イラスト通信講座とは、その名の通り、通信講座でイラストを学ぶことが出来るものです。

通信講座には、いろいろな種類がありますが、時間が自由に使えて、費用もそこまで掛からないため、イラストを始める方に注目されています。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラスト通信講座のメリット

イラストを習う、学ぶというと、専門学校などで直接指導してもらうことをイメージすることが多いと思います。

しかし今回は通信講座をご紹介していきます。

イラストを通信講座で習うなんて、本当に成果が出るのでしょうか。

メリットはあるのでしょうか。

まずは、メリットについて説明していきます。

自分のペースで学べる

普通の専門学校や教室に通う場合、授業を受けるために、決まった時間に決まった場所に行かなければなりません。

最初からイラストや美術を専攻している学生だったら良いのですが、社会人になってから始める方や主婦の方でちょっとした趣味として始めたい方には、なかなか難しいですよね。

しかし、通信講座なら自分の都合の良い時間に作業や授業を受けることが出来ます。

まず、通学して授業を受ける必要がない為、現在のスケジュールに無理やりイラストの為の時間を作る必要がありません。

休みの日や時間の空いている時に作業することが可能なので、スケジュールが既にたくさん埋まっている方でも始めやすいです。

また、何かの用事や仕事の関係でしばらく取り組めなくても、その分を別の、自分の都合の良いときに行えば良いので安心です。

普通の学校や教室の場合、一度休むと次回の授業に追いつくことが難しいですし、後々影響が出てくる可能性もあります。

その分、通信講座は確実に一回一回授業や作業を進めていくことが出来るので、遅れてしまう心配はありません。

イラスト初心者でも安心

専門学校や教室などに入ると、元々イラストの上手い人や長年続けている人などが多くいます。

そのため、イラスト初心者で入ると自分だけ浮いてしまう、周りの生徒とあまりにもレベルが違いすぎるなんてこともあります。

こうなってしまうと、いくら最初は下手でも大丈夫といわれても、モチベーションが続きませんよね。

通信講座なら、自宅で一人で授業を受け、作業をする事ができるので、初心者で最初はあまり上手くイラストを描くことが出来なくても、気後れすることはあまりありません。

通信講座の先生やスタッフが一から丁寧に教えてくれるので、イラストを基本から学ぶことが出来ます。

イラスト通信講座のデメリット

メリットが分かったところで、デメリットにはどんなものがあるのか気になりますよね。

次はイラスト通信講座のデメリットについて説明します。

モチベーション維持

自分からイラストを習いたくて通信講座を始めたのだから、モチベーションが下がるはずは無い、と思いますよね。

しかし、長期間続けていると、どんなにイラストが好きでも通信講座で習うことのモチベーション維持は難しくなってくることが多いのです。

なぜなら、通信講座では授業を受けるところから作業をするところまで、全て一人で自宅で行うからです。

これが良いところでもあるのですが、ずっと一人での作業だと、作業することが目的となってしまうことが多いのです。

一度このような状況に陥ってしまうと、なかなか自分で気が付けず、もとのモチベーションに戻すことは難しいです。

どんなイラストが描きたいのか、イラストのどんなところが好きなのか、など自分の最終的なゴールの姿を常にイメージしながら、楽しく取り組むことが重要です。

人に見せる機会が少ない

専門学校や教室に通っていれば、少なくても年に一度は展示会などがあり、そこで他人に自分のイラストを見てもらう機会があります。

展示会以外でも、普段の授業の時からお互いに見せ合ったり、アドバイスし合ったりすることが出来ます。

しかし、通信講座では自分のイラストを他の人に見てもらうことがなかなか出来ません。

ある程度のレベルまでは、イラストを描く技術によって影響されます。

しかし、あるレベルまで行くとイラストの上手さや魅力、センスなどはどれだけ描いて、人に見てもらったかの数に影響されてくる部分もあります。

また、イラストを使った仕事をしたいと考えている方は確実に公の場で自分のイラストを披露し、評価してもらう必要があります。

そのため、イラストを極めたい方や、イラスト関係の仕事をしてみたい方は通信講座で学んだとしても、あとから、自分で展示会やコンテストへの応募などの行動が必要になってきます。

通信講座の種類

ひとことでイラスト通信講座と言っても、目的やレベルによって適しているものが違います。

今回は大まかに4つに分けて、通信講座の種類を説明していきます。

基本技術

これは、イラストの基本を一から学べるタイプの通信講座です。

イラストを習いたいけれど、初心者だから基本的知識、技術も分からない、という方も安心して受けることができます。

具体的に言うと、デッサンや表現の仕方など、イラストを描いていく上で必要な知識や技術をしっかり学ぶことができるので、何もわからず授業についていけないなんて心配はいりません。

専門分野

このタイプは、イラストの基本的なスキルはあって、専門的なスキルをもっとつけたい方におすすめです。

イラストにも実はいろいろは種類があり、絵本のイラスト、雑誌のイラスト、漫画、ポスターのイラストなど全てその分野専門のイラストレーターがいます。

なので、通信講座を選ぶ時点で既にイラストでどんなことをしたいのかのイメージが出来ている方には、このような専門分野のスキルをアップさせる通信講座をおすすめします。

短期型

短期型はその名の通り、短期間でイラストを学ぶことの出来る通信講座です。

仕事や育児、家事など皆さんさまざまなスケジュールが既に入っていると思います。

そういった方には長期間、通信講座を続けることはなかなか難しいですよね。

やりたい気持ちはあっても、忙しすぎて長続きしない、なんてことにはなりたくないですよね。

そんな忙しい方にもおすすめなのが、短期型の通信講座です。

もともと、短期間でイラストの基本が学べるように設定されているので、短い期間でもしっかり基本を習得することができます。

スクール提供型

このタイプの通信講座は、イラストの専門学校が出しているものです。

普通の学校で教えてきたノウハウを通信講座にも活かしてあり、サポートや指導が丁寧なところが特徴です。

多くの生徒を見てきているので、その腕前は確かなものです。

また、普通のイラスト学校としても成功しているので、実績があり、安心して取り組めますよね。

さらに、イラスト学校が提供している通信講座であれば、その学校の展示会やコンテストに出すことも可能です。

システムもしっかりしているので、分からないことがあってもすぐに対応して貰えるところもこのタイプの良いところです。

まとめ

皆さん、いかがでしたか。

イラストの通信講座というと、本当にイラストレーターになりたい人しか出来ないと思っていた方は少なくないと思います。

しかし実際は、初心者から始められて気軽に取り組めるものなのです。

今回を機に皆さんがもっとイラストに興味を持って、自分にあった通信講座を見つけてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ