おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

知識なし、経験なしでもパソコンで絵を描いてみたい人向けデジ絵のススメ

      2017/09/08

知識なし、経験なしでもパソコンで絵を描いてみたい人向けデジ絵のススメ

私自身、落書きは好きでしたが、絵画、特に色をつける絵全般が苦手でした。

思った色が作れない、紙が水でぐにょぐにょになってしまう、筆圧が強く筆がすぐにダメになってしまう…要するに、絵を描く「道具」を扱うことが苦手でした。

しかし、パソコンは違います。

偶然、インターネットのお絵かき掲示板を知り、そこで描いた人達同志の交流をキッカケに、パソコンでの絵…つまりデジ絵にハマっていったのです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

デジ絵のよいところ

なんといっても、手が汚れません。

道具が全部パソコンの中ですので、事実上、制約も一切ありません。

大きな紙、水彩、水墨、クレヨン、クレパス…高価で中々手が出しにくかった画材も、パソコンなら簡単に使えます。

そして最大のメリットは、なんといってもやり直しと複製でしょう。

ちょっとやり直したいだとか、同じものを作業途中から完成版まで、いくらでも複製可能です。

とっつきやすさでいえば、全ての画材でもっとも初心者向け、かつ、おすすめのツールがデジ絵であり、パソコンなんだと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

慣れると快感、バケツ塗り

デジ絵のもっとも気持ちいい作業といったら、なんといってもバケツ塗りではないでしょうか?

あらかじめ範囲を指定しておけば、そこに一瞬で色を塗れます。

範囲指定には、最初コツがいりますが、その範囲が大きければ大きいほど、この快感度は増します。

キャンバス(絵を描く領域)全部を塗りつぶすなんてのも朝飯前。

間違っても、ボタンひとつでやり直し。

リアル画材だとこうはいきません。

コピー、反転、部分複製

これもデジ絵ならではです。

絵を描くとき、どうしても利き手と同じ方向は描きにくいものです。

そんなとき、一度絵を鏡面反転(鏡に映ったようにひっくり返す)することがデジ絵では出来ます。

これは便利です。

また、同じ絵を何枚も重ねたい、ここだけハンコにしていっぱい複製したい…なんてことが出来るのは、デジ絵でしかできない芸当でしょう。

時間の短縮

水彩や油絵などは、絵の具が乾く時間が絶対に必要です。

半乾きのときに筆を入れて、にじみで絵を台無しにしてしまうなんてのは、私も痛いほど経験してきました。

しかし、デジ絵はそもそも生の画材はありません。

油絵の上に水彩を載せることも出来ますし、お互いを馴染ませてぼかすなんていう、リアル画材では絶対不可能な作業も簡単にできます。

何しろ画材の準備をする必要がありません。

クロッキーを広げる、筆を並べる、水を汲んでくる…これら一切の作業は、デジ絵ではパソコンを起動するだけになります。

寝る前に、油絵に一筆入れるなんてことも、デジ絵ならではの作業ではないかと思います。

好きな色、同じ色を簡単に作れる

パソコンで絵を描くときは、色はパレットから選びます。

それ以外に、本当に「まったく同じ色」が作れるのもデジ絵ならではです。

絵を描くソフトには、色を数字指定できるものがあります。

この数字、最初はなんのことやら?

となりがちですが、実は、この数字が色の性質を表わしているのです。

Rは赤、Gは緑、Bは青。

それぞれの数字を組み合わせることによって、絵の具以上の色を作れます。

あのとき作った色を使いたい…そんなときも、色をスポイトでチェックすれば、同じ色の数値が分かります。

ちょっとだけ赤っぽくしたい、青っぽくしたいなんてのもお手のもの。

加工は、まさにデジ絵の真骨頂といえるでしょう。

デジタルであるということ

デジ絵は、デジタルで保存できます。

何を当たり前のことを…というなかれ。

デジタルデータは、いまやプリンターの性能のおかげで、いくらでもアナログ→つまり実際の絵にすることが可能なのです。

もはや、デジ絵はパソコンのなかだけでなく、手に取ることが出来る絵にもすることができるのです。

そして、仕事などで求められる絵は、ほぼ100%デジ絵でしょう。

手描きの絵画は、絵画としての価値しかありませんが、デジ絵は広告だったり、挿絵だったり、色々な加工が出来るために様々なニーズがあります。

デジ絵は、趣味からプロまで、幅広くおすすめできる技術なのです。

まとめ

デジ絵とは、単にパソコンで絵が描けるというだけではありません。

パソコンの編集技術をフルに利用できる、まさに理想のお絵かき技術なのです。

落書きは好きだけど、色を付けるのは苦手…どうしても左向きの絵が苦手…そんな不安も、デジ絵では皆無です。

苦手、出来ないテクニックは、パソコンのおまかせ。

あとは、絵描きの感性を絵にするだけです。

素人だからこそ、デジ絵は最適であるといえるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - デジ絵全般