おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

      2019/08/16

今、声優を目指す人が増えています。

やはり声優を目指すなら専門学校に行って、スキルを身に着け、デビューまでしっかりサポートしてもらうのがおすすめです。

でもいざ学校を選ぼうとすると、どれを選べばよいか迷うこともあるかと思います。

そこで今回は、おすすめの声優専門学校をご紹介したいと思います。



スポンサーリンク

第1位 「アミューズメントメディア総合学院 声優学科」


公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

基礎からしっかり身に付く幅広いカリキュラムが準備されています。

また、詳細資料配布(無料)や様々な体験説明会(無料)を行っていて、不安をなくすことができるので安心です。

まずは気軽に資料請求(無料)して一歩踏み出してみて下さい。

詳細はこちらから



スポンサーリンク

第2位 「代々木アニメーション学院 声優タレント科」


公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

全国に教室があり、受講しやすい学校です。

40年間のノウハウがあり、基礎レッスンからプロデビューを目指していく独自のカリキュラムになっています。

アニメ業界へのパイプも太く、オーディション時には講師とみっちりサポートしてくれます。

詳細はこちらから

第3位 「ヒューマンアカデミー 声優専攻」


公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

学生一人ひとりのスキルをチェックし、強みを伸ばすことを重視した専門学校です。

学内マネージャが学生一人ひとりにマンツーマンでサポートしてくれる体制になっています。

また、オーディションの数を多く確保し、学生全員が参加できるのも特徴です。

詳細はこちらから

声優のお仕事とは

声優さんのお仕事とはどんな事をしているのでしょうか。

具体的なイメージが無いと何を学んで良いのか判断出来ないと思います。

声優のお仕事もアニメの吹き替えだけではなく、ナレーションなど多岐にわたります。

数ある声優の仕事に何が必要なのかによって、専門学校で何を学べるのかチェックしてみましょう。

アニメの声優

声優といえばアニメに声を入れる仕事ではないでしょうか。

テレビから聞こえてくる良い声は皆さん憧れると思います。

アニメはキャラクターの個性が強いのとセリフの表現力が必要になります。

今ではオープイングやエンディングに歌まで歌う事が有るので様々な能力が必要です。

ゲームの声優

ゲームなどでも有名な声優さん達の出演が多くなっています。

ゲームはストーリーパターンが複数有るのでセリフ料も膨大です。

しかも仕事の仕方がアニメとは異なり、一人でスタジオへ入り黙々と録音していくという作業がほとんどです。

アニメのように流動的に絵が流れる訳ではないので、動きに合わせるという事が無い分難しいかも知れません。

また、量が多いと言う事は時間も掛かりますので体力のいる仕事でもあります。

海外ドラマなどの吹き替え

海外ドラマを見ていると、この声は聞いた事があるとアニメのキャラクターを思い出す事が有ります。

最近では韓国ドラマに多数出演していますし、ヨーロッパなどのドラマも増えているのでチャンスは多いかと思います。

ですが、国ごとで口の動きや会話のテンポが違ってくるので高度の技術が必要になります。

テレビのナレーション

テレビのナレーションも声優さんが起用されている事が有りますね。

ナレーションといっても報道やバラエティ番組、CM、施設のアナウンスなど種類が豊富です。

日常生活の中で聞く声は意外にも沢山あって声優さんがお仕事されています。

ナレーションはその都度、指示が有るので求められる通りに出来るかがポイントになります。

アニメの仕事が無くても、違った難しさが有るので挑戦すると良い経験になります。

アナウンス

最近では商業施設や観光地などで有名人のアナウンスを聞く事が有ります。

こういった場所でも声優さんが活躍されています。

アナウンスは演技力ではなく、発声や言い方などがポイントになるため、発声の勉強が必要です。

学校で学ぶ事が出来たら仕事の幅も広がるのでチェックしてみて下さい。

ラジオパーソナリティー

人気声優さんになるとラジオ番組を持つ事もあります。

勿論、始めからラジオをやりたいとう目標が有る人もいるでしょう。

ラジオは台本があるわけでは無いので話術とアドリブと豊富なネタが必要になります。

普段から色々な人と話をして話術と一般常識を身に付けておくと良いと思います。

舞台

学校のカリキュラムにも有りますが、声優さんは舞台に立つ事も有ります。

舞台と言っても様々で朗読劇のように声だけの演技力が必要な場合と、体を動かす芝居をする事も有るので高度な演技力が要求される場合が有ります。

演技力は声優には欠かせないものですから、しっかりと勉強しておくのが良いでしょう。

歌手

アニメのオープニングやエンディング曲を担当する事が有るので歌唱力も必要です。

アイドルアニメの場合、キャラクターの曲を歌ったり、ユニットで曲を出したりしますから本物のアイドルのように歌えなくてはなりません。

実際にアイドル声優と言われる方々もいてコンサードを行ったりしていますので歌のレッスンに力を入れて見るのも楽しいと思います。

声優になるにはどうすれば良いのか

声優さんになるには学校へ通ったり養成所を受けたりする人がほとんどです。

いきなりオーディションを受けても落ちるのは誰にでも分かりますよね。

個人で勉強する事は出来ないので、誰かに指導をしてもらいながら実力を付けていくのが良いでしょう。

専門学校では基礎から学べて仲間と切磋琢磨しながら学べるし、情報交換やコミュニケーションを学ぶ事も出来ます。

色々な経験をして、アニメの同じようなシーンでリアルさが出て輝くことが出来ます。

学校や養成所へ行ったからといって声優になれる訳ではありませんから、しっかりと勉強して夢を叶えて下さい。

専門学校に通う

声優になる、という夢だけを持った初心者の方におすすめです。

声優は色々な能力が必要となる職業ですから、基礎からしっかりと学んで自分の物にするようにして下さい。

専門学校へ行くとプロの方や業界の方に会うチャンスもありますので、知り合いになっておくべきでしょう。

また、実力があればデビューのチャンスも有ります。

何よりプロの方から直接教えて貰えるので実践的な力が身に付けられます。

養成所に通う

養成所はまず、事務所に所属してから通うパターンが多いようです。

つまり事務所のオーディションに合格した人が通う事の出来る学校と言うわけです。

1年以上の演技経験が必要だったり、マイクの扱い方だったりと基礎が必要です。

ある程度、実力がないとオーディションにも合格出来ませんから中級者レベルの人におすすめです。

オーディションを受ける

いきなり役を貰おうとオーディションを受けるのは無謀です。

最初は養成所のオーディションに合格して勉強しながら声優として働けるチャンスを狙いましょう。

実力が付いてくればオーディションも受けられるようになるし、事務所から紹介してくる場合も有ります。

オーディションは、その役に合っているか、イメージ通りにセリフを言えるかなどが審査されますので演じる役についても前もって勉強しておきましょう。

学校に通うメリット

声優を目指すのであれば絶対に専門学校へ通った方が良いです。

基礎から学べて、プロの方が指導してくれて、デビューチャンスもある。

業界の方とツテを作っておけばチャンスも広がるし、仕事をした時も次へ繋がる可能性も有ります。

専門学校も小規模なものから大学のように大きな所まであるので、カリキュラムの内容や学校の設備・学ぶ環境など自分の希望にあった専門学校を選んで下さいね。

初心者は入りやすい

演技経験が少ない人は専門学校をおすすめします。

何度も言っていますが基礎から学べると言うは大きい財産になります。

基礎が出来ていないと何も始まらないのです。

同級生のほとんどが同じレベルで入学してきますので始めは入りやすいでしょう。

あとは頑張って勉強し努力しないと、実力の差が付きますので精神的にも頑張りましょう。

一から演技指導を受けられる

プロの方から直接ご指導いただけるのは声優を目指す人にとって憧れではないでしょうか。

実践的な技術などを教えていただけるし、アフレコ時のマイク前の立ち方や息の仕方など、質問があれば遠慮せずに聞いて見ましょう。

実力を付けるには何事も貪欲に行動してみて下さい。

コネクションが手に入る

専門学校はプロの方や事務所の方・業界の方が出入りします。

ここで注目を浴びたり目に留まったりすれば、デビューのチャンスや仕事をいただく可能性も有ります。

仲良くして置けば情報も入りやすいし、ツテを作って置く事もコミュニケーションの一環として頑張って見ましょう。

実力次第

声優の世界はとても厳しい世界です。

実力次第なので良くも悪くも自分の力次第なのです。

ですから一度、オーディションに合格して役を貰え、その作品がヒットすれば、たちまち人気声優さんの仲間入りする事が出来るかも知れません。

オーディションに合格する事が難しいのですが頑張って実力を付ける努力をしましょう。

第二の人生で講師になれる

アニメのお仕事がなかなか頂けなくても他の仕事にチャレンジしてみて下さい。

声優のお仕事でも紹介したものでも良いし、身近だと学校の講師になるという選択肢も有ります。

人に教える立場になるので、コミュニケーション能力や語彙力・説明力などが必要です。

人気声優でも無い限り常にアニメの仕事が有るわけではないですから講師のお仕事にもチャレンジしてみるのは如何でしょうか。

学校に通うデメリット

専門学校もピンキリですから自分が信頼出来る学校を選ばなくてはなりません。

そもそも軽い気持ちで入学すると声優になれなかった時に文句しか言わないような人間になってしまいます。

普通の大学に行って会社勤めはしない覚悟や声優になれなかった時の事を考えて専門学校という道を選択して下さい。

厳しい世界です

何はともあれ実力が全てです。

演技力・表現力・コミュニケーション力・トーク力など上げればキリが有りません。

だから専門学校へ行って勉強するのです、更に磨きをかけるため養成所で勉強するのです。

それでもダメな時もあります。

声質があう役がなかなか無かったり、身だしなみが良くなかったりするとオーディションに落ちてしまうので気をつけましょう。

人前に出るという事は、認められた人だけに与えられるものですから頑張るしかありません。

学費が高い

専門学校や年数・学科などによって変動しますが、学費はそれなりにします。

何万・何百万とする学費ですから慎重に学校選びは行いたい所です。

どんな学校に行くにもそうですが、お金をかけた分は身につける努力をしたいですね。

更に養成所に通う必要がある

専門学校だけではデビュー出来なかった場合、役のオーディションに合格出来なかった場合は、養成所へ入る事をおすすめします。

その為には事務所のオーディションに合格する必要が有ります。

更に腕を磨いて力をつけ、まずは事務所の方に認めてもらいましょう。

声優の専門学校で学べることは?

声優になる方法には、専門学校や養成所に通ってからオーディションを受ける方法や直接オーディションを受ける方法などがあります。

今回の記事では、声優の専門学校に焦点をあてて紹介していきます。

声優の専門学校で学べることは何か、声優の専門学校と声優の養成所の違いは何か、おすすめの声優の専門学校はどこかなどをまとめています。

声優の専門学校とは

声優の専門学校は、声優になるために必要なスキルや技術を育成する場所です。

声優の専門学校は全国に30ヶ所ほどあり、主に2年制のところが多いようです。

基礎から応用まで、声優のノウハウを学ぶことができます。

声優の専門学校の特色は各校にそれぞれあり、カリキュラムもそれぞれです。

専門学校によっては在学中に声優デビューができる可能性もあります。

声優の専門学校で学べること

声優の専門学校ではどのようなことが学べるのでしょうか。

声優の専門学校で学べることを紹介していきます。

声優の基礎知識

声優の専門学校では、声優という職業の基礎知識から学ぶことができます。

声優にはアニメの声優やナレーションといった仕事があります。

そのためそれぞれの仕事の内容や基礎知識を知っておくことは大切です。

声の出し方

声優の専門学校では発声をよくするために腹式呼吸の方法を学んだり、活舌をよくするために早口言葉のトレーニングをしたりします。

口の開け方や舌の使い方などの基本的な技術もしっかりと学びます。

また、声を使った仕事をしていくとなると体力が必要となってきます。

そのため基礎体力をつける腹筋や背筋、ダンスなどといった授業をしている専門学校もあります。

表現力

声優には発声だけではなく表現力も必要です。

舞台の台本などを使って実際に演技をしながら表現力を身に着けていく授業があります。

演技のほかにはキャラクタ―になりきる朗読やナレーターになりきる朗読を行って、感情表現を身に着けていきます。

挨拶やマナー

声優の専門学校では声優の基礎知識や発声、表現力だけではなく挨拶やマナーまで学部ことができます。

挨拶やマナーは業界で生きていくためにはとても重要なので、しっかり身に着けなければいけません。

実践的な技術

映像を見ながら声を出すアフレコなどの授業では実践的な技術を学ぶことができます。

配役が決められて、本番さながらの状況で練習を行っていきます。

オーディション対策

在学中でもオーディションに受かれば声優としてデビューすることができます。

そのためオーディション対策もしてくれます。

自己PRの方法や提出する書類の書き方、服装など専門学校は学校なので、そういった細かな部分まで指導してくれます。

声優の専門学校卒業後の進路

声優の専門学校卒業後の進路にはさまざまあります。

1つ目はオーディションを受けて声優事務所に所属して声優デビューを目指す方法です。

2つ目は養成所に入ってから声優事務所に所属して声優デビューを目指す方法です。

3つ目は事務所に所属をしないまま声優のオーディションを受けて合格する方法です。

そのほかには声優デビューを目指さずに一般企業に就職する人もいます。

声優の専門学校と養成所の違い

声優の専門学校は声優になるために必要なスキルや技術を育成する場所です。

そして声優の養成所は声優事務所が未来の声優を養成するための場所です。

声優事務所の養成所は、その事務所に入るためのチャンスは高くなりますが、ほかの事務所に入ることはできなくなります。

また、養成所を卒業するまでに声優オーディションに合格できなければ、その事務所へ所属することはできなくなります。

声優専門学校に入る前にやっておくべきこと

声優専門学校に入ることが決まったら、あるいは入る意思を固めたら、それから入学までは特にやることはありません。

入るのに特に厳しい試験があるわけでもないですから、特にやることはないんです。

でも、それでそのまま何もしないで過ごしているのはもったいない。

だからもし声優の専門学校に入るのであれば、以下のようなことをしておくべきなんです。

アニメや映画などをたくさん見て勉強する

まずやるべきことはやはり、声優さんとしてのスキルの勉強です。

そのためにはアニメや映画をたくさん見るしかありませんが、ただ見ているだけではだめ。

どんな声優さんのどんな演技が好きなのか、自分の好みを明確にしながら見ることをおすすめします。

いろいろな作品を見て、いろいろな声優さんの演技に触れていけば、こういう演技が好きだという、自分なりの指針のようなものが見えてきます。

それを目指していくうちに、声優としてのスキルが上がっていくんです。

だから、声優の専門学校に行くまでに、それをたくさんしておくことをおすすめします。

専門学校に入ってからでは時間が足りない可能性もある

専門学校に入ってからでは、アニメや映画等をたくさん見る時間がない可能性もあります。

もちろん、声優の専門学校では、他の専門学校と比べてそこまで家でする課題が多くはありません。

なぜならできることが限られるから。

これがたとえばデザインの専門学校だったりしたら、毎日1個デザインをしてこいという課題が出されることもあるものです。

でも、声優の専門学校の場合には、それはないんです。

毎日家で演技してこいと言われてもむずかしいことがありますし、なかなか課題が出しづらい専門学校ではあるんです。

ただ、それでもアルバイトなどをしていたら忙しくはなります。

結果、あまり演技を研究する時間は取れなくなることがあるんです。

そうなる前に、時間があるうちにできることはしておくのがおすすめです。

人前で演技をすることになれておく

声優専門学校にいく方の多くは、人前で演技をしたことがないということが多いです。

実際、人前で演技をする経験なんてそうそうありません。

しいて言うならば文化祭にくらいです。

でも文化祭ですら演技をしたことがないという方も、たくさんいるのです。

ましてやアニメが好きで声優になりたいと考える方の多くは、中学や高校でそこまでイケイケではなかったということが多い。

もちろん今の時代、見なりに気を使っている人は多いですが、それでもガンガン前に出ていくタイプではない方が多いのです。

となると、やはり人前で演技をしたことがないという方も増えてくる。

でも、人前で演技をしたことがない人が、いきなり授業で人前で演技をするとなると、すごく緊張します。

緊張してまずうまくできないでしょう。

もちろんそれには次第に慣れてきます。

だから無理してどこかで慣れておかなくても大丈夫と言えば大丈夫ではあるんです。

でも、慣れておけば最初の授業から照れずにしっかりと演技が出来て、良い評価をもらえる可能性も高くなりますし、周りと差をつけることもできます。

そうできるのであれば、そうするに越したことはありません。

家族の前や友達の前から始めてみる

では、どうすれば人前で演技ができるでしょうか?

いきなり路上にでて演技をしてみるという方法もありますが、これはかなりハードルが高いですし、いろいろなリスクもあります。

たとえば動画で撮られて無断でネットに挙げられたり。

そうなったら声優になれた時に黒歴史になることがありますから、これはいささかリスクが高いんです。

まずそうならないし、気軽にできるのは、やはり友達や家族の前ですること。

それでもまたある種の、別の恥ずかしさがありますが、それがいい感じでメンタルを鍛えてくれます。

なので、できれば家族や友達の前で演技をして、それを見てもらうことをおすすめします。

メイクやヘアスタイルの勉強

声優というのは、人気商売です。

ではどうすれば人気が出るのか。

声優として人気を得るためには、大きく分けて3つのポイントがあります。

先ず一つは演技が圧倒的にうまいこと。

どんなものでも、何か突き抜けている人は人気が出やすいです。

たとえばサッカーで言えばバルセロナやレアルマドリードが人気なのと同じことです。

さらに、人物が魅力的であること。

声優というのは、一昔前はミステリアスなものですが、声は知っているけど顔は知らないし性格なんてもってのほか、というように。

しかし最近では、顔はもちろん、声優バラエティなどで性格まで知られているということも増えてきています。

なのでたとえばすごく魅力的だったり、小林ゆうさんのようにすごく不思議に見える性格をしていたら、興味を引かれて人気が出ることがあるんです。

小林ゆうさんの例で言えば、性格と演技のギャップがすごいのもまた、人気の理由の一つでしょう。

ただこれらの二つは、自分ではどうすることもできないことだったりもします。

演技は磨けばよくなりますが、圧倒的なレベルになるのはかなり難しい。

性格はそれこそ演技でどうとでも見せることができますが、後々しんどくなることが多い。

だから一番良いのは、もう一つのポイントをいじることなんです。

声優として人気を得るためのもう一つのポイントはルックスです。

どんな人でも、当然ルックスが良い人と良くない人がいたら、ルックスが良い人に引かれます。

それは、声優の世界でもそうでない世界でも、当然のことなのです。

ルックスなら磨くことができる

たとえばヘアスタイルを変えるだけでもルックスはかなり変わります。

女性であればメイクを変えるだけで全然違います。

だから、それらを研究するんです。

今はどんなメイクやヘアスタイルが受けるのか、自分にはどれが似合うのか。

いろいろ試しつつ、見つけてみるんです。

これは、長くやり続ければやり続けるほど、将来的な完成度が高くなります。

だから、今のうちから将来ルックスで人気を得るというカードを手に入れるためにも、勉強しておくべきなんです。

あとから付け焼刃でやっても、どうにもならないことが多いです。

アルバイトもしておきたいところ

もう一つおすすめできるのは、アルバイトです。

アルバイトをしておくのが良いというのは、お金を貯めるという意味だけではありません。

もちろんお金を貯めておくのは大切です。

専門学校に行ってからではそこまでアルバイトに時間を避けなくなることもありますから。

でも、それ以上に大切なのが、いろいろな経験をすることです。

アルバイトをしていれば、嫌な客がきたり、トラブルでテンパったりして、いろいろな経験ができます。

それが大切なんです。

そうした経験は、演技としても今後生きてきますし、それだけではなく、声優としてのトークの引き出しにもなります。

話芸も求められるのが声優

最近では、声優でもラジオ番組などをすることが増えてきています。

どうすればそれが聞いてもらえるかというと、やはり面白くないとだめです。

面白いラジオをするためには、そうした経験からくるエピソードトークは大切。

いつか来るその日のために、今からでも経験は積んでおくべきなのです。

大学に行きながら夜間の声優の専門学校に通うことは可能?

声優専門学校には、夜間のコースもあります。

となると、夜間のコースに通いながら大学にも通いたいと思う人も出てくるでしょう。

では実際、大学に通いながら夜間の声優専門学校に通うということは可能なのでしょうか?

それともそれは厳しいでしょうか?

ここではそんな、声優専門学校と大学のダブルスクールについてみていきたいと思います。

声優専門学校と大学の両立も可能

まず可能か不可能かで言えば、大学と夜間の声優専門学校の両立というのは可能になります。

そして実際にそれをしている人もいます。

ただ決して簡単な道ではありません。

それをするためには、いくつかの壁があるものです。

バイトをする時間は作りづらい

普通に大学生をする場合や、あるいは声優の専門学校だけに通う場合には、まず問題なくアルバイトをすることはできます。

でも、大学と声優の専門学校を両立するとなれば、バイトをすることもむずかしくなります。

バイトができないとなると、金銭的に厳しくなることも出てくるでしょう。

学費を完全に両方とも出してもらえるのであればそこまでお金はかからないかもしれませんが、まわりの人が高い服を買ったり、高級そうなおしゃれなお店でご飯を食べている中、なかなかそういうことはできなくなります。

もっともそもそもそういう所に行く時間すらもないので、あまりお金がなくても困らないかもしれませんが、年末年始などの、みんなが比較的に空いている時には困ることも出てくるものです。

周りがわちゃわちゃしている中、自分だけお金がなくて何もできないということになる可能性もあります。

そういうのを我慢しないといけないのです。

学費を出してもらえない場合はさらに深刻

もし親が学費を出してくれるのであれば、そのあたりを我慢すればいいだけになります。

しかし、中には学費を出してもらえないという方もいるでしょう。

学費を出してもらえない場合には、さらに深刻になってしまいます。

バイトもできないし学費も出してもらえないとなると、奨学金に頼るしかありません。

しかし奨学金も、それですべて大学の学費を賄えるくらいにあるかと言われれば、そんなことはありません。

それでは大学の学費はカバーしきれないんです。

しかもそれはすぐに返さないとならない。

大学を卒業して、夜間の声優専門学校を卒業して、よしんば声優になれたとします。

でも最初のうちはそうそう仕事もないので全然お金ももらえません。

しかしそこに至るまでにかかったお金の返済は求められるんです。

そうして結局、大学も夜間の声優専門学校も卒業したのにまだ金欠ということになりかねません。

では最初から声優ではなく一般企業に就職すればいいのかというと、そういうわけでもない。

それならばなぜ昼間は大学に通いながらの夜間という過酷な道を選んでまで声優の専門学校に行ったのかという話になってしまいます。

だから夜間の声優専門学校に行くならば、基本的には声優を目指すはずです。

ということは最終的に奨学金で圧迫される日々にたどり着くことになります。

このように、親に学費を出してもらえない場合はかなり厳しくなるんです。

両立するメリットは保険

このように時間やお金の問題で大きな壁がある大学と夜間の声優専門学校の両立ですが、では両立するメリットはないのでしょうか?

もちろんそんなはずはありません。

大学と夜間の声優専門学校を両立するメリットだってもちろんあります。

大学と夜間の声優専門学校を両立するメリットは、保険が効くようになることです。

夜間の声優専門学校を出ても、声優になれるとは限りません。

というか、まずほとんどの場合で声優にはなれないのです。

昼間でも夜間でも9割方声優には慣れない

これは夜間の声優専門学校だからという話ではありません。

それは別に夜間でも昼間でも関係はないのです。

基本的に、声優専門学校を出て声優になることができる確率が、かなり少ないんです。

というか、ほとんど無理だと考えてよいですね。

声優専門学校を出て声優になることができるのは、全体の1割くらいだと言っていいです。

最終的に声優になることができる人物は、もう少し増える可能性はあります。

でも、専門学校をでてそのまま声優になることができる人物の割合でいうと、だいたいこのくらいになるのです。

だから、ほとんどの場合で声優にはれないということになります。

専門しか行っていない場合はつぶしが効かない

でも、もし声優の専門学校しか行っていなかったらどうでしょうか?

声優の専門学校で学ぶのは、声優のスキルになります。

声優のスキルは声優の仕事以外で活きることはありません。

なので、声優になれないのであれば、そこで学んだきたことは全く役に立たないのです。

では役に立たないスキルを学んできた人を、採用したいと思うところはあるでしょうか?

それはまずありませんよね。

だから、声優専門学校を出ても、他の仕事にもつきづらいんです。

もちろん声優を目指すためにしてきた努力などのアピールによって採用を勝ち取れることもありますが、それでも厳しい戦いになることはたしかです。

大学に行っていればそれでカバーできる

しかしもし大学に行っていればどうでしょうか?

大学に行っていれば、大学で学んできたことによって就職を勝ち取ることができる可能性が出てきます。

もちろん声優になれないのは残念ではあります。

でもそのままなんの職にもつくことができないよりも、こうして違う職業とはいえきちんと就職できた方が良いに決まっています。

最悪の場合はそうすることができるという保険があれば、その分よりしっかりと夜間の専門学校での勉強に励むこともできるようになるのです。

この保険のためであれば、大変な思いをして両立をするだけの価値はあるというものです。

逆のパターンよりもおすすめできる

このパターンでは、大学と夜間の声優専門学校でした。

では逆の場合はどうでしょうか?

昼間の専門学校と、夜間の大学というパターン。

このパターンも同じようなメリットを受けることができます。

しかしこのパターンよりも、大学と夜間の声優専門学校というパターンの方がおすすめになります。

それはこのパターンの場合には、昼間の学校が早く終わってしまうからです。

大学は4年だけど専門は2年

というのも、大学の場合は、4年通うことになりますよね。

それに対して声優の専門学校は基本的には2年です。

だから両方同時に通い始めたとして、昼間の学校の方が早く終わってしまうんです。

そのまま声優の卵として養成所などに通いながら夜間の大学に通うのもなしではありません。

でもまたお金がかかりますよね。

逆に大学にいる間に専門学校に入り、その間に卒業をして、卒業と同時にいろいろな事務所のオーディションを受けるというほうが効率的です。

その場合、もし落ちてもまだ2年程度猶予があります。

その間に何回も受けることができるんです。

それでだめなら大学卒業と同時に就職をするというあきらめもつきやすい。

だからよりおすすめなのは、夜間が専門学校の方になるのです。

人気作に出演する専門学校出身の声優の経歴

専門学校出身で人気声優になった方にはどのような方がいるのでしょうか?

実際に専門学校を卒業し現在も活躍している人気声優の経歴をチェックしてみましょう。

刀剣乱舞・山姥切国広役などで有名な前野智昭さんはアミューズメントメディア総合学院出身

正統派イケメンキャラクターや、主人公の声を多く担当している前野智昭さん。

前野智昭さんはアミューズメントメディア総合学院の声優学科の出身です。

役者でもある声優になるには、養成所などで技術を学びレッスンを積んでデビューするというようなイメージがあります。

しかし最近は声優になるための専門学校も多く存在し、専門学校を卒業し声優になった方もたくさんいます。

実は意外と長かった? 前野智昭さんの下積み時代

専門学校で声優になるための勉強をしていた前野智昭さんですが、卒業後すぐに主要なキャラクターを次々と演じていたわけではありません。

卒業後しばらくは母校であるアミューズメントメディア総合学院でアルバイトをしており、その後日本ナレーション演技研究所という養成所へ入所しました。

養成所とはその名の通り声優となる人を養成する場所なのですが、ここで学んだ後もすぐに事務所に所属できた訳ではないようです。

前野智昭さんはアーツビジョンという事務所に所属していますが、正式に所属となるまでには6年もの間下積みの期間がありました。

専門学校に2年通い、養成所へ入所し、さらに事務所へ所属するまでに6年下積みを重ねていたことを考えると、前野智昭さんが今の人気声優というキャリアを得るまでの苦労が垣間見えます。

専門学校卒業後も努力を重ねたことで、正統派イケメンキャラクターなら前野智昭さん、というようなイメージを確立するまでになったのですね。

KING OF PRISMシリーズ・神浜コウジ役などで有名な柿原徹也さんは大学とWスクールで声優を目指す

甘い声で女性人気が非常に高い柿原徹也さんは、実はドイツ出身で18歳まではほとんどドイツで暮らしていました。

両親は日本人という影響もあってか日本の文化に興味を持ち、日本のアニメ文化に関わる仕事がしたいと来日し、定時制高校を卒業、大学へ進学します。

そして大学と両立しながら、アミューズメントメディア総合学院の声優タレント学科にも通い、声優としてデビューを果たしました。

歌手としても活躍する柿原徹也さん。専門学校では歌も学べる?

柿原徹也さんはKiramuneレーベルから歌手としてもデビューし活動しています。

声優が歌うことも珍しくなくなった最近では、声優が歌手デビューをすることも同様に多くなりました。

声の演技だけでなく、歌の勉強もできれば、声優としてだけでなく歌手としても活動の幅が広がります。

専門学校では演技の勉強の他にも、歌の授業やスタジオなどの設備があり、歌も学ぶことができます。

演技だけでなく歌も学びたいという人には、幅広く学べるコースのある専門学校がおすすめです。

歌手を目指すコースがある、声優タレントなどのコースであればその中に歌の授業が含まれている場合もあります。

興味を持った専門学校では演技の他にどんな勉強ができるのかを調べておくことも重要です。

バトルスピリッツ 烈火魂・烈火幸村役などで活躍する山下誠一郎さんはデビュー後すぐに主役に抜擢!

若手声優の山下誠一郎さんはまだ26歳と若いですが、数々の作品で主要なキャラクターを演じ、急速に人気声優へと成長しています。

山下誠一郎さんはアミューズメントメディア総合学院に通いながら、学内オーディションで見事大沢事務所への所属を勝ち取り、同年にテレビアニメでの主演デビューも果たしました。

長く下積みを重ねていた声優も多いですが、このように専門学校でチャンスを得てあっという間に人気声優へと駆け上がる方もいます。

山下誠一郎さんのデビューのきっかけとなった学内オーディションとは

学内オーディションはもちろん専門学校生でなくては受けられません。

専門学校にはその学校に通う人だけのチャンスがあるというのが大きなメリットです。

通いたい専門学校がどれくらい声優事務所や芸能事務所とのコネクションがあり、学内オーディションなどの機会が多いかどうかは重要なポイントです。

どれくらい事務所とのコネクションがあるのかは、その学校の卒業生を見てみるとわかる場合があります。

一つの事務所に多く卒業生が所属している場合は、そのコネクションが強い場合が多いでしょう。

その学校に通うとその事務所に所属できる可能性も高くなるという指標でもあります。

専門学校を卒業すれば声優になれる? 養成所と専門学校の違い

多くの場合2年制である声優の専門学校ですが、2年通えば誰でも声優としてデビューできるかと言えば、そうではありません。

多くの場合は卒業後に養成所へ入所し、レッスンをしながら、事務所への所属を目指すことになります。

養成所は多くの場合事務所との繋がりがあり、養成所で一定のレベルであると認められれば事務所への所属ができるようになる場合もあります。

専門学校で学び、またさらに養成所でも勉強をしなければならないとなると、時間もかかるし大変そうですよね。

ですが専門学校で基礎を身につけ、実践も重ねることで、実力を得ることができます。

その実力は養成所で学ぶ基礎にもなり、早くデビューへ漕ぎ着けるためのものにもなります。

声優になるまでの道は長いように思いますが、着実に勉強しレッスンをすることが、一番の近道であると言えるでしょう。

養成所を経てデビューを果たす声優が多い理由

多くの声優は専門学校を卒業したり、または他の学校を卒業したり、もしくは一般人として、養成所へと入所します。

養成所を経ずに事務所へ所属する場合は、既に舞台などで演技の経験がある場合や、オーディションで優勝するなど特別な場合がほとんどです。

演技の経験がなかったり、オーディションで所属を目指すのではない場合は養成所で演技を学ぶ必要があります。

養成所は事務所と繋がりがある場合が多く、多くの養成所では声優として活躍する人が講師として教えてくれることも多いです。

実際にプロとして活動している方に学ぶことで、より実践的な勉強ができ、演技のスキルを磨くことができます。

専門学校は多くの生徒を抱えているのと比べ、入所するのにも試験を設けている養成所は専門学校と比較すると少人数で学ぶことができます。

密度の濃いレッスンができることで、よりデビューへと近付けるようになります。

事務所が、この声優を所属させようと思えるレベルになるために、養成所でのレッスンは不可欠です。

養成所無しでも事務所が取りたいと思えるだけの演技力・声の魅力があると自信のある方は、オーディションを目指してみるのもいいかもしれません。

優勝すればデビューが約束されている場合もあり、夢へと一気に近付くこともできるかもしれません。

40代で声優になる夢を叶えるコツ

学校卒業後に声優になる夢を持っていたとしても、周囲から反対された、もしくは一人暮らしをする必要があり生活のために就職をしたなど、様々な理由から若い頃に声優になる夢を断念した方がいるかもしれません。

40代の方の中には、このまま夢を諦めたまま時間だけ過ぎていくことに焦りを感じることがあるかもしれません。

そんな時、声優専門学校を通して諦めきれない夢を目指すことができる可能性があります。

40代の方が諦めていた夢を目指したくなる理由

40代という年代は社会生活の中で幅広い経験をしてきていることから、高い経験値をもとに自分の人生について見直すのに最適な時期です。

声優になるなど、これまで諦めてきた夢をあらためて目指したくなる方もいることでしょう。

40代の方が諦めていた夢を目指したくなる理由について見ていくことにしましょう。

人生について真剣に考えるようになる年齢であるため

20代30代は無我夢中で夢を追ったりして、社会で生きていくために目の前のことをこなすので精一杯で、人生についてゆっくり考えることが少ないかもしれません。

40代に入ると社会経験を積んだ上で今後の人生について真剣に考えるようになるため、これまで実現できなかったことに目を向けることがあります。

若い頃に声優になるという夢をお持ちだった場合、40代を機に夢にチャレンジしたいという気持ちが湧いてくることがあります。

体力の衰えなどのことを考えて新たな決断をするため

体力は40代を境に次第に低下してくることがあります。

20代の頃のように無理がきかないこともありますが、気力が充実していて体力も十分にあります。

今後の体力の衰えなどのことを考えて、諦めきれない夢を実現したいという気持ちが大きくなることがあるため、40代になって声優になる夢を目指す方がいるのです。

経済的なゆとりが出てくる年齢であるため

20代の頃は、夢はあってもお金がないため、夢を叶えるために必要なことを学ぶための学費を準備できないことがあります。

しかし、40代に入ると社会に出て十分な期間働いてきて、経済的なゆとりが出てくることから過去に実現できなかった声優を目指すための学校に通うなどの希望を叶えやすい場合があります。

そんな時、本格的に夢を目指すために声優専門学校に通い始める方もいます。

40代からでも声優の夢を諦める必要がない理由

40代で声優になる夢を持っている方の中には、声優という仕事は若い方が目指すものだからと考えてしまう方がいるかもしれません。

しかし、声優業界は幅広い声のタイプを必要としているので、若い声優の方ばかりいても仕事が成り立たないことがあるのです。

さっそく、40代からでも声優の夢を諦める必要がない理由を見ていくことにしましょう。

作品の中に熟年のキャラクターが登場することがある

アニメ作品の声優を目指す若い方が数多くいますが、作品の中には若い世代のキャラクターばかりではなく熟年のキャラクターが登場することがあります。

このようなキャラクターの声を演じるためには、ある程度年齢を重ねた声優が必要となるため、40代の方でも声のイメージが合っていればアニメ作品の仕事を手掛けることができるのです。

世の中には幅広いジャンルの声優の仕事がある

世の中にはアニメ作品の声を担当する以外にも、ラジオのDJや番組のナレーター、司会業など幅広い職種を目指すことができます。特に司会業は落ち着いた雰囲気や場をまとめる能力が必要とされるので、40代の方だからこそ向いている職種だと言えます。

40代ならではの仕事依頼を受ける可能性があるので、40代でも声優を目指すのに遅すぎることはありません。

声優専門学校は年齢に関係なく入学できる

声優専門学校では、声優になるために必要なスキルを基礎から応用までしっかり身につけることができます。

また、年齢に関係なく入学できるので、40代の方でも思い立った時にすぐに声優のレッスンを始めることができます。

声優専門学校を通して諦めきれない夢を目指す方法

声優専門学校と言えば、高校を卒業後にアニメ作品の声優を目指す方が学ぶ場所だというイメージをお持ちの40代の方がいます。

しかし、様々な種類の声優専門学校があるので、年齢を気にすることなく思い切りレッスンに打ち込めるような専門学校を選ぶことをおすすめします。

ここでは、声優専門学校を通して諦めきれない夢を目指す方法を見ていくことにしましょう。

40代向けのミドルコースがある声優専門学校に通う

数多くの声優専門学校がありますが、中には若い世代の方と同じクラスになるのは恥ずかしいと思う方もいるようです。

そんな時は40代向けのミドルコースがある声優専門学校がおすすめです。

クラスメイトも同世代の方が多く、声優になる夢を目指して集まっているので興味のある分野の話題を通して意気投合できるでしょう。

40代に最適な声優の仕事を目指してレッスンする

40代に最適な声優の仕事が豊富にあるので、40代という年齢や経験を生かせる声優を目指すと良いでしょう。

声優専門学校の専門的なレッスンを積み重ねることで、自分に最適な仕事をこなすために必要なスキルを身につけることができます。

同世代のプロの講師から様々な話を聞く

声優専門学校にはプロの声優として活躍中の講師が多く在籍していますが、中には同世代の講師がいる可能性があります。

どのように声優を目指してきたのかを同世代の講師との会話を通して知ることで、自分の今後の活動の参考にすることができるでしょう。

40代で声優になる夢を叶えるコツとは

40代で声優になる夢を叶えるなんて無理なのではとせっかくの夢に対して尻込みしてしまう方がいるかもしれません。

夢をお持ちでない方もいるので、叶えたい夢があるだけでも人生をイキイキと過ごすきっかけとなります。

40代で声優になる夢を叶えるコツとはどのようなものなのでしょうか。

自分に合った環境を選んでレッスンを楽しむ

40代で声優を目指すために若い世代ばかりがいる声優専門学校に無理に通う必要はありません。

落ち着いた声が必要とされる声優の仕事の依頼を目指すためにも、自分に合った環境を選んでレッスンを楽しむことが大切です。

同世代の方がイキイキとレッスンを楽しんでいる声優専門学校なら、安心して声優を目指すことができるでしょう。

40代に相応しい仕事のオーディションを受ける

声優として活躍するには、声優プロダクションに所属する必要がありますが、無事に声優になれたら仕事のオーディションを受けることで声優としての一歩を踏み出すことができます。

着実に仕事のキャリアを築くためには、40代に相応しい仕事のオーディションを受けるようにして、ひとつひとつの仕事を丁寧に実践するようにしましょう。

同世代の声優の方とコミュニケーションをとる

声優専門学校の40代向けミドルコースでは、同世代の方を目にすることが多いでしょう。

声優になるまでの道のりの中、同世代のクラスメイトの方とコミュニケーションをとることで親睦を深め、お互い励ましあいながら夢に向かって一歩ずつ進んでいくことができるでしょう。

主な声優の専門学校を紹介

東京アナウンス学院

専門学校東京アナウンス学院は、TBSの傘下にある声優の専門学校です。

日本初の声優教育機関として有名で実力もあります。

カリキュラムは声優やアナウンサーといった希望する進路に合わせて用意されています。

専門学校東京アナウンス学院には年に130回もの学内オーディションが開催されるという特徴があります。

そのため在学中に声優デビューすることも可能です。

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院は声優デビュー率が高い専門学校なので、短期間で声優デビューを目指したい人におすすめです。

カリキュラムはアフレコから歌やナレーション、ラジオパーソナリティや舞台演技まで幅広く用意されています。

「AMGインターンシップ」という制度があるので、在学中からプロの現場で仕事を経験することができるのが特徴です。

アミューズメントメディア総合学院では毎年75社の声優事務所や芸能プロダクションへの所属オーディションが開催されています。

生徒は自由にオーディションを受けることができます。

オーディションに受かるとそのまま事務所に所属できるので、声優デビューへの近道になります。

アミューズメントメディア総合学院には、土日や夜間のクラスがあります。

そのたま学費を稼ぐためなど、働きながら通うことも可能です。

東京アニメーションカレッジ専門学校

東京アニメーションカレッジ専門学校には、声優になるための5コースが用意されています。

声優を一本で目指すこともできますし、アフレコや吹替え、舞台演技などの声を使った仕事に向けて総合的に学ぶこともできます。

声を使った仕事に就きたいけれど、まだ迷いがある人にはおすすめの専門学校です。

東京アニメーションカレッジ専門学校には、業界に詳しい就職指導室の就職サポートが受けられるという特徴があります。

声優や声を使った仕事に就くためのサポートはしっかりしている専門学校です。

総合学園ヒューマンアカデミー

総合学園ヒューマンアカデミーは現役のプロの講師から学べる全日制の専門学校です。

本格的な声優デビューに向けたカリキュラムが用意されています。

在学中からイベントMCなどの経験を積むことができます。

また、在学中に声優事務所へ所属するオーディションを受けることができます。

そのため在学中から声優デビューを目指すことが可能です。

東京アニメ・声優専門学校

東京アニメ・声優専門学校はスクールライフを思いっきり楽しむことができる専門学校です。

声優のスキルや技術を学べることはもちろんですが、学園祭などのイベントが盛りだくさんなので、学生生活を充実させることもできます。

勉強だけではなく課外活動をしたり、仲間との時間も大切にしたりしたい人にはおすすめの専門学校です。

専門学校 ESPエンタテインメント東京

こちらのESPエンタテインメント東京も学校行事が充実している専門学校です。

学校行事には新歓ライブや研修旅行などがあります。

声優の勉強はレベル別に分けられた少人数レッスンが特徴的です。

業界に向けたプレゼンテーションやコンテストの開催など、声優デビューに向けたバックアップ体制がしっかりしています。

まとめ

声優になりたいという夢は素晴らしいものです。

その世界はあまりにも厳しく限られた人しかなる事が出来ません。

でも、どんな夢も真剣に向き合って努力しなければ叶える事は出来ないのです。

声優になるための第一歩となる専門学校は基礎から学べる初心者にも入りやすい。

夢を叶えるためにはステップを踏んで着実に力を付けていきましょう。

皆さんの夢が叶い、テレビから声が聞こえてくる事を願っています。

参考URL

http://www.d-cs.jp/debut/student.ht…
https://www.h2km.jp/
http://www.pac-ac.jp/

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校