おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

絵が描けなくても大丈夫? プロの漫画家を目指すための一年制の専門学校の魅力

   

漫画コースがある専門学校で学ぶことは、本気で漫画家を目指している方にとって夢に具体的に近づくための手段のひとつです。

漫画の描き方の基礎から応用までを丁寧に学べるので、漫画家になりたくても何をどうしたら良いのか分からない方にとって心強いかもしれません。

中でも漫画コースがある一年制の専門学校は、プロデビューしたい方にとって大きな魅力があるのです。

ここでは、プロの漫画家を目指すための一年制の専門学校の魅力についてご紹介したいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

まったく絵が描けなくても一年制で大丈夫なのか

まったく絵が描けない状態からプロの漫画家を目指すことに不安がある方が多いかもしれません。

漫画が学べる専門学校が数多くありますが、付帯教育として一年制の漫画コースがある専門学校があります。

一年制と聞くと1年間だけ専門学校に通うことをイメージしがちですが、付帯教育というのは2年間などある程度の期間漫画コースで学んだ後、さらに1年間専門的に必要なことを学ぶための教育のことを指します。

つまり、付帯教育として一年制の漫画コースがある専門学校の場合、漫画を描くための基礎と応用を身につけた上でスキルを向上させるための授業内容となっているので、まったく絵が描けない状態から漫画を描くことができるようになるまで丁寧に学べるところが大きな魅力なのです。

また、本格的にプロデビューするためには、プロの講師から実力を伸ばすためのアドバイスを受けることも重要なポイントとなるので、1年間しっかり漫画について専門的に学ぶことはプロデビューを果たしてからも大きな財産となるでしょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

漫画の描き方が学べる一年制の専門学校の魅力

プロデビューを果たすには、漫画を描くスキルと共に面白いストーリーを作り出す力が必要となります。

様々なスキルが必要だからこそ、専門学校で漫画について広範囲な内容を学ぶことが大切です。

一年制の漫画コースでは、基礎と応用を身につけた上でより本格的に漫画のスキルを磨くことができますが、プロを目指す方にとってどのような魅力があるのでしょうか。

自分の実力に合わせたコースが選択できる

漫画の基礎と応用を身につけた上で専門的なスキルが学べる一年制の専門学校は、自分の現在の実力に合わせたコースを選択することができます。

たとえば、もともと絵心があり過去に漫画の受賞歴があるなど実力があるにも関わらずデビューしていない方であれば、ストレートにプロを目指すコースを選ぶことができます。

また、漫画の基礎と応用を身につけていてもプロの基準にまで到達していない方であれば、プロの育成コースを選ぶことができます。

自分の実力に合わせたコースを選択すれば、効率良くプロデビューを目指すことができます。

個別指導を受けることができる

一年制の漫画コースがある専門学校では個別指導を受けることができるので、プロデビューを果たすには何が必要なのかあらゆる角度からアドバイスを受けることができます。

大勢で学ぶことでは得ることのできない充実した内容でスキルアップが目指せるので、自分ならではの強みを伸ばしながら独自の作品作りに集中することができます。

出来上がった作品もプロの視点からのアドバイスがもらえるので、クオリティの高い作品を制作した上で出版社のコンテストに応募することができます。

時間にゆとりを持ってスキルアップできる

一年制のコースで学ぶ段階になれば週1などのペースで学校に通うことになるので、そのほかの時間を別のことに使うことができます。

たとえば、漫画のアシスタントの仕事をしながら本格的にスキルを学びたい方や、漫画の作品を描く時間を多くとりながらスキルアップのために学校に通いたい方におすすめです。

時間にゆとりを持ってスキルアップできるのでプロを目指すための具体的な行動がとりやすいでしょう。

漫画コースがある一年制専門学校はこんな人におすすめ

絵がまったく描けない状態からプロの漫画家としてデビューを目指すには、基礎と応用を身につけた上で、さらにスキルに磨きをかけて個性を作品で表現できる自分を目指すことが大切です。

漫画が学べる一年制の専門学校は一般的なコースと異なりますが、どのような方に最適な学び方なのでしょうか。

漫画の描き方の基礎がすでに身についている人

漫画コースがある一年制の専門学校は、事前に2年間などある程度の時間をかけて漫画の基礎や応用を学んだ上で専門的な内容を学びます。

ブラッシュアップのための授業内容となるので、一年制のコースは漫画の描き方の基礎がすでに身についている人におすすめです。

あともう少しでプロデビューに必要な実力を身につけられそうだという時に、大いに役立つ授業内容となっています。

通常の受講期間内で漫画家デビューできなかった人

漫画専門学校で通常の受講期間内で漫画家デビューできない場合には、卒業後に自分の力でデビューを目指すしかありません。

しかし、一年制のコースを受講することで、現在の実力を把握した上でプロデビューのための指導が受けられます。

何が足りないのかを把握した上で実力を強化していくので、本格的にプロデビューしたい方におすすめです。

漫画の描き方が学べる一年制の専門学校の選び方

プロの漫画家を目指すためには、漫画を描くためのスキルを磨くことも大切ですが、個性を伸ばすためにも自分に合った授業内容の専門学校を選ぶことが大切なポイントです。

漫画の描き方が学べる一年制の専門学校はどのような点に注意しながら選べば良いのでしょうか。

基礎を学んだ上で専門的スキルが身につく学校を選ぶ

付帯教育として一年制の漫画コースが設けてある専門学校であれば、漫画の描き方の基礎を学んだ上で専門的なスキルを身につけることができます。

まったく絵が描けない状態から、短期間で漫画家デビューを果たすのは難易度の高い挑戦になるため、まずはある程度の期間を通して漫画コースがある専門学校で基礎を学んだ上で、プロを目指すためのスキルが磨ける一年制の漫画コースを選ぶと良いでしょう。

スケジュールが組みやすい時間割りの学校を選ぶ

プロの漫画家を目指す場合、完成度の高い作品を描いてコンテストに応募したり出版社に持ち込むことが大切です。

ひとつの作品を作り上げるまでにかなりの時間を費やす必要があるため、週1のペースで通えるなどスケジュールが組みやすい時間割りの学校を選ぶことをおすすめします。

授業がない日は、漫画のアシスタントの仕事をすることでプロの現場でスキルアップを目指したり、自分の作品作りに集中してコンテストに備えるなど、時間を有効に使いながらプロの漫画家を目指すことができます。

業界との繋がりが強い専門学校を選ぶ

一年制の漫画コースがある専門学校の中には、コース受講期間中に漫画アシスタントの仕事の紹介や実力がある方に対して漫画の仕事の紹介サポートをしてくれるところがあります。

業界との繋がりが強い専門学校なら、様々な方向からプロの漫画家を目指すためのサポートが受けられるので安心して必要なスキルを学ぶことに集中できます。

整った環境の中で作品を制作することでプロデビューしやすくなるでしょう。

まとめ

一年制の漫画コースがある専門学校は、本格的にプロの漫画家を目指したい方に最適なカリキュラムとなっています。

個別指導が受けられるところもあるので、自分の強みと弱みを把握した上でプロデビューのための作品作りに集中できるでしょう。

プロの目から客観的なアドバイスをもらいながら作品作りをすることで、万全の体制を整えてコンテストへの応募や出版社への持ち込みが可能となります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校