おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

絵が苦手でも大丈夫?絵が描けない方に最適なアニメ専門学校の選び方

   

アニメが大好きで将来アニメ業界で活動することを夢見ている方の中には、絵が描けないことで進路選択を迷っている方がいます。

アニメ業界はキャラクターデザイナーやアニメーター、脚本家など様々な進路があるので身につけるスキルによってはアニメ業界で活動することが可能です。

ここでは、絵が描けない方に最適なアニメ専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

絵を描く必要がないアニメ業界の職種とは

アニメの脚本家

アニメの脚本家は物語の核を作り出す重要な仕事です。

頭に浮ぶ作品のイメージを絵ではなく文字を使って表現するので、絵のスキルではなく文章のスキルが必要となります。

絵を描くのが苦手な方でアニメ業界で活躍したい場合には、アニメの脚本家を目指すと良いでしょう。

アニメ専門学校の中には脚本家を目指すためのコースが設けられているところがあるので、将来アニメ業界で活動するために必要な知識や技術を身につけることができます。

アニメの声優

アニメは仕上がった作品にキャラクター達の声を入れることで命が吹き込まれます。

アニメの声優を目指すためには、キャラクターの感情を理解しながら豊かな表現力をもとに作品と向き合う技術が必要となります。

アニメ専門学校にはアニメの声優を目指すためのコースが設けられているので、声優のプロに必要な知識や技術を身につけることができます。

実践的な授業が多く、表現力を身につけるための演劇の授業などを実施している専門学校もあるので絵が苦手でもアニメ業界の現場に携わりたい方におすすめです。

アニメの彩色

アニメの作品が完成するまでには、アニメのキャラクター制作や作品に色をつけるなどのプロセスがあります。

絵を描くことが苦手でもアニメ専門学校で最新の機材の使い方を学ぶことで、アニメの彩色技術を習得することができます。

絵が苦手でもどうしてもアニメ作品の制作の現場に携わりたい方であれば、将来はアニメの彩色の職種を目指すという方法があります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

絵が描けない方に最適なアニメ専門学校の選び方

デッサンなど絵の描き方の基本が学べる学校を選ぶ

絵がまったく描けない状態から絵を描く技術を身につけた上でアニメ業界に進みたい場合には、デッサンなど絵の描き方の基本が学べるアニメ専門学校を選ぶと良いでしょう。

絵の描き方のコツや魅力的なキャラクターの生み出し方、絵の動かし方などアニメ作品の大切な部分を担う技術をしっかり学ぶことで、アニメ業界で活動するためのスキルを身につけることができます。

アニメ制作のデジタル技術を習得できる学校を選ぶ

現在はアニメの制作現場のほとんどがデジタル技術を採用しているので、現場で使われている機材の使い方が分からないと仕事になりません。

絵が苦手な方でも絵の描き方の基礎をある程度身につけた上でデジタル技術を学べばアニメ制作のプロに必要なスキルを身につけることができます。

少人数制で講師に分からないことについて質問できるアニメ専門学校なら、在学中に集中的に必要な事柄を学ぶことができるでしょう。

アニメの声優コースがある学校を選ぶ

アニメの制作現場にどうしても携わりたいなどのこだわりがなく、自分に合った職種に就いてアニメ業界で活動したい場合にはアニメ声優コースがある専門学校を選ぶと良いでしょう。

声優の仕事は、声に特徴があったり表現力が豊かであったりするなど、絵のスキルとは関係なく自分自身の個性を生かせる職種なので、表現力ひとつでアニメ業界で活動することができます。

アニメ専門学校の中には、プロの声優の現場と同じ環境を使って授業をしているところもあるので本格的にプロのスキルを身につけることができます。

アニメのシナリオコースがある学校を選ぶ

自分独自の世界観をアニメ作品に生かしたいけれど絵がまったく描けない方であれば、独自の個性を脚本という職種で生かすと良いでしょう。

アニメ専門学校の中にはアニメ作品を作り出すためのシナリオコースが設けられているところもあるので、イメージを作品にするために必要なスキルを身につけることができます。

絵を描く技術を高めるための対策法

アニメ専門学校で学んだことを繰り返し練習する

絵がまったく描けないところからアニメ業界でプロの制作現場に携わる仕事をするためには、努力が必要な場合があります。

アニメ専門学校で学んだことを繰り返し練習するなど、絵を描く時間を多く持つことが大切です。

それと同時に最新のコンピュータ技術を使いこなせる必要があるので、可能であれば専門学校の機材を使って積極的に練習をすると良いでしょう。

専門学校と通信講座のWスクールを試みる

絵が苦手でもどうしてもアニメ制作の職種に就きたい場合には、アニメ専門学校と絵の描き方の基礎や応用が学べる通信講座のWスクールでスキルアップを目指すと良いでしょう。

二つの専門学校を掛け持ちするのはスケジュール管理しにくいですが、通信講座ならマイペースに自宅で学べるので絵を描くスキルを高めるための対策をとることができます。

絵の描き方を学んだ後でアニメ専門学校で学ぶ

絵が苦手でもアニメ業界のプロとして通用する高い絵の技術を身につけたい場合には、絵の描き方を学んだ後でアニメ専門学校で学ぶと良いでしょう。

デッサンや線画、色彩などの基礎を一通り学んだ上でアニメ制作に必要なコースを選択すればゆとりを持って授業についていくことができます。

どうしても絵が描けない方が専門学校で学ぶ時の注意点

デッサンなどの基礎が学べない専門学校を選択しない

まったく絵が描けない状態でアニメ制作のプロを目指すコースを選択すると、すでに絵の技術を持っている方が周囲に多くいる場合に授業についていけない可能性があります。

いきなり高度な技術を学ぶための専門学校を選ぶのではなく、絵を描くことの初心者の方でも無理なく授業についていけるようなカリキュラムとなっているアニメ専門学校を選ぶと良いでしょう。

絵を描くための基礎的な授業を含んだカリキュラムとなっており、絵の基礎を身につけた上でアニメ制作の技術が学べる専門学校を選べば安心してプロを目指すことができます。

いきなりレベルの高いコースを選択しない

アニメ専門学校には、アニメの登場人物を作り出すスキルを身につけるコースがあります。

魅力的なキャラクターを生み出すためにはイメージを的確に形にする必要があるので、絵を描く技術が必要となります。

レベルが高いアニメのキャラクターデザインコースを選択する方の多くが、すでに絵を描く技術を持っている可能性があるので、まったく絵が描けない方がいきなりレベルの高いコースを選択するとスキルアップの速度に大きな差が生まれることがあります。

絵が苦手でもどうしてもアニメのキャラクターを生み出したいという希望がある場合には、いきなりレベルが高いコースを選択するよりも、まずは絵の技術をしっかり身につけることができるコースを選択して必要なスキルを習得した上で本格的にアニメキャラクターデザインのコースで学ぶと良いでしょう。

まとめ

絵を描くのが苦手な方でも、声優や脚本家など違った方向性の職種に就くことで、アニメ業界で活動することが可能です。

しかし、絵がまったく描けなくてもどうしてもアニメ制作に携わる職種に就きたい場合には、絵の描き方の基礎がしっかり学べるアニメ専門学校やコースを選ぶなど、学び方を工夫する必要があります。

必要なスキルをしっかり身につけることができれば、自分が希望する職種に就く夢に一歩ずつ近づくことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ