おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

絵師・イラストレーション通信講座はスピーディーに対応!

   

仙台デザイン専門学校の『絵師・イラストレーション通信講座』は、自宅にいながらスピーディーに対応してくれるので、短期間でスキルアップする事が可能です。

なぜ、通信講座なのにスピーディーに対応出来るのかと言えば、短時間に対応出来るシステムを構築しているからです。

そこで、この通信講座がスピーディーに対応出来るシステムを紹介しながら、特色や注意点なども一緒に説明しましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

絵師・イラストレーション通信講座の対応力

絵師・イラストレーション通信講座がスピーディーに対応出来る秘密は『インターネットを利用した学習』と『eラーニングシステム』があるからです。

それでは、この2つは、どのようなものか詳しく紹介しましょう。

インターネットを利用した学習

通信講座でイラストを学ぶ場合は送られてくる教材にイラストを描いてから、通信講座の講師に郵送して、それから再び通信講座から教材が送られていく流れのパターンが多いです。

ただし、この学習方法では郵送する事によって、時間をかけてしまいスピーディーに対応出来ない問題点がありました。

その問題点を克服しているのが、この絵師・イラストレーション通信講座です。

この通信講座では、教材に描いたイラストをスマホで写して送る事が可能で、講師たちはスピーディーに対応する事が可能になったのです。

eラーニングシステム

絵師・イラストレーション通信講座の『eラーニングシステム』は、インターネットにあるサイト『eden』にアクセスする事によって、課題の確認や提出が可能です。

このサイトがあるからこそ、インターネットを使った学習の流れも行える訳です。

この『eden』はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでもアクセス可能なので、自宅だけでなく外出先でもアクセスする事が出来るのも嬉しいポイントでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

絵師・イラストレーション通信講座のコース

絵師・イラストレーション通信講座の大きな魅力として、様々なコースがある事があげられます。

そのコースとは、キャラクター基礎コース/キャラクター応用コース/絵師基礎コース/絵師応用コースなどがあるので、詳しく説明します。

キャラクター基礎コース

キャラクター基礎コースは、キャラクターの概念を学びながら画力を高めるための基礎を学んでいくコースになります。

課題は全部で10個あって、その中にはモンスターやロボットなどもあります。

キャラクターを描きたくても、なかなか上手になれなくて悩んでいる方におすすめのコースなので、全くスキルがない方でも安心して利用する事が出来るでしょう。

キャラクター応用コース

キャラクター応用コースもキャラクター基礎コース同様に、キャラクターについて学んでいきます。

ただしキャラクター応用コースの場合は、応用技法や構成法則などを学んでいくコースであり、ある程度の画力がある方でキャラクターをさらに上手く描きたい方に合ったコースです。

そして、このコースで出される課題は全部で7個で、擬人化キャラクターメイクやキャラクター法則学などがあります。

絵師基礎コース

絵師基礎コースでは、キャラクターだけでなくアイテムなども描く方法を教える内容になっています。

そのため、様々なアイテムを手にしたキャラクターを描きたい方にはおすすめのコースです。

このコースは基礎コースになるので、スキルのない方でもスキルアップする事が可能なので、安心して利用する事が出来ます。

出される課題は全部で9個でディフォルメやカラーリングなどがあります。

絵師応用コース

絵師応用コースでは、背景の描き方を描く方法を教えてくれる内容になっています。

背景の描き方で重要になるのがパースというもので、このパースを学ぶ事で遠近感のある背景を描く事が可能になるのです。

逆に言えば、このパースを理解出来ないと遠近感のないイラストしか描けなくて立体感の欠けるイラストになってしまいます。

そして、このコースでは課題が全部で8個あって、背景『エフェクト&パターン』があります。

絵師・イラストレーション通信講座の嬉しいポイント

絵師・イラストレーション通信講座は様々な取り組みを行っていますが、それでも通信講座を利用した事がない方は利用をするのに不安を感じてしまうかもしれません。

そのような方でも安心して利用出来るようになっているので、その秘密に迫ってみましょう。

マイペースに自宅で学習

イラストを学びたい方の中には、1日でも早くスキルアップしたい方もいれば、マイペースに学びたい方もいるでしょう。

そのマイペースに学びたい方でも安心できるシステムがあって、この通信講座では課題の締め切りがないのです。

さらにインターネットで作品を提出できるので、ショッピングやスポーツを楽しむ時間をあまり削らなくても、通信講座を続けられるようになっています。

スキルアップセミナー

通信講座を学んでいくうちに、実際に講師から指導を受けてみたいと思う方もいるでしょう。

そのような方でも満足出来るように、この通信講座に携わっている校舎へ見学をする事が可能なのです。

この校舎へ行けば、今まで課題を添削してくれた講師に会って、分からない事などを直に聞く事も出来ます。

このスキルアップセミナーは任意なので、強制されないのも嬉しいポイントでしょう。

豊富な教材

絵師・イラストレーション通信講座は、様々な教材が送られてくるので、楽しみながら学んでいく事が可能です。

その教材とは、イラストを描く上で重要となるポイントに絞ったオリジナル教材や、コピックスケッチなども付いてきます。

このコピックスケッチには、コピックチャオ24色セット・クリップスタジオペイントプロとコピックスケッチ36色セットがあります。

絵師・イラストレーション講座の注意点

絵師・イラストレーション通信講座のには嬉しいシステムやメリットがありますが、いくつか注意点もあるので詳しく紹介しましょう。

受講資格

この通信講座には受講資格というものがありますが、学力やイラストのスキルなどは関係なく利用出来るので心配する必要がありません。

ただし、中学生以上の方しか利用出来なくて、小学生は利用出来ないので注意して下さい。

受講料

この通信講座にはいくつかコースがある事を紹介してきましたが、このコース全ての受講料は250,000円と高額になっています。

イラストを学ぶ通信講座の中では安いほうがではないので、利用する前にしっかりとお金を払えるのか確認する必要があります。

さらに、一度納入したら受講料の返還には応じていないので、軽い気持ちで利用を初めて、後になって無理だと感じたら受講料を返還してもらうという方法は行えないので気を付けて下さい。

必要な道具

イラストを学ぶ通信講座の多くは、道具をそれほど揃える必要がありませんが、絵師・イラストレーション通信講座の場合は違います。

スピーディーに対応するために、インターネットに接続出来るものやペンタブレットを用意しておく必要があります。

その他の画材はこの通信講座で揃える事が出来ますが、インターネットに接続出来るものやペンタブレットを用意しておく事を忘れないようにしましょう。

まとめ

絵師・イラストレーション通信講座はスピーディーに対応してくれるので、短期間でスキルアップする事が可能です。

ただし、スピーディーに対応するために、インターネットを接続出来るものが必要になるので、あらかじめ用意しておく必要があるのです。

そのため、注意すべき点がありますが、スピーディーに対応してくれる通信講座を探している方は利用してみる価値はあるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ