おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

老眼でお悩みの方向け・目に優しい液晶モニタの基準考察

   

老眼は、早ければ30代中盤から進行すると言われています。

現代人の生活とスマホ・タブレット・パソコンは切っても切り離せない関係にありますが、これらによって老眼の進行・ドライアイなど、様々な問題に悩まされることも。

ここでは、「最近どうも近くが見えにくくなった」「老眼だけど長時間疲れずにPC作業をしたい」という人のために、目に優しい液晶モニタの考察をしていきます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

モニタサイズについて

最初に、液晶モニタを購入する際のモニタサイズについて言及します。

用途が増えれば増えるほど「大きいモニタ」を選びたくなる心理がありますし、「大は小を兼ねる」との格言もあるのですが…モニタが大きいことは、本当にいいことなのでしょうか。

液晶モニタ≠大きければいい

老眼のかたの多くは、眼球を動かす筋肉の衰えが見られます。

そうしたことから結論を述べると、むやみに大きいモニタを買うべきではありません。

デスクに腰かけた時の眼球とモニタとの距離を50~80cmと考えた時、大体24インチくらいの大きさが無難と言われています。

これくらいの大きさであれば、国産メーカーの高品質製品でも2~3万円程度と非常にお安く買えるので、お財布にも優しいでしょう。

とはいえ、小さいモニタを選ぶことで「作業スペースの問題」を回避することはできません。

PC上で複数の資料を開きながらお仕事をする場合、24インチ程度の表示域では不十分と言えるのではないでしょうか。

こういった場合は、思い切ってデュアルディスプレイにすることをおすすめします。

デュアルディスプレイという選択をする場合のポイントですが、同じ製品名/同じ型番のもので揃えるようにしましょう。

モニタごとに見え方の違いがあると、これもやはり老眼に強い負担をかけてしまいます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

4K/Retinaディスプレイは本当にいいのか

次に、高画質と噂の”4K”や、apple独自のモニタ規格”Retinaディスプレイ”について語っていきます。

大型家電店では大々的に広告を打っているのですが、目へのやさしさ…特に老眼という現象に対しては、どのような影響があるのでしょうか。

超高画質の仕組み

前述した、いわゆる「超高画質」の仕組みを説明します。

ためしにapple製品でスクリーンショットを取り、それをお使いのPCに転送するなどしてファイルを開いてみると、ここで解説することが理解できます。

4K/Retinaディスプレイの裏側は、端的に言うと「大量の情報の圧縮」です。

従来のHD/フルHDだと大型モニタでしか再現できなかった色彩を、画素(モニタを構成する微細なドット)を小さくすることにより、くっきりとした表現を実現している…という要領です。

そのため、この項で最初にご案内した操作をすると、モバイル端末のスクリーンショットがPCでは4~5倍以上の大きさで表示されます。

しかし、老眼という問題に対してはどうでしょうか。

実際に高齢者の意見を聞いてみると、apple製品はどうも目が疲れる・4Kテレビは長時間鑑賞できないという声が多く聞かれます。

なかには、頭痛や不眠を訴える人もいるのだとか。

超高画質モニタでの表現は、時として肉眼でとらえられる情報量よりもはるかに多いため、目ばかりではなく脳への負担も懸念されます。

マシンスペックの問題を考慮しても、出力するデータが大きい=それだけGPU(グラフィックス処理を担当するチップ)の負担が大きくかかります。

PCの寿命を短くする・ともするとパーツ交換やマシンごとの買い替えが必要になってくる…という、思わぬ事態に遭遇することも。

こうして考えると、画質を追求するとしても、フルHDくらいまでに留めておくのがちょうどいいのではないでしょうか。

老眼におすすめの液晶モニタパネルとは

液晶モニタのパネルの種類もいくつかありますが、老眼のみならず「目に優しい」のは、”IPSパネル”と呼ばれるものです。

各種パネルのなかでも、見る角度による色の変化やチラつきが極めて少ないのが特徴。

EIZOやIiyamaを代表とする液晶モニタメーカーや、国内メーカー製のテレビにも多く採用されています。

ここでまとめると、老眼ユーザーのためのモニタ仕様として、HDまたはフルHD/IPSパネル採用のものが最も適していると言えます。

接続端子にも要注意

見落としがちなのが、接続端子の種類。

モニタの性能と接続方法に因果関係はない…というイメージが先行しているようですが、実は深い関係にあります。

HDMI/DisplayPortがおすすめ

MacLab. Thunderbolt ( Mini DisplayPort ) to HDMI 変換 ケーブル 1.8m ホワイト ( 4K 3840×2160 30Hz)

モニタの従来の接続方法として、ピンを差し込んでネジで止めるDVI/VGAなどがあります。

音声の出力先を別のデバイスに指定するのが容易であるため、PCオーディオマニアに好まれる傾向にある方法です。

しかし、老眼を労わりたい皆さんには、HDMI/DisplayPortという最新の接続端子をぜひ使ってほしいものです。

DVIやVGAの弱点として、差し込みが甘いと認知しきれないレベルのチラつきが起きる/ケーブルの種類によっては色ムラができる…という点にあります。

その点、HDMI/DisplayPortは出力速度が極めて高く、激しい動きのある動画でもチラつきをグッと抑えたうえで、安定した色彩表現ができるというアドバンテージがあります。

最新の高技術な液晶モニタの性能を最大限引き出すためにも、後者の接続端子を選ぶべきでしょう。

HDMIに限った問題点として「音声出力をどうするか?」ですが、スピーカーやネットワークオーディオ・アンプへ出力したい人は、パソコン側で簡単に設定することができるのでご安心を。

モニターアームは使うべきか

老眼を感じたら、モニターアームの使用検討はぜひおすすめしたいものです。

特に「モニタは今のものが気に入っているけれど、大きすぎて見づらい」というかたは、アームを使ってモニタ位置を後退させるだけで、一気に目への負担が軽減されます。

このように、モニタと目との距離を適切に保つ・見やすい角度に調整できるばかりでなく、腰痛・肩こりの防止にもなる…とメリットだらけ。

問題は製品の選び方ですが、2軸・3軸・4軸とあり迷うかと思われます。

単純にアーム関節部の多さを指していて、2軸と3軸は可動域がある程度限られており、どのデスクの環境にも合うとは断言できません。

最も使いやすいのは4軸で、こと「エルゴトロン社」の4軸アームには定評があります。

モニターアームを使う上での利点として特筆したいのは、Win10の新機能との相性でしょう。

画面の縦表示設定ができるようになったため、ホームページの編集作業・ワード文書作成などをメインとする人に好評です。

前述で紹介したエルゴトロン社の4軸は、モニタの位置や角度ばかりでなく、縦横の向きも変えることができます。

作業内容によって、もっとも目に負担のかからないよう工夫することができるので、とても便利。

費用も高くて3~4万円程度で、机に穴をあける…などといった大掛かりな作業は不要なので、購入して損はないシロモノになります。

是非ご検討を。

まとめ

老眼に優しい液晶モニタの基準とは、デスクに座った時に視界にきちんとおさまるサイズであること・むやみに高画質でないこと・色ムラやちらつきが限りなく少ないことにあります。

接続端子やアーム使用などもしっかりと検討をし、よりよい環境を作るべきしょう。

この記事が、作業デスクの環境を見直したい人の一助になれば、幸いです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ