おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

自宅でイラストの技術が学べる『アートスクール通信講座』を紹介!

      2017/09/08

イラストの技術を学びたくても、専門学校へ通うほど時間に余裕がない方は、通信講座を利用したいと思うでしょう。

しかし、通信講座で本当にスキルアップ出来るのか不安に思う方は少なくありません。

そのような不安を払拭してくれるのが『アートスクール通信講座』です。

なぜアートスクール通信講座を利用すれば、スキルアップ出来るのか?

その秘密やコースなどを紹介しましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

通信講座でスキルアップ出来る秘密

アートスクール通信講座を利用すれば、自宅にいながらスキルアップをする事が可能と言われていますが、なぜ通信講座で、スキルアップが可能なのか詳しく説明しましょう。

プロの講師

アートスクール通信講座では、プロの講師が指導と添削をしてくれるので、的確なアドバイスを貰える事が出来ます。

もしもプロの講師でなければ、短期間でスキルアップをする事が難しくなってしまうので、いつまでもプロのイラストレーターになる事は難しくなってしまいます。

そのため、アートスクール通信講座のように、プロの講師がいる所を利用するのは重要な事です。

分かりやすい添削

プロの講師が指導や添削をしてくれたとしても、イラストをあまり描いてこなかった方は、その指導や添削を理解出来るのか不安になる方もいるでしょう。

しかし、アートスクール通信講座の講師は細かく添削してくれるので、自宅にいても講師が何を伝えたいのか理解出来るのです。

例えば文字だけでは勘違いする事があるので、文字だけでなく、絵や図で説明してくれたり参考資料を添付してくれたりするのです。

そのため、安心してアートスクール通信講座を利用する事が出来るでしょう。

信頼出来るサポート体制

通信講座は疑問に感じている事があっても、講師に聞く事が出来ないと思う方はいるかもしれません。

しかし、このアートスクール通信講座では信頼出来るサポート体制が確立しているので、迅速に電話・FAX・電子メールによる質問に答えてくれます。

この連絡によって、通信講座でありながら、イラストの技術を教えている学校へ通っているのと同じ環境でいられるのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アートスクール通信講座の教材

アートスクール通信講座では、特典教材であるデッサンのてびき・初心者ブック・解説DVDなどが用意されています。

それでは、この教材から、どのような事が学べるのか詳しく説明します。

デッサンのてびき

イラストを描く上で最も重要であり、基本となるのが『デッサン』です。

デッサン力のないイラストでも見る方をひきつける事は可能な場合もありますが、デッサン力がないイラストレーターより、デッサン力があるイラストレーターのほうが活躍出来る可能性は高いです。

そのため、アートスクール通信講座ではデッサンのてびきによって、デッサンの準備から道具の使い方まで細かな説明が書かれた教材を用意しています。

初心者ブック

初心者ブックは、絵を描く事が初めての方のために、線をなぞる事で描画テクニックを学べる内容が書かれています。

ただし、こちらは添削課題ではないので、本格的にイラストレーターを目指している方にしてみれば満足出来る教材ではないかもしれないので注意して下さい。

解説DVD

講師による指導や添削だけでなく、実際にイラストを描いている手の動きを見たい方におすすめの教材が『解説DVD』です。

この解説DVDでは、画材の扱い方から、描画の流れを動画で見る事が出来るので分かりやすくなっています。

さらにDVDなので、何度でも再生をして復習する事も可能なので、記憶力に自信のない方は重宝出来る教材でしょう。

アートスクール通信講座の初級コース

アートスクール通信講座には、イラストに関係のある4つのコースがあります。

それが、基礎デッサンコース・水彩画初級コース・色鉛筆画初級コース・イラスト初級コースです。

この4つのコースでは、どのような事が学べるのか詳しく紹介します。

基礎デッサンコース

基礎デッサンでは、基礎デッサン・静物デッサン・質感表現・修了テストなどのカリキュラムが用意されています。

基礎デッサンでは、基本の形となる立方体・円柱・球体・円錐などをデッサンする事が学べて、質感表現では鉛筆によって柔らかさや硬さまで表現出来るように学んでいきます。

そして、静物を組み合わせたモチーフによってデッサンするだけでなく構図の知識を身に付ける事も可能です。

修了テストでは、デッサンの長所や短所を指摘してくれるので、画力を高めるキッカケになるでしょう。

水彩画初級コース

水彩でイラストを描きたいと考えている方におすすめなのが『水彩画初級コース』です。

このコースでは、水彩画を描くために必要なテクニックを学ぶ事が出来ます。

水彩画のテクニックは数が多くて、独学ではマスターをするのが難しいのが実情です。

そのため、この水彩画初級コースで『にじみ』や『たらしこみ』などのテクニックを習得すれば、画風の幅が広がるでしょう。

色鉛筆画初級コース

水彩画に劣らないほど人気があるのが色鉛筆画です。

色鉛筆画はCGのようなリアルさには欠けますが、温かみのあるイラストを描く事が出来るので、色鉛筆画を描けるイラストレーターは現在でも必要とされています。

この色鉛筆画初級コースでは、色鉛筆の基本的な使い方や塗り方だけでなく、立体感の付け方が覚えられる高度なテクニックも学べるのです。

そのため、色鉛筆画初級コースを学んで、色鉛筆画でイラストレーターを目指す事も可能でしょう。

イラスト初級コース

イラストは絵画のような難しいテクニックは必要ないと考えている方もいるかもしれませんが、イラストを描くために必要なテクニックはあります。

イラスト初級コースでは、そのテクニックを教えてくれるので、以前より満足のいくイラストを描ける可能性は高くなるでしょう。

アートスクール通信講座の中級コース

イラストの基礎テクニックを知っている方におすすめなのが、アートスクール通信講座の中級コースです。

このコースでは、実践的なテクニックを教えてくれるので、どのような学習内容になっているのか詳しく説明します。

イラスト中級コース

イラスト中級コースでは、プロのイラストレーターがキャラクター制作のテクニックを教えてくれるので、独学では学べなかった事を習得する事が出来ます。

さらに原画をコピーしたものや、トレーシングペーパーをかけたものに添削してくれるので短期間でスキルアップする事も可能です。

そして業界で働くためには『ポートフォリオ(作品集)』が必要なので、このコースではポートフォリオの制作アドバイスまでしてくれるのです。

ゲーム・コミックイラストコース

個性的なキャラクターを描きたい方におすすめなのが『ゲーム・コミックイラスト』です。

このコースでは、キャラクターデザインの描き方やパース(透視法)を学ぶ事が出来るのです。

パースは、背景を描く際には必要不可欠なものですから、背景とキャラクターを一体にしたイラストを描きたい方は覚えておく必要があります。

アートスクール通信講座の上級コース

確かなテクニックがあって、もう少しでプロになれるレベルの方は、アートスクール通信講座の上級コースを選んだほうが良いでしょう。

なぜなら、この上級コースではプロとして活躍するために必要な事が学べるからです。

それでは、どのような事が学べるのか詳しく説明します。

イラスト上級コース

イラスト上級コースでは、イラストレーターとして活躍出来るようにクライアントに満足してもらえる様々なテクニックを教えています。

さらに、ポートフォリオの作成方法のアドバイスを教えてくれるので、イラスト上級コースを学べば、プロのイラストレーターになる可能性が高くなるでしょう。

ストーリーマンガコース

ストーリーマンガコースでは、あらすじ・プロット(脚本)・ネーム(絵コンテ)・下書き・ペン入れなど細かな手順で添削をしてくれます。

さらに、プロのマンガ家の意見を聞く事が出来るので、マンガも描けるイラストレーターを目指している方にはおすすめのコースです。

絵本・挿し絵コース

絵本・挿し絵コースでは、1枚の挿し絵の描き方から学んでいき、キャラクターやストーリーの作成方法を学んでいく事が出来ます。

そのため、絵本を作成した事がない方でも、スムーズに絵本を作成出来る実力が身に付ける事が出来るでしょう。

まとめ

アートスクール通信講座はプロの講師によって細かい指導や添削をしてくれる上に、信頼出来るサポート体制も確立しているので、自宅にいながらスキルアップをする事が可能なのです。

もしも、イラストの技術を自宅で学びたいと考えている方は、信頼出来るアートスクール通信講座を1度は利用してみるのも悪くはないでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ