おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

良いところに行きたい!良い声優専門学校とはどのようなところ?

   

どうせ声優の専門学校に行くのであれば、ちょっとでも良いところに行きたいと思うものです。

でも、そこで問題になるのが、どういうところが良い声優の専門学校なのかということです。

実際良い声優の専門学校の条件がわからないと、良いところに行くことができるはずもありませんよね。

そこでここでは、良い声優専門学校とはどのようなところなのかということについてみていきます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

直接声優になれる機会が多いところ

声優の専門学校を出ても、実はそのまま声優になることができる可能性は高くはありません。

というかほとんどの場合で、そのまま声優になることはできないんです。

では声優の専門学校を出た後にはどうなるのかというと、大体の場合で声優養成所に所属することになります。

声優の養成所は、そこから声優事務所に所属することができるようになる可能性のある、いうなれば下部組織のようなものです。

でも、そこに入るのにはお金がかかりますし、そこからプロになることができない方だってすごくたくさんいます。

だから一番良いのは、養成所に入るのではなく、声優専門学校を出たらそのまま声優として声優事務所の所属になることです。

しかしそれは簡単ではない。

なので、そこに対して熱心にサポートしてくれる学校が、良い声優専門学校になるんです。

専門学校に入るのにもすごくお金がかかるのに、そこからさらに養成所でお金がかかるとなるとすごく大変ですから。

どういうところが声優になれる機会が多いのか

でも、どういうところが声優になれる機会が多いところになるのでしょうか?

声優になれる機会が多いところといえばやはり、オーディションのチャンスが多いところです。

オーディションはトライアンドエラーです。

つまり受けて落ちて、何がダメかを考えて改善してまた受ける。

それの繰り返しで、少しずつ合格する可能性を上げていくものになります。

もちろんとびぬけてレベルが高ければ最初の1回で受かることもありますが、それはやっぱり厳しいです。

誰だって自分には才能があってほしいと思うものですが、才能がある人なんて実はほとんどいません。

だから、トライアンドエラーで受かっていくしかないんです。

でもそのためにはチャンスはたくさん必要です。

だから、とにかくチャンスの多いところが良いんです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

少人数制であるところ

声優専門学校には、たくさんの生徒で一斉に学ぶところもあれば、少人数制のところもあります。

基本的には少人数制のところの方が良い専門学校である可能性は高いです。

これがたとえば、技術職ではない、一般的な勉強でのことなのであれば、人数は大した問題ではありません。

でも、声優というのは技術職です。

技術を高めることを最大の目的としています。

その場合には、少人数制の方がメリットは大きいんです。

より自分のスキルを見てもらえる

単純に、人数が少ない方が一人一人をみてあげることができる時間は増えますよね。

だから、一人一人のスキルをより把握しやすくなります。

それが把握できないと、何が足りなくて、どこをどうすればプロになることができる可能性を上げることができるかがわかりません。

でも人数が多ければ多いほどに、それを正確に把握することが難しくなっていくんです。

なので、少人数制の方が良い専門学校になるんです。

質問などもしやすい環境になる

また、少人数制の良いところはそれだけではありません。

少人数制であれば、質問などもしやすくなるんです。

質問をしやすいというのは、大切なポイントになります。

わからないところや難しく感じるところは、学んでいるうちに必ず生じてくるものです。

でも、大人数制の教室の場合には、そういうところを質問して解決することができないことが出てきます。

それを解決することができないとなると、やっぱりレベルは上がりません。

そういうところを一つ一つ解決してこそ、レベルが上がっていくんですから。

レベルを高めるためには、やっぱり質問しやすい環境に身を置くことは大切です。

あまりお金がかからないところ

また、すごくシンプルな話ですが、あまりお金がかからないというのも良い学校の一つの条件になります。

ここで言うお金は、学費だけではありません。

確かに学費はすごく大きなポイントであることは間違いありません。

110万円のところと90万円のところでは一年間で20万円もちがいますから。

でも、問題となるのはそれだけではないんです。

たとえば交通費。

専門学校に行くのに交通費が出るわけではありません。

だから交通費は自腹になります。

その専門学校が徒歩で行ける範囲にあれば、交通費は0です。

でも電車で1時間くらいのところにあれば、片道400円くらいかかることもあります。

すると往復で800円。

それが週に5日で4000円。

1か月で16000円。

年間で192000円の差になってしまうんです。

これは、学費の年間20万円の差に匹敵しますよね。

だから、交通費というのは意外と大事なポイントなんです。

奨学金制度などもあるとよい

また、奨学金制度なども充実していると、なおお金がかかりませんね。

もらえるタイプの奨学金であるにせよ、借りるタイプの奨学金であるにせよ、それがあることによって専門学校に行くハードルも下がりますし、より通いやすくなることは間違いありません。

より勉強に集中できるようになるんです。

そういうところもきちんとチェックしておくことをおすすめします。

実績が充実している専門学校

後はやはり、これまでの実績で判断します。

実際声優専門学校には、有名な声優さんを多く輩出しているようなところもあります。

なぜそういうところは有名な声優さんを多く輩出することができたのか、それはやはり、そこが良い専門学校であるからに他なりません。

だから、良い声優専門学校の条件として、有名な声優さんを多く輩出しているということも挙げられるんです。

意外と絞られる

有名な声優さんを多く輩出している専門学校なんて、たくさんあるのではないかと思う方もいるかもしれません。

でも、実は有名な声優さんを多く輩出している専門学校は多くはありません。

かなり絞られてくるんです。

たとえば目立った卒業生がいるのであれば、それは武器になりますから、ホームページなどで大々的に宣伝するものです。

でも多くの専門学校ではそれはない。

失礼な話にはなりますが、誰?

という人ばかりが出ているところがすごく多いです。

それはつまりほとんどのところで有名な声優さんを輩出することができていないということになります。

となればやはり、自分もそうなってしまう可能性は高いです。

その中からいきなり自分だけが有名な声優さんになるというのは難しいですね。

プロになれるところが良い専門学校

良い声優専門学校として一番の条件となるのはやはり、プロになれるということです。

だから、有名なプロを輩出していなくて、自分もそれと同じようになってしまう可能性が高いところは、良いところとは言えないんです。

でも逆に、有名なプロを多く輩出していれば、自分もプロになれる可能性が多少なりとも高くなるので、良い専門学校になります。

まとめ

良い声優専門学校に行きたいと思うのであれば、これらのことを参考にして、これらにあてはまるところに行くようにするとよいです。

そうすれば損もしない上に、少しでもプロになれる可能性が高いところに行くことができるようになります。

ぜひそうして、失敗のない選択をしていってください。

ここでの選択の失敗は、人生に大きな影響を与えてしまいますから。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校