おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

良い企業には入れない?無料のプログラミングスクールは本当に微妙なの?

   

プログラミングスクールといえば、割と高額なお金がかかるものになります。

とはいえ専門学校に数年通うよりはコストはかからないものですが、いきなりポンと出すには厳しいかもというくらいにはお金がかかることが多いです。

でも、全てがそうだというわけではありません。

プログラミングスクールには無料のところもある。

ただ、無料のところはやめた方が言われることも多いです。

それはなぜでしょうか?

本当に避けた方が良いのでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

無料のプログラミングスクールを避けた方が良いといわれる理由

まず、そもそもどうして無料のプログラミングスクールは避けた方が良いと言われるのかというところから見ていきます。

無料のプログラミングスクールを避けた方が良いといわれるのは、何も無料と言いつつもいろいろなところでお金を取られるからとか、そういう悪質な経営手法があるからではありません。

そうではなく、就職先が絞られるというのが一番よく挙げられる問題なのです。

提携している企業に人を送り込むとお金がもらえる

無料のプログラミングスクールが成り立つ仕組みを簡単に言うと、人材紹介をメインの仕事としているからになります。

いうなれば、転職支援会社のようなものですね。

人を送り込もうとして、それが成約に至れば、会社側から報酬がもらえる。

そうして経営をしているのが無料のプログラミングスクールなんです。

つまり逆に言えば、無料のプログラミングスクールは、来た人をキチンと就職していけるレベルまで育て上げないと意味がないことになります。

なので、授業のレベルや指導体制などは問題がありません。

では何が問題なのかというと、それで就職先が絞られることなのです。

提携している企業に人を送り込まないといけない

当たり前ではありますが、人を紹介して、その人が採用されたからといってお金を受け取るためには、そういう契約をしている企業に人を送り込まないといけません。

そうではない企業に人を送り込んだところで、全然意味はないのです。

ということで、無料のプログラミングスクールでは、提携している起業にしか就職できないことが多いです。

そしてその提携している企業に、自分が気に入る企業がないかもしれないから、無料のプログラミングスクールは避けた方が良いと言われてしまうんです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

就職して転職すればいい

ただ、こうした、自分が気にいる企業がないかもしれないという問題は、そこまで深刻なものではなかったりするんです。

たしかに、あまり好きではない雰囲気の企業や、仕事をずっとやらされるのはつらいものです。

そういう環境から抜け出したいからプログラミングスクールに行ったのに、結局そういう環境にたどり着いてしまっているんじゃ意味がないと思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、もし合わないならば、辞めて転職をすればいいんです。

いつまでにやめる場合にはプログラミンスクール代がかかるという契約があるところもあるかもしれませんが、そうなったらそのぎりぎりまで耐えるか、あるいは最悪払えるようになるまで耐えつつ、それを払ってやめればいいんです。

転職は比較的にしやすいのがプログラミング業界

たしかに、そうしてすぐにやめてしまっていたのでは、この先転職できないのではないかと思って不安になることもあります。

でも、その心配は比較的に要らないのがプログラミング業界なのです。

というのも、プログラミング業界というのは、比較的に転職をしやすい業界になるんです。

なぜなら、慢性的に人手不足だから。

人手が足りないからこそ、プログラミングスクールのようなところがたくさんあり、人を育成しようとしているんです。

ひとがすでに足りている業界ならばそれは必要ありませんよね。

でもプログラミングスクールはたくさんある。

それが、知識やスキルがある人であれば転職しやすいということの証明です。

そして実際に、就職した後ですぐにその仕事を辞めてしまったとしても、それまでの段階で知識やスキルはしっかりと身についています。

だから、就職は全然できるんです。

確かに、すぐにやめた理由に突っ込まれる可能性は0ではありません。

でも、それはなんとでもなるものです。

そんな人たくさんいますから。

なので、すぐにやめても転職できないということはありません。

無料であればお金を貯める時間がかからない

無料のプログラミングスクールの最大のデメリットである、就職先が絞られてしまうという点は、こうして問題はなくなりました。

では、逆に無料のプログラミングスクールに通うメリットはどこにあるでしょうか?

無料のプログラミングスクールの最大のメリットは、それが無料であるという点。

とは言ってもそれは、お得に通えるから良いというわけではありません。

もちろんそれもいいんですが、そのメリットがより広がるのは、自分でお金を貯めてプログラミングスクールに行こうと思っている人なのです。

自分でお金を貯めてからプログラミングスクールに行く場合、どうしてもお金を貯める時間がかかります。

しかし無料のプログラミングスクールの場合、それはありません。

行こうと思ったらすぐにいけるんです。

それはすごく大きなメリットになります。

お金を貯めている間に挫折してしまうこともある

お金を貯めるというのは、すごく強い意志がないと難しいものです。

お金を貯める間にも生活は続きますし、今の時代日々いろいろな情報が入ってきます。

だからあれがほしいとか、ここに行きたいとか、あれが壊れたとか、病気で急にお金が必要になって今まで貯めた分がパーになるとか、そんなことも多々あるんです。

そうして意外とお金が溜まらないまま時間だけが過ぎていくと、だんだんと「もういいかな」と思い始めてきます。

その環境に満足してしまうようになるんです。

そうならないようにするためには、お金を貯める時間がないのが一番。

無料のプログラミングスクールであればお金を貯める時間は皆無ですから、そうなる可能性も皆無になるんです。

無料のプログラミングスクールがおすすめできる人

このように、別に無料のプログラミングスクールだからと言って、それだけ毛嫌いする必要はありません。

全然行くメリットがある、行くことを検討する価値のあるものなのです。

でも、やっぱり特に無料のプログラミングスクールがおすすめできる人と、別にそうでもない人はいるものです。

無料のプログラミングスクールが特におすすめできるのは、あまりお金がない人。

お金を貯めなくていいのがメリットなのですから、お金がない人にあっているのは当然です。

また、比較的に若い人にも合っています。

もちろんプログラミング業界はある程度転職しやすいとは言え、年齢が高くなればなるほど転職もしづらくなってきます。

何社も受ければそのうち出来るものですが、何社も受ける必要がある可能性はあるんです。

それに対して若い人であれば、将来性もありますから、本当にすぐに転職が決まることもある。

だからより最初に変なところに就職をしてしまっても、それがリスクにならないのが若い人なのです。

両方に当てはまるのであれば、なおさらおすすめですね。

まとめ

無料のプログラミングスクールはダメだダメだとたくさんのところで耳にしますが、別に無条件で避けるべきだというわけではないんです。

それが合っている人もいるのですから。

大切なのは、自分に合っているのはどっちなのかというのをしっかりと見極めること。

うまく仕事をやめられない人等は、やはりプログラミングでの最初の就職も躓くべきではないので、有料のところの方が安全です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール