おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

良い学校を選びたい!評判が高いデザイン専門学校の選び方とは?

   

デザイナーになるためには、デッサンなどの絵の基本をマスターするのはもちろんのこと、なりたい職種に合わせて専門的なスキルを身につける必要があります。

デザイン専門学校はそれぞれの科目の授業を通して専門的な知識や技術を丁寧に学ぶことができますが、カリキュラムの質や設備など専門学校をトータルで見て評判が高いところを選ぶことが大切です。

ここでは、評判が高いデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

評判が悪いデザイン専門学校で学ぶことのデメリット

デザイン専門学校の多くは公式サイトを開設しているので、サイト内の情報をもとに専門学校を選ぶことができます。

人によっては公式サイトの雰囲気のみに惹かれて、学費や設備、カリキュラム内容や学校の評判などをよく確かめずに専門学校を選んでしまうことがあります。

評判が悪いデザイン専門学校で学ぶことのデメリットについて見ていくことにしましょう。

プロに必要なスキルが十分に身につかない可能性がある

デザイン専門学校は短期のものもあれば長期のものもありますが、在学中にプロの現場で仕事をこなせるスキルを身につけるために主に実践的な授業を受けていきます。

カリキュラムに沿って授業を受けることで必要なスキルが身につくはずなのですが、評判が悪いデザイン専門学校は設備が整っていないなど、十分なスキルが身につかない可能性があるので注意が必要です。

就職率が悪く希望するデザイン会社に就職できない

デザイン専門学校はデザイナーに必要なスキルを学ぶだけではなく、学校に集まった求人情報をもとに就職活動のサポートが受けられる点が大きな魅力です。

しかし、評判が悪いデザイン専門学校は就職率が悪く、希望するデザイン会社に就職できない可能性があるのでデザイナーとして活動することができません。

必要なスキルを身につけた後、就職先が決まることでようやくデザイナーになる夢が叶うので、就職率が悪い専門学校は避けた方が良いでしょう。

通学がしにくく朝の授業に参加するのが大変

デザイン専門学校の中には最新の設備が整っていて、授業を通して必要な事柄を十分に学べる環境だったとしても通学しにくい場所にある学校もあります。

たとえば、電車で移動した後、さらにバスでの移動が必要など通学しにくいデザイン専門学校は朝の授業に参加するのが大変です。

アクセスのしにくさが評判の悪さに繋がることがありますが、デザイン専門学校は朝から夕方まで授業が詰まっていることが多く、課題提出に追われることもあるためアクセスしにくい学校は通学に時間が取られるので注意が必要です。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

評判が良いデザイン専門学校で学ぶことのメリット

評判が良いデザイン専門学校は、多くの学生が満足度の高い授業を通して将来に役立つデザインのスキルを身につけています。

多くの方の意見を参考にすることで安心して入学できる専門学校を見つけることができますが、評判が良いデザイン専門学校で学ぶことのメリットについて見ていくことにしましょう。

整った設備でプロに必要なスキルを身につけられる

評判が良いデザイン専門学校の特徴のひとつとして、最新の設備が導入されており整った環境で学べる点が挙げられます。

デザイン分野の現場は職場に最新の機材が導入されていることがほとんどなので、新しい機材の使い方をマスターしておくことで、就職した際に現場での仕事の流れがスムーズなものとなります。

プロとして通用するスキルが身につくところが、評判が良いデザイン専門学校で学ぶことのメリットです。

業界とのパイプが太く良質な求人をもとに就職できる

デザイナーとひとことで言っても、仕事内容に大きな違いがあります。

業界の第一線で活躍するためには、大手のデザイン会社に就職するのが一番の近道です。

大手のデザイン会社は条件が良くやりがいを持って取り組める仕事をする機会が多いので、就職の際の競争率が高い特徴があります。

そんな時、業界とのパイプが太く良質な求人が多く集まる評判が良いデザイン専門学校を選んでおくことで、希望する進路を選択しやすくなります。

アクセスしやすくゆとりを持って通学できる

デザイン専門学校を選ぶ時の大きな目安が、アクセスしやすい場所にあるか確認することです。

通学にあまりにも時間がかかる場所にあったり、自然に囲まれて環境が良いことをアピールしている専門学校だったとしてもアクセス方法がバスしかないなど通学が不便なことで、スケジュールを組みにくくなります。

特にアルバイトをして働きながら学校に通う方はスケジュール管理をうまくしないと課題作品に取り組む時間すら取れないので、駅の側にあるなど通学に時間がかからない専門学校を選ぶことをおすすめします。

評判が高いデザイン専門学校の選び方とは

デザイナーを目指す多くの方が満足して学んでいる専門学校を選ぶためには、様々な情報をもとに評判が高いデザイン専門学校を選ぶことが大切です。

それぞれの専門学校の公式サイトを見ることでも学校に関する情報を確認することができますが、一体どのような方法で評判が高いデザイン専門学校を選べば良いのでしょうか。

実際に学校に通っていた方の意見を聞く

入学を考えているデザイン専門学校に実際に通っていた方の意見は、ネットで見るどの意見よりも信憑性があり、学校のリアルな内情を知ることができます。

公式サイトに記載されている内容だけでは分からない学校の授業の内容や就職率なども詳しく知ることができるので参考にしながら専門学校を選ぶと良いでしょう。

専門学校の口コミサイトを参考にする

周囲に入学を希望しているデザイン専門学校に通っていた方がいない場合には、ネット上のデザイン専門学校に関する口コミ情報を参考にすると良いでしょう。

口コミに関する専門的なサイトがありますが、そこには評価の星の数や専門学校に関する感想や意見などが記載されているので詳しい情報を確認することができます。

複数の専門学校の中でどれを選べば良いか迷っている時でも、情報を参考にしやすいのでおすすめです。

行きたい専門学校が評判が悪かったらどうしたら良いか

デザイン専門学校を選ぶ際に、自宅から近い場所にある、憧れのデザイナーの講師が在籍しているなど様々な理由から入学したい専門学校を心に決めている方がいるかもしれません。

しかし、どうしても行きたいと思っていたデザイン専門学校について調べてみると評判が悪いこともありますが、このような場合どうしたら良いのでしょうか。

評判が良いデザイン専門学校を選び直す

選択するデザイン専門学校によってレベルが高いスキルが身につくこともあれば、思ったようにスキルが身につかないこともあります。

期待して入学していざ授業を受けてみたら、想像と違っているような場合には必要なスキルが身につかない可能性が高いかもしれません。

行きたいと思っている専門学校でも、あまりにも周囲の評判が悪い場合には、様々な情報をもとに評判が良いデザイン専門学校を選び直すと良いかもしれません。

オープンキャンパスに参加した上で決断する

オープンキャンパスに参加することで、実際に学校に足を運ぶことによって学校の様子を知ることができます。

公式サイト内の情報やネット上の口コミでは知ることのできない、学校の雰囲気や講師の人柄など自分で様々なことを感じ取ることで専門学校を決断することができるでしょう。

まとめ

デザイン専門学校の評判を参考にすることで、自分が必要とするスキルが身につく学校かどうか事前に知ることができます。

デザイナーを目指すために専門学校に通ったとしても、カリキュラム内容が不十分であったり設備が整っていないなど、様々な理由から就職を含めて思うような結果が得られないこともあります。

着実にデザイナーになる道を歩んでいくためには、学校に関する口コミなどより多くの情報を集めて自分に最適な専門学校を選ぶことをおすすめします。