おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

色々科があるけど…デザイン専門学校に行くなら何科に行くのが正解?

   

デザイン専門学校と一口に言っても、色々な学科があるものです。

たとえばグラフィックデザインの学科もあれば、インテリアデザインの学科もあります。

そんな風に色々な学科があるから、漠然とデザインがやりたいとだけ考えている方は、どこに行くべきか迷うものです。

そこでここでは、どこの科に行くのが一番かという事を見ていきます。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

こだわりが無ければWEBデザインがおすすめ

もし、デザインさえ出来ればどこの科でも良いと思っているのであれば、その際にはWEBデザインの学科がおすすめです。

WEBデザインの学科をおすすめするのには、当然理由があります。

就職しやすいから

その理由は、就職がしやすいからにほかなりません。

WEBデザイナーというのは、基本的にはすごく需要が高いです。

今の時代、WEBサイトなしでは何もできません。

そしてそのWEBサイトも、何も何でも良いわけではないです。

何でも良いのであれば、幾らでも自分でなんとか出来るような時代ですが、やはりWEBサイトから利益につなげていくためには、そのWEBサイトには、高いクオリティが必要になるのです。

そしてそんな高いクオリティを発揮するために、WEBサイトを提供する会社は、たくさんの専任のWEBデザイナーを求めています。

でも、WEBデザイナーになる方には、独学で勉強してきたという方も珍しくはありません。

もちろんそれでも高いクオリティの方はいますが、多くの場合、そういう方はどこかにほころびがあったりします。

では逆に、専門学校でWEBデザインを専門的に勉強してきた方がいたらどうでしょうか?

専門学校でソレを専門的に勉強してきているのですから、基礎はばっちりで、当然ほころびはありません。

それはまさに、WEBサイトを提供する側の会社が求めている人材になります。

だから、WEBデザインの学科であれば、卒業後の就職がしやすいのです。

就職できなくてもなんとかなる

また、WEBデザインのスキルがあれば、就職できなくてもなんとかなる事が多いです。

アルバイトでそういうスキルがある方を求めている企業は5万とあるから、就職は無理でもアルバイトの仕事にありつくことは難しくありません。

また、もしアルバイトを募集している企業が近くになくても、WEBデザインのスキルがあれば、自分だけで仕事を受けることも可能です。

最近ではクラウドソーシングのサイトも充実してきていますから、WEBデザインしてくれる方を求めているものも多く見つけられます。

そこで仕事を得られる可能性もあるのです。

だから、最悪就職できなくてもなんとかなります。

そんなデザイン系の仕事は、WEBデザインの他には早々ありません。

なので、デザイン専門学校に行くのであれば、WEBデザインの学科がおすすめです。

就職できないのであれば、デザイン専門学校に行く意味がありませんから。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

グラフィックデザインもおすすめできる

他に、デザイン専門学校の学科でおすすめのところをあげるならば、グラフィックデザインの学科になります。

グラフィックデザインの学科も、WEBデザインの学科同様に、卒業後の需要が高いです。

最近では、ゲームアプリや、ゲームでなくともスマートフォンのアプリの開発をする会社がすごくたくさん増えています。

そういう会社でアプリを開発する際には、グラフィックデザインが欠かせない事も多いです。

だから、そういう会社にデザインを提供する会社だったり、あるいはそもそもそういうアプリを開発する会社でのグラフィックデザイナーの需要も高いです。

ということはつまり、その分だけ就職しやすいということになります。

つぶしも効きやすい

またグラフィックデザインと言うのは、つぶしも効きやすいです。

これがたとえば、インテリアデザインだったら、やはりインテリアをデザインするしかできません。

ファッションデザインだとしても、洋服をデザインすることしかできないのです。

でも、グラフィックデザインはちょっと違います。

ゲームなどのデザインから、ちょっとした挿絵のようなデザインまで、幅広くこなすことが出来ます。

というよりは、グラフィックデザイン力を活かすことが出来るシーンがたくさんあるのです。

なので、ゲームなどの会社がダメでも出版社や広告系を狙えたりと、つぶしが効きやすいのです。

そうしてつぶしがたくさんあるという事もまた、就職のしやすさに繋がります。

とにかく就職したいと考える方には、グラフィックデザインの学科はすごくおすすめです。

おすすめしないところもある

デザイン専門学校に行く際におすすめなのは、上記の二つの学科になりますが、逆にあまりおすすめしない学科と言うのもあります。

もちろんそれが好きで、それのプロになりたいという確固たる意思があるのであれば、その学科を選ぶことも大いにアリです。

でも、別にそれがすごく好きなわけではなく、とりあえずデザインがやりたいと思っているくらいなのであれば、あえてその学科を選ぶことはおすすめしません。

その学科が、イラストデザインの学科になります。

就職しづらい

なぜイラストデザインの学科がおすすめできないのかと言うと、それはやはり、上記の二つがおすすめな理由と逆の理由になります。

つまり、就職がしづらいから、あまりおすすめできないのです。

デザインの専門学校は、どの学科でも基本的にはあまり学費が安くはありません。

それなのに、就職できないとなったら、そこにかけた高いお金が全て無駄になります。

そんなに勿体ないことはありません。

だから、デザイン専門学校に行くのであれば、就職しやすいところに行かないとなりません。

イラストのデザインは、確かにスキルとしては魅力的ですが、今の時代、イラストのデザインだけを仕事にしている人はすごく少ないです。

また、イラストのデザインが出来る方を求めているところもあまり多くはありません。

需要がないとなれば、就職しづらいのも当然。

だから、イラストデザインの学科は、デザイン専門学校の学科の中でも特におすすめできないのです。

モチベーション的には少しでも興味があるところが吉

デザインの専門学校に行けば、そこがどんな学科であれ、多少なりともしっかりと努力をして学んでいかないとならなくなります。

しかしそれにはモチベーションが必要です。

モチベーションが上がらないと、次第に課題をこなす気もなくなったりして、ついていけなくなる事があります。

それではたとえ就職しやすい学科に行っても意味が無くなります。

きちんとそこに行く意味を出すためには、やはり少しでも興味がある学科に行くべきです。

全ての学科への興味がフラットなはずはない

デザイン専門学校の学科の中で、すべての学科に対しての興味が同じはずはないです。

必ず多少興味があるところと、あまり興味がないところがあります。

そうしてしっかりと比べてみて、すこしでも興味があるところにいくという選び方も正解なんです。

それがWEBかグラフィックであればより良いことは間違いありませんが。

まとめ

デザイン専門学校の学科でおすすめなのは、WEBデザインの学科か、あるいはグラフィックデザインの学科になります。

こうした学科に行けば、就職もしやすいですし、将来的になんとかなりやすい。

どうせ高いお金を払ってデザイン専門学校に行くのであれば、将来的になんとかならないと意味がありませんから、そういうところに行くのがおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ