おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

行かなくてもプロにはなれるけど…アニメ専門学校に行くメリットってどこにあるの?

   

アニメーターになりたいと思ったら、昔であれば専門学校に行くくらいしか道はありませんでした。

しかし今は、別にそこに通わなくてもプロになることは可能です。

それでもアニメの専門学校に行く方は多い。

それは、アニメの専門学校に行くことにメリットがあるからになります。

では、アニメ専門学校に行くメリットはどこにあるのでしょうか?

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

強制的に勉強することができる

アニメ専門学校に行くメリットはいくつかあります。

その中で特に大きいのが、強制的に勉強することになるという点です。

たしかにアニメーションは、独学でも学んで行くことができます。

しかし独学でアニメーションを学んで行くためには、高い精神力が必要になります。

どんなにアニメーションが好きでも、ふとした時に心が折れてしまうことはあります。

そうして勉強しなくなる日が出てくるのです。

勉強しなくなる日が一日もできたら、それは次第に増えていきます。

結果、アニメーターとしての実力が全然上がらないまま月日だけが過ぎていくことになります。

それでは到底プロにはなれません。

しかしアニメ専門学校にいけばそうなることはなくなります。

まず授業があります。

授業があるということは、最低限そこで勉強をするということになります。

さらにアニメ専門学校では課題も出ます。

その課題もやらないといけないので、家で勉強する事も増えていきます。

結果意思が弱い人でもしっかりと勉強することができて、レベルが上がりやすくなるのです。

意思が弱い人におすすめ

そういうことがあるのでアニメ専門学校は、意思が弱い方におすすめになります。

意思が弱い方は、やはり強制的に勉強させられるような環境に身を置いていかないと、成長していけません。

どうしてもプロにはなりたいけど、意思が弱いという人は、専門学校に行くべきです。

たしかに専門学校に行くのにお金もかかります。

でもこのお金がかかるということすら、意思が弱い人にはぴったりなのです。

お金をかけていると実感があれば、ますます勉強にも身が入るようになっていきますから。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

就職サポートがある

アニメ専門学校では、就職についてもサポートしてくれます。

サポートしてくれるとは言っても、たとえば高校から大学に進む時の指定校推薦のように、学校の推薦があれほぼ確実に受かるようなところがあるとか、そういうわけではありません。

そうではなく、就職するにはどうするべきかという根本的なところにおいてのサポートが受けられるのです。

またさらにやはり学校に来る求人の数も多いです。

それもサポートといえばサポートになります。

だから、一人でアニメのプロになろうとするよりも、はるかにプロになりやすいことは間違いありません。

一人だとそもそも求人数も少ない

学校側に届く求人は、いわゆる未公開求人のように、学校側にだけ出している求人である事も多いです。

ということはつまり、いざ一人で就職活動をしていこうと思っても、求人自体がいまいちなかったりするのです。

求人がいまいちないのであれば、当然その分就職活動は厳しいものになっていきます。

そんな厳しい中就職活動をしていたら、やはり心が折れてしまう事もあります。

そこで心が折れていたらやはりプロにはなれません。

よりプロになれる確率が高いのが、アニメ専門学校なのです。

もし本当にアニメのプロになりたいと思うのであれば、アニメの専門学校に行く方がおすすめになります。

わからないところの質問ができる

アニメ専門学校に行くメリットとして、わからないところの質問ができるという事もあげられます。

アニメの勉強をして行く中では、わからないところもたくさん出てきます。

そういうわからないところをしっかりわかるようにすることで、アニメーターとしての実力が上がっていきます。

だから、わからないところをわかるようにできることはすごく大切なことなのです。

でも、独学ではわからないところがわかるようになることはあまりありません。

それくらいにアニメ制作というのは複雑で、調べても答えが出てこないことは多いのです。

そもそもいちいちアニメ制作について解説してくれているサイトやブログもあまりありませんし、それがあったとしても、そこに自分が知りたい情報がピンポイントで載っていることはそうそうありません。

だから、独学では分かないところが分からないままになりがちになるのです。

そこをしっかりとわかるようにするためにも、質問できる環境を持つことは大切になります。

その環境が持てるというだけでも、アニメ専門学校に行く価値はあります。

質問できる人がたくさんできる

アニメ専門学校にいけば、わからないところを質問できる人はたくさんできていきます。

たとえば当然先生。

先生であれば、質問に答えるのが仕事ですから、ガンガン質問していけます。

また先生は当然知識も豊富です。

元プロだったりする事も多々あるので、その分知識も豊富なのです。

だから、わからないことが解決できる可能性は高いです。

また、アニメ専門学校では、自分と同じようにアニメーションを学んでいる方がたくさんいます。

そういう方達だって、色々質問していける人たちになります。

積極的にアニメーションを学んでいることには変わりはありませんから、自分より詳しい方も沢山いるものです。

だから、質問すれば解決してくれる事もあります。

そんな風に沢山の質問先を持てるわけですから、アニメ専門学校に行くメリットは大きいです。

プロの仕事のイメージがつく

ただ漠然と一人でアニメーションの勉強をしていても、プロの仕事がどういうものなのか、いまいちイメージがつかないことも多いです。

しかしアニメ専門学校にいけば、プロの仕事がどういう流れで行われて、そこで仕事をして行くためには何が必要で、ということが学んでいけます。

それを学ぶことができていけば、仕事へのイメージがついていくのも当然になります。

仕事へのイメージがつけば、その分後悔することがなくなります。

イメージが足りないと後悔することも

きちんとアニメーションの仕事に対してイメージができていないと、アニメの世界に進んでから後悔することも出てきます。

思っていたのと違うということになったら誰だって後悔してしまうものです。

ましてやアニメの世界は、その思っていたのと違うというのが激しい差になりがちです。

そんな風に激しい差があったら、後悔してしまうのも仕方ありません。

しかし誰だって、進んだ先の世界で後悔はしたくないものです。

ましてやそもそもアニメの世界に進みたいと思って努力して進んでいったわけなのですから、後悔したくないと思うのは当然です。

でも、しっかりイメージができていないと後悔してしまうことがあるのです。

かといって一人でイメージをしようとしても正しくイメージしていくのは難しいわけですから、やはりアニメ専門学校には行くのがおすすめになります。

進んだ先の未来で後悔したくないという思いがあるならば、アニメ専門学校には行くべきなのです。

まとめ

アニメ専門学校に行くメリットは、平たくいうと実力が上がるからということと、就職しやすくなるからということ。

そしてさらに就職したのち後悔しなくなるという点にあります。

これらのメリットはやはりすごく大きいです。

お金と時間をかけるだけの価値はあります。

なので、通って意味があるのかな?

と心配する必要はまったくありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ