おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

要チェック!プログラミングスクールは解約することは可能?

   

プログラミングスクールを選ぶ際には、いろいろなところを見比べるものです。

でも、そこで見比べるのは料金だったり期間だったり、あるいは学習の方法だったりする場合がほとんどですよね。

ただ本来は、それらと同じくらい大切なチェックポイントがあるのです。

それが、そのプログラミングスクールは解約することができるのかという点です。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

プログラミングスクールは解約できないところがある

なぜプログラミングスクールを比較する際に、解約できるかどうかを確認しないといけないのかでしょうか?

それはすごくシンプルな話です。

プログラミングスクールには、解約できないところがあるからです。

でも、実際にプログラミングスクールに行き始めると、そこがあまり合わないこともあります。

合わないところにそのまま行き続けないといけないとなると、それはつらいです。

だから、まずそれはチェックしておかないといけないんです。

解約できたとしても内容をチェックすべき

もし解約できるとしても、その解約の条件はそのプログラミングスクールによって全然違います。

たとえば、1か月前に申し出ないと受け入れないというところもありますし、解約はできるけど、返金額は残額の何パーセントの手数料を引いた額というようなところもあるものです。

解約する可能性がないわけではないのですから、できればそれらの条件はゆるいほうが良いのです。

もちろん一番いいのが解約しないことであることは言うまでもありません。

でも、どれだけ丁寧にプログラミングスクールを選んでも解約したいと思ってしまうことはあるものです。

それは何かを習いに行くところになるわけなのですから、教え方の相性などもあります。

それが合わないのは、誰のせいでもないですよね。

ただただ運が悪いとしか言えません。

運の悪さでそうなってしまう可能性があるのだから、解約ができるかどうかは、しっかりとチェックしないといけません。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

大々的に書かれていないことも多い

そのプログラミングスクールで解約がどういう扱いなのかということは、わかりやすいところに書かれていないこともあります。

だから、調べようと思って調べないと目に入らないこともあるんです。

なので、それは意図的に調べようとしないとなりません。

では、自分で調べる際、それはどこに書かれていることが多いのでしょうか?

よくある質問のところにあることがある

まず一つは、サイト内の、よくある質問のところです。

よくある質問のところを見てみると、そこには解約や休会制度について書かれていることがあります。

そこであれば比較的に簡単に見つかります。

だからまずはそこを見てみるのがおすすめです。

そこにもし解約制度についてのことが書かれていなかったとしても、そのプログラミングスクールについてより詳しくなれるということは間違いないですから。

もちろん解約について調べるというのが本来の目的ではありますが、そうすることによってより詳しくなれるのであれば、それに越したことはありません。

規約を読むのが一番早い

ただよくある質問には、全然それが書かれていないこともあります。

その場合、そのプログラミングスクールで解約することができるかどうかというのは、どこに書かれているのでしょうか?

一番確実なのは、やはり規約になります。

規約にも解約のことが書かれていないのであれば、こちらはその解約の規約について同意していないことになります。

だから、返金を求めて争うこともできるようになるんです。

そんなこと向こうサイドだってわかっています。

なのでそうならないように、しっかりと規約は書いていることが多いんです。

ということはつまり、そこを見ればしっかりと解約がどういう扱いになっているのかわかるということになります。

無料体験入学で質問するのもあり

プログラミングスクールには、無料体験入学をしてくれているところもあります。

そういうところであれば、そこの学校に実際に足を運んでから決めることができるようになります。

それには、二つのメリットがあります。

ひとつは当然、そこのプログラミングスクールでは解約はどういう扱いになっているのかということを、質問していくことができる点です。

直接聞くことができるのであれば、そうして直接聞いてしまうのが一番早い上に確実です。

それができるようになるというのは間違いなくメリットです。

では、もう一つのメリットはどこにあるでしょうか?

ついでに学校の雰囲気もわかる

そのもう一つのメリットは、学校の雰囲気がわかるという点です。

プログラミングスクールでは、先述のように、行っては見たものの全然雰囲気が合わないということもあるものなのです。

そうして行ってはみたけど全然雰囲気が合わないということは、いざそこに足を運んでみれば、まずなくなります。

そこで違うと思えばやめればいいだけですから。

つまり、解約ができたとしてもできなかったとしても、手数料を取られても取られなくても、あまり関係はなくなるんです。

なぜなら、そもそも解約したいと思ってしまう可能性が少なくなるからです。

もちろんそこまでしても、実際に通ってみたらちょっと違うなと思ってしまうということはないとは言えません。

でも、その可能性を少しでも下げることができる上に、解約についても学ぶことができるわけですから、それはしておくに越したことはないのです。

解約できない場合はどうするのか

では、もし解約不可と書かれているところに行ってしまって、やっぱり合わないとなったらどうなるのでしょうか?

解約不可といわれていても、どうしても通えなくなることはあるものですよね。

例えば大きなけがをして通うことができない場合、それでも解約不可だから必ずスクールに来いといわれるのかというと、そういうわけではありません。

解約不可というのは、そういうことではないのです。

この場合の解約不可というのは、解約による返金が不可なのだと思っておけばおおむね間違いありません。

だから、たとえば、行かないという選択をすることは可能です。

ただ行かないことによって、自分がそこに行っているかのように、お金が消費されていくというだけの話です。

それならば多少合わなくても行った方が良いと思う方は多いのではないでしょうか?

だから結局、通うしかなくなります。

お金はどうでもいいから行きたくないというのもあり

でも中には、お金なんてどうでもいいからどうしてもそのプログラミングスクールに行きたくないと思う方もいるでしょう。

もしそう思ってしまっているのであれば、そのプログラミングスクールに無理してそのまま通い続けることはありません。

お金は帰ってこないですけど、コース全部を満了したことにすることもできるんです。

ただ、自分が確認していないせいでそうなってしまうというのは、すごく残念ですよね。

だから、そうならないように、プログラミングスクールに通う前にしっかりと解約が可能かどうかを確認しておく必要があるのです。

まとめ

プログラミングスクールに行くには、安くはないお金がかかるものです。

それなのにそこに行くのですから、できれば慎重になるのが一番です。

ましてや運の悪さで解約したくなることもあるわけなのですから、余計に慎重にならないとだめです。

なのでぜひ、これらのことを参考にして、そのプログラミングスクールでは解約ができるのかどうかを、確認していってください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール