おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

見て学ぶタイプと実技タイプどっちが良い?自分にぴったりのイラスト通信講座の選び方

   

イラスト通信講座はそれぞれカリキュラム内容に大きな違いがあるので、目指す方向性に合わせた講座を選ぶことが大切です。

また、レッスン方法にも大きな違いがあり、動画を見て学ぶレッスン方法とテキストに沿って実技的なレッスンをする方法があるので自分にとって実践しやすいものを選ぶと良いでしょう。

ここでは、自分にぴったりのイラスト通信講座の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

見て学ぶタイプのイラスト通信講座の魅力

場所を選ばず手軽にレッスンできる

イラスト通信講座はスクールに通わず自宅でいつでもレッスンできるところが魅力ですが、テキストや画材がなくても動画を見ることでイラストのスキルが学べるイラスト通信講座は、場所を選ばずより自由にレッスンできるところが大きな魅力です。

仕事をしている方であれば通勤時のバスや電車の中でレッスンすることも可能なので継続しやすいのです。

時間の合間にすぐにイラストが学べる

仕事で忙しい方は帰宅時間が遅くなることもあるので、平日に自宅でテキストを開いてイラスト通信講座のレッスンをするのは難しい場合があります。

しかし、動画を見て学ぶイラスト通信講座なら、仕事で忙しい方でも休憩時間などのスキマ時間を使って学べるので、時間がないことでレッスンを諦める必要がなくなります。

動画による講座の中には、1回のレッスン時間が短時間で済むものがあるので集中的に必要なスキルが学べます。

学んですぐに使えるスキルが学べる

動画を見て学ぶイラスト通信講座の中には、作品作りに欠かせないソフトの使い方をピンポイントで学べるものがあります。

必要なスキルだけ学んでとにかくすぐに実践したいという方にとって、動画を見ながらその場ですぐに使える技術が学べれば遠回りせずにスムーズに作品作りができます。

レッスンに必要なのは電子機器だけで手軽

できるだけ余計な荷物を持たずに外出先で手軽にイラストを学びたい場合には、動画を見て学べるイラスト通信講座がおすすめです。

レッスンに必要なのは、タブレットやスマートフォンだけなので重たいテキストや場所をとる画材などを持ち歩く必要はありません。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

実技タイプのイラスト通信講座の魅力

幅広いタッチのイラストの描き方が学べる

テキストに沿って実技的なレッスンをするイラスト通信講座は、幅広いタッチのイラストの描き方を学ぶことができます。

イラストを学ぶには、土台となるデッサンの練習をすることが大切です。

その上で、幅広い画材を使いこなすことができるようになれば、どんなタッチのイラストでも描けるようになるので自分のイメージを表現しやすくなります。

イラストの基本から応用までしっかり学べる

イラスト通信講座ではデッサンのレッスンを積み重ねた後、線画や着色などのスキルを段階に応じて学んでいきます。

こうしたイラストの基本をしっかり学んでおくことで、自分の個性をイラストに反映しやすくなります。

実技的なレッスンを積み重ねるイラスト通信講座は、科目ごとに課題提出もあるのでスキルを身につけやすいところが魅力です。

イメージを形にするスキルが身につく

イラストを描くためには、技術的なことだけではなくイメージをうまく形にするためのコツを学ぶ必要があります。

実技的なレッスンで学べるイラスト通信講座は、基礎的なレッスンとイメージを形にするための応用的なレッスンができるので、イラストにまつわる一通りのスキルを身につけやすいのです。

添削指導で個性を伸ばす指導が受けられる

実技的なレッスンを繰り返すイラスト通信講座は、プロの講師による添削指導がついているものが多くあります。

テキストを使って自分で学んでいると、客観的に自分の現在のイラストのレベルを判断するのは難しいですが、プロの講師による添削指導によって個性を伸ばすための貴重なアドバイスが受けられるのでおすすめです。

見て学ぶタイプのイラスト通信講座が向く人

美術系の学校をすべに卒業している人

美術系の学校を卒業している人がより専門的なスキルを学びたい時に、基礎から応用までを学ぶイラスト通信講座を受講すると必要なスキルが学びにくくレッスンそのものが遠回りになってしまいます。

そんな時、動画を見て学ぶタイプのイラスト通信講座なら必要なスキルだけを集中的に学べるので時間を効率良く使えます。

必要なスキルだけ学んですぐに作品作りしたい人

パソコンのソフトを使ってすぐに作品作りしたい方の中には、イラストの基礎は身についていても肝心なソフトの使い方が分からないという方もいます。

そんな時、動画を見て学べるイラスト通信講座ならソフトの使い方のポイントが手軽に学べます。

分かりにくいところは何度も再生できるので作品作りにすぐに生かせます。

スキマ時間で仕事に使えるスキルを学びたい人

プロのイラストレーターやデザイナーの方は、新しいスキルを身につけたくてもスクールに通う時間がない方がいます。

そんな時、スキマ時間を使って動画を見て学べるイラスト通信講座なら、新しいスキルを身につけて仕事ですぐに使えるのでおすすめです。

電子機器さえあれば、仕事の休憩時間を使って学ぶことも可能なので、忙しい方に最適です。

費用を抑えながらイラストを学びたい人

イラスト通信講座で学びたくてもどうしてもまとまった受講料を準備できない方であれば、リーズナブルな受講料の動画を見て学ぶイラスト通信講座がおすすめです。

豊富な種類の講座があるので、デッサンなどの基本は自分自身で練習を積み重ねていき、必要な講座をいくつか組み合わせて動画で学ぶようにすれば費用を抑えることができます。

実技タイプのイラスト通信講座が向く人

プロのイラストレーターのスキルが必要な人

プロのイラストレーターを目指すには、イラストの描き方の基本を身につけた上で幅広いタッチのイラストが描ける必要があります。

実技タイプのイラスト通信講座は、基礎から応用まで段階に応じてそれぞれの科目ごとにレッスンを積み重ねていくので、プロに必要なスキルを身につけることができます。

また、複数の画材を使ってレッスンするので多彩な表現力を磨くのに役立ちます。

まったく初めてイラストを学ぶ人

これまでイラストについて学んだことがない方が、いきなり専門的なスキルが学べる動画を見て学ぶ講座を受講すると、イラストの基本が身についていない状態なので、たとえソフトの使い方を学んだとしても、作品の骨格となるイメージをうまく絵にすることができません。

イラストの基本と応用を学んだ上で専門的なスキルを身につけるためにも、まずは実技タイプのイラスト通信講座で学ぶと良いでしょう。

プロの講師にアドバイスをもらいたい人

動画を見て学ぶイラスト通信講座は、動画の中でプロの講師が実際に手を動かしながら必要な技術について教えてくれるので目で見て理解しやすいのですが、課題提出や添削指導がないので自分の作品についてプロの講師からアドバイスをもらうことができません。

その点、実技タイプのイラスト通信講座はプロの講師による添削指導が付いているものが多いので、自分の個性を伸ばすためのレッスンを継続することができます。

まとめ

動画を見て学ぶレッスンと実践的なレッスンはそれぞれメリットがありますが、学習内容が自分のスキルやライフスタイルに合っているか確認することが大切です。

イラスト通信講座の選び方に迷ったら、まずは、どんな風にレッスンすればイラストのスキルが身につくのかよく考えると良いでしょう。

自分にとって最適なイラスト通信講座を受講すれば、効率良くイラストについて学ぶことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ