おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

賃貸でも出来る?賃貸で液晶テレビを壁掛けする方法と注意点

   

液晶テレビを壁掛けしていくと、すごくスタイリッシュに見えるようになります。

賃貸に住んでいる方でも、液晶テレビを壁掛けすることに憧れがあるという方は多いのではないでしょうか?

でも賃貸だから諦めていたはずです。

しかし、本当に賃貸だと液晶テレビを壁掛けすることは無理なのでしょうか?

いや、そんなことはありません。

ここでは賃貸で液晶テレビを壁掛けする方法と、その注意点について紹介していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

ホッチキスを利用してつける

賃貸で液晶テレビを壁掛けする際には、ホッチキスを利用してつけると言う方法がおすすめになります。

ホチキスを利用してつけると言うのは、何も、ホッチキスで液晶テレビを直接止めるというわけではありません。

そうではなく、液晶テレビに装着できるようなとっかかりのようなものを、ホッチキスで壁に付けていくのです。

そうすることによって、ホッチキスで液晶テレビを壁掛けしていくことが出来るようになります。

液晶テレビは重たいアイテムになるので、ホッチキスもたくさんつけないとなりませんが、それでもそうして壁に液晶テレビをホッチキスでとめる為のアイテムも売られているので、それを利用してつけていけば、賃貸でも液晶テレビを壁掛けすることが出来ます。

ホッチキスなので傷も目立たない

このホッチキスでとめるという方法のメリットは、何よりも傷が目立たない事でしょう。

本来液晶テレビを壁掛けする際には、壁に大きく穴をあけていかないとなりませんでした。

しかし、壁に大きく穴をあけるというのはさすがに賃貸では無理でしょう。

なんとかして何事もなかったかのように壁を埋めることが出来るのであれば、それもありかもしれませんが、それは決して簡単な事ではありません。

なので傷が目立たないようにするということは、賃貸で液晶テレビを壁掛けすることにおいてはすごく大切なことになるのです。

ホッチキスであればその点もクリアできるので、やはりホッチキスを利用して液晶テレビを壁掛けしていくことはすごくおすすめの方法になります。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

強度的に落ちてしまう可能性も0ではない

ただ、ホッチキスで液晶テレビに壁掛けをして行く際には、注意点もあります。

まず、最初の注意点として挙げられるのは、強度的に落ちしてしまう可能性も0ではないという事です。

確かに液晶テレビを壁掛けするという名目で売られているアイテムである以上、基本的にはしっかりと装着することが出来ればそうそう液晶テレビが落ちてしまうということはないでしょう。

しかしそれはあくまでも、しっかりとホッチキスをすべてのつけるべき箇所につけることが出来た場合の話になります。

残念ながら、壁にホッチキスをつけるのは、上手く出来ないようなところも多々あります。

壁が固かったりして、上手くホッチキスが入らないこともあるのです。

でも、そういう壁でもある程度は入りますし、せっかく買ったのだから、あまりしっかりとつかなくてもつけたくなることはあるでしょう。

だからそういう状態でも壁掛けにトライしてしまうものです。

そうしてそんな状態でトライしていくと、やはり重さに耐えることが出来ずに壁から液晶テレビが落ちてしまう事が出てくるのです。

落ちたらテレビも床も壊れる

もしそうしてホッチキスでとめているところから液晶テレビが落ちてしまっていたら、まずそれにより液晶テレビが壊れてしまう可能性は高くなるでしょう。

さらにそうして液晶テレビが壊れてしまうだけではなく、床も壊れてしまう可能性が高いです。

液晶テレビは基本的にはすごく重たいでしょう。

そんな重たいものが多少高いところが落ちてくることになるわけです。

間違いなく床にも激しめに傷がついてしまうでしょう。

フローリングなどは激しめに割れてしまう可能性が高いです。

ホッチキスで床に液晶テレビをつけていく際には、そういうリスクがあるのだという事をしっかりと理解しておかないとならないでしょう。

そして当然、少しでもホッチキスのとまりが悪い箇所があるのであれば、その際には無理して液晶テレビをホッチキスで壁掛けしないようにすることが大切になります。

ホッチキスの後でお金をとられることがある

また、ホッチキスであれば、大体の場合で別にお金をとられることはありませんが、必ずお金を請求されないかと言ったらそういうわけではありません。

たとえホッチキスの跡であっても、その賃貸を貸しているところ次第ではお金を請求されることがあるのです。

だから、それも一応は頭に入れて壁掛けをしていかないとならないでしょう。

何度もホッチキスをするとそうなる可能性は高くなる

先述の通り、ホッチキスの針が簡単には刺さらない壁もあります。

そしてそれは、決して少なくはありません。

だいたいのところで、ホッチキスを刺すことに難航すると言えるでしょう。

そうして難航していると、やはり何度も何度もホッチキスを刺さないとならなくなります。

そうして何度もホッチキスを差していくということは、何度も壁に穴をあけるという事です。

つまり、その分だけ壁のホッチキス穴は目立ちやすくなってしまうという事です。

そんな風に穴が目立つようになれば、ますます壁の修理費を請求される可能性は高くなります。

だからそうならないように、出来ればホッチキスは無駄に打たないようにしていきましょう。

つけやすいところにつける必要がある

そうして無駄に打たないようにするためには、なるべくつけやすいところに付けていく必要があるでしょう。

ホチキスは、多少なりともつけやすいところと言うのもあります。

そういう多少つけやすいところにホッチキスをつけていけば、その分だけムダうちはなくなるでしょう。

だから、最初につけようとした段階で上手くつけることが出来ないようなところには、壁掛けの液晶テレビをつけようとしない方が良いです。

それは、つけやすいところにつけていくと良いでしょう。

そうすれば、無駄にお金を請求されることなく比較的に安全に液晶テレビをつけていくことが出来るでしょう。

重さにも注意しないとならない

液晶テレビは先述の通り、それなりの重さのあるものになります。

そんなそれなりの重さのあるものを壁にホッチキスでつけていくわけなのですから、当然それは、そのホッチキスでどのくらいの重さの液晶テレビまでつけることが出来るのかという事をしっかりと確認しておかないとなりません。

まれに、それを確認しないでつけてしまう方もいるものですが、それを確認しないで付けていくと、液晶テレビの落下事故につながりかねません。

それはホッチキスで液晶テレビをつける際にまず避けないといけないものですから、そうならないようにしっかりと耐えることが出来る重さについては確認しておきましょう。

あまり大きいテレビだと厳しいことも多い

あまり大きい液晶テレビを使用している場合、壁掛けが厳しくなることも出てくるでしょう。

基本的には大きい液晶テレビであればあるほどに重たいと言えますから、そういう大きな液晶テレビを使用していたら、重さに耐えられない事も出てくるのです。

その際には、テレビを買い替えるか、あるいは壁掛けをあきらめるかしないとなりません。

まとめ

液晶テレビは、賃貸であってもホッチキスを利用すれば問題なく壁に設置することが出来ます。

でもそれには、落下の注意があったり、あるいは結果お金をとられることになったりするという事などの注意がありますから、その点は頭に入れておかないとなりません。

ですが、賃貸だからとあきらめる必要はないと言えるでしょう。

トライしてみるだけしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ