おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

身近なものをデザインしたい!文房具デザイナーを目指すならデザイン専門学校がおすすめ

   

自分の身の回りを見てみると、家具や食器や洋服などデザインなくして形にすることができないものばかりです。

中でも文房具は日常に欠かせないアイテムのひとつで、子供からお年寄りまで幅広い層の方に使用されています。

文房具という身近なアイテムのデザイナーを目指すには、どのようなデザイン専門学校を選べば良いのでしょうか。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

文房具デザイナーにはどんなスキルが必要なのか

文房具は使いやすさを第一に制作されることが多いアイテムですが、商品の人気がデザインに左右されることが多いため機能性とデザイン性の両方を考えた上で商品化されます。

様々な方向からデザインについて考える必要がある文房具デザイナーには、どんなスキルが必要なのでしょうか。

これまでにない文房具を作り出す発想力

文房具は膨大な種類のアイテムがあるので、新しい商品を作ろうとする時にプロのデザイナーの方はアイディア出しに頭を悩ませてしまうことがあるかもしれません。

便利さを形にしたり新鮮なデザインを取り入れたりするなど、これまでにない文房具を作り出すための発想力が必要となります。

文房具のデザイン画を描くスキル

せっかく良いアイディアが頭に浮んでいても、アイディアを絵にするスキルがなければ製作の基本となるデザイン画を描くことができません。

文房具デザイナーを目指したい場合には、精密なデザイン画を描くスキルが必要となります。

デッサンなど物の形を捉えるレッスンを経て、段階に応じてアイディアを形にするためのデザイン画製作のレッスンを積み重ねていけば、少しずつアイディアを形にすることが可能となるでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

文房具デザインを学ぶ時のデザイン専門学校の選び方

文房具デザイナーを目指したい時にはプロに必要なスキルを身につけることが大切ですが、デザイン専門学校では必要なスキルを一通り身につけることができるのでおすすめです。

デザイン専門学校が数多くある中で、文房具デザインについて学べる学校を選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

プロダクトデザイン科のあるデザイン専門学校を選ぶ

デザイン専門学校とひとことで言っても様々な分野があるので、文房具デザインについて学べる専門学校を選ぶことが大切です。

文房具などの雑貨のデザインはプロダクトデザインというジャンルに当てはまりますが、プロダクトデザイン科のあるデザイン専門学校を選ぶことで物作りの基礎から応用までを身につけることができるでしょう。

文房具デザイン分野で活躍中の卒業生がいる学校を選ぶ

文房具のデザインや製作過程について学びたい時には、文房具デザインの分野で活躍中の多くの卒業生を輩出しているデザイン専門学校を選ぶことをおすすめします。

必要なスキルを身につけることができると同時に、就職するためのサポート体制が築かれているからこそ多くの卒業生がプロの現場で活躍できているので夢を具体的に形にできる可能性が高いです。

在学中にプロの現場での仕事を経験できる学校を選ぶ

学生として課題作品に取り組むのとプロの現場で実際に商品化のプロセスを体験するのでは、内容の濃さに違いがあります。

在学中にプロの現場で文房具を製作する体験ができるデザイン専門学校なら、就職してプロとして仕事をすることがどういうことなのか体験から学ぶことができます。

学生のうちにプロの仕事を経験しておけば、いざ就職した時に落ち着いて仕事に取り組むことができるでしょう。

専門学校卒業後にすぐにフリーランスになれるか

デザイン専門学校で文房具デザインの基礎から応用までをしっかり学ぶことで、プロとして活動するためのスキルを身につけることができます。

デザイン専門学校卒業後に会社に就職したい方もいれば、すぐにフリーランスとして活動したい方もいるかもしれません。

果たして専門学校卒業後に、すぐにフリーランスのデザイナーになることはできるのでしょうか。

会社で実績を積んでからフリーになるのが望ましい

文房具デザイナーを目指す方の中には、自分のペースで自由に文房具デザインを手掛けるフリーランスに憧れる方がいるかもしれません。

会社の制約を受けることなく自由に仕事をすることはできるかもしれませんが、実績がない状態では安定的な仕事の依頼が望めない可能性が高いので収入が安定しません。

フリーランスを目指すにしても、会社で実績を積んでおいた方が経験をもとにしたスキルが磨かれていくので、独立後に幅広い仕事の依頼を受けることができます。

コンテスト受賞で仕事の直接依頼が来る可能性がある

文房具デザインのコンテストが行われることがありますが、コンテストで大きな賞を受賞することで文房具デザインの直接依頼が来る可能性があります。

文房具デザイナーとしてのスキルを身につけておけば、商品化の流れがスムーズになるので仕事が進めやすくなるでしょう。

しかし、このような場合でもフリーランスとして仕事をすると収入が安定しない可能性があります。

安定的に仕事をするためにも、文房具デザイナーとして会社に就職して社内の仕事をこなしながら、直接依頼が来た場合には並行してデザインを手掛けるスタイルをとると良いでしょう。

文房具デザイナーになることの魅力

文房具デザイナーは、ユニークな発想を、デザインを通して形にできる無限の可能性を秘めた職種です。

文房具デザイナーになることで、仕事を通して幅広い文房具の製作に携わることになりますが、プロの文房具デザイナーになることにはどのような魅力があるのでしょうか。

自分が手掛けた文房具が全国で販売される

文房具デザイナーになることで、自分がデザインを手掛けたアイテムが全国で販売されるという喜びがあります。

大手の会社に所属することで販売の規模も大きくなるので、手掛けた文房具が話題になればデザイナーとしての知名度が上がる可能性があります。

自分が欲しいと思う文房具を製品化できる

文房具は実用性が高いアイテムなので、こんな文房具が欲しいという自分の希望を仕事を通して形にできる喜びがあります。

使用頻度が高いものなので、自分が手掛けた文房具を製品化すれば仕事の実績を積むことができると同時に自分が欲しいものを手にする夢を実現化することができます。

自分が手掛けた文房具を幅広い層の方に使ってもらえる

自分が欲しいと思うアイテムがあれば、手作りをして自分だけが使用することもできます。

しかし、デザイナーとして仕事を通して文房具を製作すれば自分だけではなく、幅広い層の方に使用してもらえるという大きな喜びがあります。

会ったこともない方が、自分が製作したアイテムを使用しているということに感動を覚えてしまうかもしれません。

世界を視野に入れたデザイン活動が可能となる

文房具は使用感やデザインがすべてなので、言葉の壁を越えて世界中でヒットする可能性を秘めています。

場合によっては有名な文房具メーカーとのコラボなど、無限の可能性を秘めた分野なのでやりがいを持って仕事をすることができるでしょう。

世界中でヒットするアイテムを作り出せばデザイナーとしての注目度も高くなり、より大きな仕事の依頼に繋がる可能性があります。

まとめ

文房具デザイナーという職種は、自分が欲しいと思うアイテムを作り出したり、自分が手掛けたアイテムを多くの方が使用したりするなどいくつもの魅力を秘めた仕事です。

プロダクトデザイン科があるデザイン専門学校は、商品の企画やデザイン、製作までプロに必要なスキルを身につけるのに最適です。

就職サポートが充実している専門学校を選ぶことで、文房具デザイナーとして活躍する夢に近づくことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ