おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

転倒対策してる?液晶テレビの転倒を防止するための策あれこれ

   

液晶テレビは、比較的に安定しているものだと言えます。

だから、別段転倒対策などをしていない方も多いでしょう。

もちろん普通に生活していたらそれは必要ないかもしれませんが、では地震が起こったらどうでしょうか?

地震が起これば、液晶テレビだって転倒してしまう可能性は高くなります。

だからその時の為に対策をしておくべきなのです。

そこでここでは、その転倒防止対策について紹介します。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

なぜ転倒防止対策が必要なのか

まずそもそも、なぜ液晶テレビに転倒防止対策が必要なのかというところから見ていきたいと思います。

液晶テレビに転倒防止対策が必要だと言えるのは、地震などが来てそれが倒れてしまうと、二つのものが壊れてしまうからです。

まずはテレビが壊れてしまう

壊れてしまう二つの物のうちまず一つは、テレビになります。

液晶テレビは、決して衝撃に強いものではありません。

だから、倒れてしまうと、その衝撃で壊れてしまう可能性は髙くなるでしょう。

たとえば内部の基盤的なところが壊れてしまったり、或いは液晶が普通に割れてしまったりと、壊れるところもさまざまになります。

ただいずれにしても、倒れてしまうことで壊れてしまうという可能性は高いので、注意が必要です。

フローリングが壊れてしまう

地震などで液晶テレビが倒れてしまった時に壊れてしまうもう一つのものは、フローリングになります。

フローリングは、意外ともろいです。

だから、液晶テレビが倒れてしまうと、その衝撃でがっつりと壊れてしまう可能性は高いでしょう。

大きく削れてしまったりするのです。

ちょっと傷がつくくらいであれば別に問題はありませんが、大きく壊れてしまっていたら、それはやはり大打撃になります。

だからそうならないように、液晶テレビはしっかりと固定しておく必要があるのです。

ぶつかって倒してしまう事もある

液晶テレビが倒れてしまうのは、何も地震のせいだけではありません。

ぶつかって倒してしまう可能性もあるでしょう。

たとえば、小さなお子さんがいる場合には、その小さなお子さんがぶつかる可能性も高いです。

自分であれば、どこに何があるかはしっかりと把握しているでしょうし、そもそも家の中でそんなに動き回る事もないでしょう。

しかし小さいお子さんの場合は話が別です。

小さいお子さんの場合は動き回ることも多いので、うっかり液晶テレビにぶつかり、そしてそれを倒してしまう事も出てくるでしょう。

そうなったらそれでも液晶テレビが倒れてしまうこともありますし、そしてそれで倒れたとしたら、お子さんも危険になります。

なので小さいお子さんがいる場合にはますます、液晶テレビの転倒対策はしておかないとならないと言えます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

テレビボードを限りなく低くする

液晶テレビの転倒対策としてまず挙げられるのは、テレビボードを限りなく低くするというような転倒対策です。

確かにテレビボードを限りなく低くするだけでは、液晶テレビが転倒する可能性を低くしていくことは出来ないでしょう。

しかし、そうしてテレビボードを限りなく低くしていく事によって、もし液晶テレビが転倒したとしても、フローリングが傷つく可能性を少なくすることが出来ますし、液晶テレビにかかる負担もかなり減らすことが出来るのです。

転倒対策には、そういうやり方もあると言えます。

固定するだけでは外れてしまう可能性もある

確かに固定するようなやり方も効果的です。

でも、固定するような転倒対策は、決して完璧とは言えません。

それが外れないとは限りませんから。

それは確かに、固定したばかりの時には外れないでしょう。

でも、固定して2年くらいたったどうでしょうか?

その間の経年劣化で、いざ地震が来た時にはそれが外れてしまうという事も出てくるでしょう。

それでは固定した意味が無くなってしまいます。

でも、テレビボードを限りなく低くしておくという対策方法であれば、そういう心配もありません。

なのである意味では最善の対策方法だと言えるでしょう。

倒れたらそれなりの衝撃は負う

ただ、だからといって、テレビボードを低くしておくだけで対策は十分かと言われたら、それはやはりそうではないと言えるでしょう。

テレビボードを低くしておくだけでは、実際に倒れた際に多少なりとも衝撃は受けてしまいます。

もちろんその衝撃は、高いところから落ちることに比べたら、限りなく少なくはなりません。

でもその程度の衝撃でも壊れてしまう可能性があるのが、液晶テレビなのです。

だから、固定するというような転倒対策とも、併用していくべきだと言えるでしょう。

固定して倒れ様にしつつ、かつ倒れてもダメージが限りなく少ない。

そういう状態を作るのが理想になります。

ベルトで固定するのがベスト

では、液晶テレビを固定する際には、どのようにして固定していけば良いでしょうか?

その固定には、ベルトを使用するのがベストだと言えるでしょう。

世の中には、液晶テレビをテレビボードに固定するためのベルトというものが売られています。

それを使用していけば、テレビボードとテレビを固定することが出来るようになります。

だからベルトが切れるか、テレビボードに穴が開くか、あるいは液晶テレビの固定部分が折れるかしない限りは、それで固定することが出来るでしょう。

穴をあけて固定する

そのベルトには色々なタイプのものがあるでしょうが、一般的には、まずテレビボードに穴をあけてねじでベルトを固定して、そしてその後にねじでテレビとそのベルトをとめていく事になります。

だから、止め方はかなり強固になっていると言えるでしょう。

ただテレビボードとテレビを固定するだけならば、別に強力な両面テープでもできます。

でもそれはいずれ粘着力が落ちていくものです。

それを考えると、この固定方法は、一番安定度が高い固定方法だと言えるでしょう。

なので、固定する方法としてはこれが一番おすすめになります。

下にクッションを敷くのも一つの転倒対策

テレビボードを低くして、さらにしっかりとベルトでテレビボードと液晶テレビを固定したら、それだけでだいぶ転倒対策としてはレベルが高いと言えるでしょう。

でも、さらにレベルを高める方法があります。

それが、下にクッションを敷くという方法です。

たとえベルトに何らかのトラブルが起きてベルトが切れてしまい、その結果液晶テレビが倒れてしまう事になっても、下が多少なりとも柔らかければ、少なくともテレビとフローリングの両方が壊れてしまうという事態は防ぐことが出来るようになるでしょう。

だから、テレビボードに下には柔らかめのラグなどを敷いておくのがおすすめです。

それだけでもダメージは軽減出来る

下が固いから、液晶テレビが転倒した際のダメージが大きくなるのであって、下が柔らかかければ、多少そのダメージはマシになるものです。

また、液晶テレビも、固いところに落ちなければ、その衝撃度は限りなく低くなります。

だから、倒れても壊れない可能性は高くなります。

見た目的にはやや不自然になるかもしれませんが、上手く工夫してラグなどを挟んでいってください。

まとめ

液晶テレビが転倒してしまうというシーンは、意外と訪れるものです。

でも別にそれに対策をする事も決して難しくはないと言えます。

だから是非これらの事を参考にして、しっかりと転倒対策をしていってください。

液晶テレビは決して安い買い物ではありません。

だから、壊れてしまい買い替えることになったら、それはすごく打撃になりますから。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ