おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

適切な位置はどこ?液晶テレビを配置するならばどこがおすすめ?

   

液晶テレビを配置する位置というのは、実に重要な問題になります。

ただしい位置に配置することができれば、その分だけテレビは見やすくなるでしょうが、配置する位置を間違えるとそれによってテレビはすごく見づらくなります。

となるとやはり、生活も味気なくなるでしょう。

そこでここでは、液晶テレビを配置する適切な位置について紹介していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

窓際はおすすめしない

まず、ここに液晶テレビを配置するのはおすすめしないという位置から紹介して行きたいと思います。

ここに液晶テレビを配置するのはおすすめしないという位置としてあげられるのはやはり、窓際になります。

窓際に液晶テレビを配置すると、あるタイミングでは強い逆行を浴びることになります。

そのタイミングがいつになるかというのは、その部屋がどちらの方角を向いているのかと言うことによって変わってはきますが、基本的には何処かのタイミングでは逆光になってしまうでしょう。

そうしてどこかのタイミングで逆光になってしまうと、当然ながらその分だけ見づらくなります。

逆光はまぶして見づらい

逆光の状態では、テレビを見るのをまぶしく感じてしまいます。

もちろんその時間にほとんどテレビを見ないというのであれば、そうしてテレビが見づらくなっても問題はないかもしれませんが、それでも基本的には見づらくなる瞬間がないところに置いた方が、テレビは活かしやすいと言えるでしょう。

なので、逆光になる位置に液晶テレビを配置することはおすすめできないと言えます。

窓際は故障の可能性もある

また窓際に液晶テレビを配置するのがおすすめできない理由としては、窓際は故障の可能性もあるからと言う事もあります。

窓際に液晶テレビを置くと、その液晶テレビは、直射日光を浴びることも出てくるでしょう。

もちろんそれは窓によって遮られてはいるでしょうが、たとえそれが窓によって遮られていたとしても、直射日光である事には変わりはありません。

直射日光を浴びてしまうと、それによって液晶テレビが熱を持ち、故障しやすくなってしまうと言えるでしょう。

そうして故障してしまったら、すごく勿体ないです。

なので、やはり窓際に液晶テレビを置くのはおすすめできないと言えるのです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

窓と対面する位置もあまりおすすめしない

では、逆に窓と対面する位置に液晶テレビを配置するのはどうでしょうか?

窓と対面する位置に液晶テレビを配置すると、太陽の光が画面に向けて飛んでくることになるでしょう。

そうすると、光が反射して画面が見づらくなります。

また、光がそうして画面にあたるということには、画面が暗く見えるという特徴もあります。

画面が暗く見えてしまうと、その分見づらくなりますから、窓と対面する位置に液晶テレビを置くというのは、色々な意味で画面を見づらくしてしまうと言えるのです。

なので、窓と対面する位置に液晶テレビを置くのも、おすすめできません。

自分自身も暑くなりがち

また、窓と対面する位置に液晶テレビを置くとなると、自分がいる位置は主に窓際になるでしょう。

それも、液晶テレビを窓と対面する位置に置くことをおすすめしない理由の一つになります。

自分が窓際に座る事になると、太陽光をたくさん身体に浴びることになるでしょう。

冬場であればそれは多少あたたかく感じられて良いかもしれませんが、やはり夏場はすごく不快になるでしょう。

なので、それはあまりおすすめできないのです。

景色なども楽しめない

さらに、液晶テレビを窓と対面する位置に置くのがダメな理由は、まだあります。

それが、景色も楽しめないということです。

これがたとえば、液晶テレビを窓際に配置していたとしましょう。

液晶テレビを窓際に配置していると、確かにテレビは多少見づらくはなりますが、それでもテレビを見ながら景色を楽しむことが出来るようになります。

しかし窓と対面する位置に置くと、テレビを見ながら見えるのは部屋の中だけになります。

部屋の中しか見えないとなると、テレビしか見る物がなくなり、リラックス感はそがれてしまうでしょう。

なので、それもあまりおすすめできません。

窓の近くの横の壁際が正解

では、実際に液晶テレビを置く位置として適しているのは、どこになるのでしょうか?

液晶テレビを置く位置として適していると言えるのは、窓の近くの壁際だと言えるでしょう。

窓際だと、逆光になるタイミングがあり、液晶テレビを見づらくなることもでてきますし、窓と対面する位置に置くと、それはそれで画面が暗くなったりして見づらくなります。

では、壁際だとどうでしょうか?

壁際であれば、テレビが光で見えづらくなるということはまずありません。

光が液晶テレビの画面にダイレクトにあたることはそうそうないでしょうから。

また、窓の近くの壁際であれば、テレビを見ながら多少外も見ることが出来るでしょう。

なので、殺風景でもありません。

だから、一番バランスが良い配置だと言えるのが、ここなのです。

インテリアとしての印象も良い

窓の近くの壁際というのは、基本的には部屋に入った際に直ぐに目に付く場所である事が多いでしょう。

基本的はドアから窓は一直線でしょうから、そうなるものなのです。

そうして、部屋に入った時に直ぐに目につくのが液晶テレビだというのも、この位置に液晶テレビをおくのが適切だと言える理由になります。

液晶テレビは家具の中では、一番すっきりしているものだからです。

たとえばそこにソファがあると、やはりそのソファの存在感がすごく気になるので、センスを問われます。

それはそこにダイニングテーブルなどがあっても同じです。

でも液晶テレビの場合は、だいたいデザイン的にすっきりしていますから、すっきり見えるのです。

そして大体どんな液晶テレビも、シックで素敵なデザインですから、パッと見でセンスがよく見えます。

そういうこともあるので、そこに液晶テレビを配置するのがおすすめになるのです。

壁から離して斜めにするのもおすすめ

液晶テレビの配置としては、基本的には窓の近くの壁際が良いと言えるのですが、壁から離して、やや角度を斜めにするのもおすすめになります。

壁から離してテレビの角度を斜めにしていくと、その分部屋に立体感が出てきます。

おしゃれな部屋に見せる為に大切なのは、立体感です。

たとえば、部屋に家具を並べる際、ついついほとんどの家具を壁際に配置してしまうものです。

でも、壁際にほとんどの家具を配置していくと、そのせいで全体がペタッとしてしまい、どうにも殺風景になってしまいます。

ミニマルでオシャレなのと、ただただ殺風景なのは違いますから、こうしてテレビを斜めに配置したりして、立体感を出してあげることはすごく効果的だと言えるでしょう。

どこからでも見やすくもなる

またそうして液晶テレビを斜めにしてあげることには、どこからでもテレビが見やすくなるというポイントもあります。

確かに斜めにすることで、多少太陽の光が当たるようにはなりますが、それでも斜めに入ってくるので、そのせいでそこまで見えづらくなることもありません。

どこからでも見やすくなれば、テレビを見る時間も増えるのではないでしょうか?

まとめ

液晶テレビを配置する位置としておすすめなのは、窓の近くの、つまり窓に対して直角となる位置の壁際か、あるいはその壁際からあえて斜めにして配置するということになります。

もちろんこれ以外にも、部屋のインテリアとのバランスを考えたらここが良いというところもあるでしょう。

しかし、液晶テレビから配置していくのであれば、ここがおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ