おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

選び方のポイントは?声優養成所があっている人と専門学校があっている人

   

声優を目指すための方法は、いろいろなものがあります。

専門学校にいくというのも一つの方法ですし、養成所に行くというのも一つの方法です。

そしてさらに、そういうものを使わないでいきなりオーディションを受けるとか、劇団に入るとかいうのも一つのやり方にはなります。

でも一番多いのはやっぱり専門学校と養成所。

ではその二つのうち、自分に合っているものはどっちになるんでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門学校があっているのは多少なりとも保険を掛けたい人

声優には、専門学校に行っても、あるいは養成所に行っても、なることができない可能性は全然あります。

それはもちろん他の方法で声優を目指すとしてもそうなんです。

基本的には声優になれる可能性は高くはありません。

だから、最悪のことを考えておくことはすごく大切なんです。

その最悪のことを考えるのであれば、専門学校があっています。

なぜなら、専門学校の場合には最悪専門学校卒という学歴が手に入るからです。

養成所では学歴は手に入らない

専門学校ではそうして学歴が手に入るのに対して、養成所ではそうした学歴では手に入りません。

養成所は決して、学校ではないからです。

いうなれば、予備校のようなものです。

声優になるための予備校なのですから、そこを出て声優になれないとなると、何も残らないんです。

その差は、声優になれなかった時にはすごく大きな差になります。

学歴がないと受けられない会社もたくさんある

もし声優になれなかったとしたら、なんとかして一般職に就職していくしかありません。

でも、そうして一般職の募集のある一般企業を受ける際には、学歴が必要になることがあるんです。

高卒以上であれば受けられるところも多いですけど、専門学校卒以上でないと受けられないというところもまだまだたくさんあります。

だから、そもそもの受けられる数が違ってきてしまうんです。

そうして受けられる数が違ってくるということは、採用される可能性も変わってくるということになります。

たくさん受けることができた方が、採用されやすいに決まっています。

ましてや声優を目指していたというのは、ちょっと特殊で、その分だけ一般職にすんなり採用されない可能性も高いわけですから、可能性は少しでも高いほうが良いと思う方は多いでしょう。

そういう方には、養成所ではなく専門学校の方が向いていることになります。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

基礎ができていない人には専門学校

声優養成所は、基礎ができている人向けのものになります。

その証拠に、声優養成所に入る前にはオーディションがあるんです。

それに受からないと、声優養成所に入ることはできません。

それに対して声優専門学校は、誰でも入れます。

声優専門学校でも、実技試験があることはあります。

でもそれの出来が悪いからといって、それで落とされることはそうそうありません。

基本的には誰でも入れるのが専門学校なんです。

よほど面接時の態度が最悪だったとかいうことでもない限りそうそう落ちることはありません。

ということはつまり、声優専門学校には、初心者の人がすごくたくさんいるということになります。

だから、基礎から授業をしていくのは当然です。

もし基礎ができていないのであれば、それを学んだ方がスムーズに話は進んでいくことが多くなります。

だから基礎ができていない人には、専門学校がおすすめできます。

自分で基礎を学んで養成所を受けてみるのはあり

ただ別に、今現時点で基礎ができていないとしても、自分で何とかして基礎を学んで、それを武器にして養成所のオーディションを受けてみるのはありです。

もしそれで受かることが出来たら、より高いレベルのレッスンを早いうちから受けることができるようになりますから。

専門学校は基礎から学んでいくわけですから、当然その分レッスンのレベルも抑えがちになります。

ということはやっぱり最終的なレベルも、専門学校の方が高めづらくなるんです。

その差がありますから、基礎は自分で高めてしまうというのも、一つの方法としておすすめできるんです。

養成所があっているのは厳しさに耐えられる人

養成所は、専門学校と比べるとぐっと厳しくなります。

専門学校では、普通に授業を受けていればそこまで嫌なことを言われることはありません。

もちろんあまりにひどい態度で授業を受けていれば叱責されることもありますが、そんな人はそうそういませんよね。

自分で選んできているわけですから。

だから専門学校でぼろくそに言われることはまずありません。

しかし、養成所の場合は話が別です。

養成所は、よりスキルを高めさせようとする意識が高いところになります。

いうなれば、サッカーのユースチームのようなものです。

ユースチームは、Jリーグの下部組織になり、そこからそのままプロになる人も毎年何人か出てきます。

つまり、戦力になるプロを育てるためのところなのです。

だから厳しくなるのは当然。

それは、声優の世界でも同じです。

でも、中にはその厳しさに耐えられない人もいるでしょう。

だから養成所にあっているのは、その厳しさに耐えることができる人になります。

ある程度のスキルがあればぼろくそにも言われづらい

どんな人がぼろくそに言われてしまうのかというと、それはやっぱりスキルが足りない人ですよね。

どれだけ言ってもスキルが高まらない人がいたとしたら、それはやっぱりプロを育てる機関としては厳しくなってしまうのも仕方ありません。

なので、そもそもスキルが高い人がいれば、嫌なことを言われない可能性も高くなります。

誰かに何かを厳しく言われるのが嫌な人は、スキルを高めてから養成所に行くのがおすすめです。

お金の余裕がない人も養成所があっている

声優の専門学校をでても、そのまま声優になれることはあまりありません。

だから結局、専門学校を出ても養成所に行くことになる人が多いんです。

もちろん、そのまま声優になれる人もまれにいますが、その可能性は高くはありません。

ということはつまり、大体の場合で、専門学校の学費と養成所の学費がかかるということになります。

専門学校の学費は大体2年間で200万円くらいはかかってきます。

養成所の学費はだいたい1年間で50万から60万円くらいであることが多い。

それが2年としたらだいたい100万円前後ですね。

となると、合計で300万円以上かかってくるんです。

それだけのお金を用意することが難しい人もいますよね。

でも、養成所だけであればなんとかなることもあります。

だから、お金の余裕がない人には養成所が合っているんです。

養成所は毎日行くわけではない

お金の余裕がない人には養成所がおすすめだというのは、養成所は専門学校から通うこまが少ないからでもあります。

基本的にはそれは毎日行くわけではないんです。

だから、空いた時間でアルバイトをすることができます。

その分学費の足しにできるんです。

専門学校ではそれをしてもたかが知れていますが、養成所であれば少なくとも月に10万円以上くらいは稼げることが多い。

だからその分、金銭的には余裕を持って通えることが多いです。

まとめ

このように、養成所の方があっている人もいれば、専門学校の方があっている人もいます。

どっちが自分に合っているのか、一度よく考えてみてください。

あっていないほうを選んだら声優になれないのかというと、そんなことはありませんが、少なくとも効率的ではなくなることは間違いありませんし、大変になることも多いですから。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校