おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

都心でイラストの技術を学べる東京マルチメディア専門学校!

      2017/09/08

西武新宿線『西武新宿駅』北口から歩いて5分の所に『東京マルチメディア専門学校』があります。

この専門学校では、イラストの技術を学べるだけでなく、楽しいキャンパスライフを送る事が出来ます。

都心でイラストの技術を学べる専門学校を探している方であれば、この学校について詳しく知りたい方は多いでしょう。

そのような方のために、この学校にはどのような特色があるのか詳しく紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

東京マルチメディア専門学校の設備

東京マルチメディア専門学校は、設備が充実しており、デッサン室・デザイン実習室・学生作品展示コーナー・休憩ラウンジなどがあります。

この4つの設備では、どのような事が行えるのか詳しく紹介しましょう。

デッサン室

デッサン室では、学生たちが画力を高めるためにデッサンの基礎技術を身に付けています。

デッサンは1日や2日で身に付くものではなく設備が整った場所で、何日もデッサンを繰り返さなければ画力は身に付きません。

なぜなら、設備が整っていなければ外から照らされる光が石膏像に上手く当たらなかったり、生徒一人一人がデッサンをする事が出来るスペースが足りなくなったりするからです。

そのため、設備が整ったデッサン室がある専門学校で学ぶ事は重要なのです。

デザイン実習室

デザイン実習室は、デザイン系のクラス専用の実習室になります。

この実習室には業界で活躍している卒業生の作品も展示されているので、画力を高めるのに良い見本になるはずです。

もしも、スキルアップ出来ない時には、展示されている卒業生の作品を見れば挫折をしないで作品制作に没頭出来るでしょう。

学生作品展示コーナー

東京マルチメディア専門学校には、学生作品展示コーナーがあって、ここでは学生たちの作品が期間を問わず展示されています。

卒業生の作品と違うのは、在学中は共にライバルとして切磋琢磨し合う学生たちの作品なので、お互いに良い刺激を与える事が出来る所です。

そして、他の生徒の作品を見る事によって、自分自身の画力がどの程度のものか把握する事も出来ます。

休憩ラウンジ

毎日デッサンやイラストばかり描いていれば、疲れる事もあるでしょう。

そのような疲れをためないためにも、東京マルチメディア専門学校では休憩ラウンジが用意されています。

授業に疲れた時には、この休憩ラウンジで学生同士で談笑しながら休憩をすればリラックスをする事が出来るでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

東京マルチメディア専門学校の2つの学科

東京マルチメディア専門学校には、イラストの技術が学べる『ゲームクリエイター科』と『ビジュアルデザイン科』があります。

この2つの学科では、どのような授業が行われているのか詳しく紹介します。

ゲームクリエイター科

ゲームクリエイター科では、ゲーム業界で活躍出来る人材を育成しており、ゲームを作りながら学ぶ事が出来るカリキュラムが用意されています。

1年次にはゲーム企画・シナリオライティング・キャラクターデザインなどを学びながら、CG制作を行っていきます。

2年次ではプログラムを学習しながら、ゲーム作品を完成させていきます。

カリキュラムの内容を知れば、イラスト以外でも学ぶものがあるのかと不満に思う方はいるかもしれません。

しかしゲーム業界で活躍出来る技術を身に付けるためには、キャラクターの描き方だけでなく、ゲームプログラムやシナリオなど総合的に学ぶ必要もあるでしょう。

そのため、イラストだけを学びたい方には注意する必要があります。

ビジュアルデザイン科

イラストだけを制作したい方におすすめしたいのが『ビジュアルデザイン科』です。

この学科はマンガ・イラスト・キャラクターデザインの3つを集中的に学んでいくので、イラストの制作以外に学ぶ必要はありません。

用意されているカリキュラムでは、総合基礎実習・分野別基礎実習・分野別応用・実践実習・卒業制作などがあります。

このカリキュラムを学んでいけば、以前より画力が高くなる事が可能です。

ビジュアルデザイン科のクラスには、生徒一人一人に専用の机が用意されているので、気持ちよく授業を受ける事が出来ます。

さらに少人数制で授業が行われているので、講師は生徒一人一人をしっかりと指導してくれます。

そのためイラスト制作で、思うようにスキルアップ出来ない場合には、積極的に講師へ相談してみるのも良いでしょう。

東京マルチメディア専門学校のキャンパスライフ

東京マルチメディア専門学校では、イラストの技術を教えるだけでなく快適なキャナンパスライフを送れるように、様々なイベントが行われているので詳しく紹介します。

健康診断

東京マルチメディア専門学校では、健康診断が行われており、生徒一人一人が健康な状態でイラスト制作に励む事が出来ます。

イラストやアニメを制作するのはセンスや技術があれば良いと思っている方はいるかもしれませんが、実は体力も重要なのです。

なぜなら、業界では決められた納期でクライアントに納得してもらえる作品を完成させなければいけないので、そのような決められた期間で作品を制作するには健康的な体でなければ難しいからです。

夏休み

東京マルチメディア専門学校には夏休みがあるので、この期間を利用して、イラストやアニメのイベントに参加をする事が出来ます。

日本では様々な所で、イラストやアニメのイベントが行われているので、そのイベントまで足を運べば作品制作をする上で良い見本になるはずです。

そして夏休みに息抜きをしておけば、夏休みが終わってから、東京マルチメディア専門学校の授業に集中出来るようになるでしょう。

レクレーション

夏休み以外で、東京マルチメディア専門学校で息抜きが出来るイベントとしてレクレーションがあります。

このイベントでは、息抜きをしながら様々な生徒と交流をする良い機会なので、好きなイラストやアニメの話をする事も出来ます。

積極的に他の生徒と交流をすれば、作品制作をする上で良い刺激になるはずです。

作品発表会

東京マルチメディア専門学校では、作品発表会が行われているので、今まで作成していた作品を他の生徒たちに見せる事が出来ます。

自分が作成した作品はまだ他の生徒に見せたくないと思ってしまう方もいるかもしれませんが、プロを目指す以上は多くの方に見せられる作品を作る必要があります。

そのため、作品発表会で多くの方に作品を見せる勇気を持つ事は重要です。

就職活動をバックアップ

東京マルチメディア専門学校は、今まで指導してきた生徒が業界で活躍出来るように、就職活動をバックアップしてくれます。

それでは、どのような形でバックアップしてくれるのか詳しく説明しましょう。

担任制でサポート

クラス担任が生徒一人一人をしっかりと就職を指導してくれるので、就職活動をするのが不安な方でも、安心して就職活動を行う事が出来ます。

クラス担任は、生徒の希望を聞いてくれた上でアドバイスをしてくれるので、サポートされている時は希望する条件に合った企業を選ぶ事が出来ます。

参加しやすい説明会

企業説明会と言えば、希望する企業まで足を運ぶイメージがありますが、この専門学校では校内まで企業の採用担当者が足を運んで説明会を行ってくれます。

そのため、企業説明会に参加しやすいので、数多くの企業を知る事が出来ます。

企業の採用担当者は、企業説明会に参加してくれた方をしっかりと覚えている方が多いので、企業説明会に参加していれば就職活動を有利に進める事が可能です。

キャリアガイダンス

キャリアガイダンスでは、企業の採用担当者だけでなく社長の話を聞く事も出来るので、業界の情勢や企業の情報などを詳しく知る事が出来ます。

さらに外部講師がマナー講座やメイクアップ講座などを開いてくれるので、就職活動をする上で必要な情報を知る事が出来るので、就職活動を有利に進めたい方には参加するメリットは大きいでしょう。

まとめ

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ