おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

長く意味はなに?3年制のイラスト専門学校に行くメリットとは?

      2017/09/08

673943

イラストの専門学校には、1年制のものもあれば3年制もあります。

別に、必ずしもすべての専門学校が2年制でないとならないということはありませんから、そういう学校があるのも当然です。

でも、あえて3年制の専門学校に行くメリットはどこにあるのでしょうか?

ここでは、そんな3年制の専門学校のメリットについて紹介していきます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

じっくり技術が学べる

3年制のイラストの専門学校の一番のメリットは、まず間違いなくじっくりと技術が学べるところにあるでしょう。

もちろん2年制の専門学校でもイラストの技術は学べますが、3年制の専門学校ではさらにもう一年学ぶことが出来るのです。

2年程度ではだいたいのところで基礎しか学ぶことは出来ないでしょう。

もちろん基礎ができていれば、ある程度現場で通じることはあるかもしれないので、それでも問題はないかもしれません。

でも、プロの現場で自信を失うことになる可能性は高いと言えます。

そんな中、もしもう一年イラストを学ぶ時間があったらどうでしょうか?

より高い技術が身につく可能性は極めて高くなります。

みっちり基礎を学んだ分、残りの一年で応用の仕方を学んでいけるわけですから、プロの現場でも自信をもって作業が出来るようになるでしょう。

あまりイラストに自信がない人こそ、3年制の専門学校がおすすめです。

もちろんそれでも即戦力なわけではない

イラストの世界は奥が深いです。

だから、たとえ3年制の専門学校を出たからといって、それですぐに即戦力になるということはまずないでしょう。

ある程度プロとしてやっていける応用力はみにつき、自信を持って作業は出来るかもしれませんが、まだまだ教わることばかりであることは確実です。

なので、自信が慢心になるのは良くありません。

3年制の専門学校を出ているのだから、問題なくやっていけるだろうと思って努力を怠ると、結果的に仕事についていけなくなり、自信を失うことになる可能性も高いので、その点は注意しないとならないでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

1年余計に時間が持てる

3年制の専門学校のメリットは、1年間余計に時間が持てるという事になります。

一般的な専門学校は2年なので、だいたい2年で自分の進路をしっかりと決めていかないとなりません。

でも、大学生であれば4年かけて見つけていく自分の進路を、2年で決めていかないとならないというのはすごく大変なことです。

周りに流されて焦って就活をしてしまい、後で後悔をすることになる可能性もあるでしょう。

しかし、3年制の専門学校だったらどうでしょうか?

3年制の専門学校だったら、2年制の専門学校と比べて1年間余計に学校に通う時間があるので、その1年分まるまる自分がどういう進路に進んでいきたいのかを考える時間に充てることが出来るのです。

もちろんその間に授業や課題もあるので、いっぱいいっぱいであることに変わりはないですが、それでも1年間時間が増えれば、少なくとも焦って決断をするということはなくなるでしょう。

他の勉強をすることもできる

もし1年間の時間が増えれば、他の事を勉強することだってできます。

イラストの専門学校でやっていけば、自分がイラストでやっていけそうか無理そうかは判断することが出来るでしょう。

もし無理そうだと思ったとき、2年制の専門学校の場合は、そこから他の事を勉強する時間はあまりないでしょう。

でも3年制であれば、2年制に比べて1年間余計に時間があるわけですから、その1年間でイラストの勉強はそこそこにしながら、たとえばワードやエクセルなどの事務的なパソコンスキルの勉強をしたりすることが出来るのです。

そうしたら、その事務的なスキルを活かして一般的な企業の事務の仕事への就職なども狙えるようになるでしょう。

そういうことにも使えるので、専門学校へ行く時間が1年増えるというのは、意外と大きなメリットなのです。

当然遊ぶ時間にも使える

それは、当然遊ぶ時間にも使う事ができます。

あまりおすすめはしませんが、周りの人とたくさん遊ぶことが出来るのは若いうちだけであることは間違いありません。

だんだん周りの友達が大人になってくると、自由に使える時間はドンドン減っていきます。

だから、海外旅行などは全然いけなくなるでしょう。

しかし学生であれば、お金さえなんとかなれば時間はどうにでもなります。

1年時間が増えれば、1年しっかりと遊ぶことも出来るのです。

それは、一生の思い出を作ることにもなるでしょう。

その時間の使い方が有意義かどうかは人によりけりのところがあるでしょうが。

よりコネクションが出来る

イラストの専門学校では、コネクション作りもすごく大切になります。

たとえばそこに一緒に通っている生徒としっかりコネクションを作っておけば、いつかその中の誰かが独立した時に、仕事を回してもらえるようになる可能性があります。

イラストの仕事は決して数多くありませんから、そういうところからでも仕事を貰えるように頑張らないとなりません。

でも、2年制の専門学校では、そこまでしっかりと人間関係を築けないでしょう。

高校や中学だって、3年生になってようやく仲良くなったという友達もたくさんいることでしょう。

人間関係を傷つくのは簡単ではないのです。

ましてや専門学校のコネクションでは、イラストのレベルをアピールする必要もあるので、より大変です。

だから、時間的には3年くらいは必要になるでしょう。

スケジュールがそこまでハードではない

3年制の専門学校のメリットとして、スケジュールがそこまでハードではないということも言えます。

当然とは言えば当然の話です。

1年制では1年間でプロとしてギリギリやっていけるレベルの人を排出しないとならないわけですが、3年制の場合は3年あるわけですから、ある程度スケジュールをゆるくしても問題ありません。

だから、そのあいた時間を色々なことに使えます。

自分でイラストのレベルを上げるために自習をするのもよしですし、少しでも学費を貯める為にアルバイトをするのもアリでしょう。

一般的な専門学校では忙しくてアルバイトができないことがありますが、こうしてスケジュールが空けばそれも可能なのです。

イラストの仕事をするのもあり

ある程度時間があるのですから、その時間を使ってイラストの仕事をするのもアリだと言えるでしょう。

イラストの仕事とはつまり、フリーランスでのイラストの仕事です。

今の時代、ある程度イラストがかければネットでイラストの仕事を勝ち取ることも出来ます。

最初のうちはあまりそうした仕事も受けられないかもしれませんが、3年間トライし続ければ少しは実績も詰めるでしょう。

そこで実績がつめれば、そこを卒業するころにはそれが就職の為の武器になります。

イラストのレベルが高く、かつ、プロとして仕事をしたことがある人がいれば、ただイラストのレベルが高いだけの人よりそちらの人を採用したくなるのは当然です。

それだけプロとしての責任感にも期待が持てるわけなのですから。

まとめ

3年制のイラストの専門学校のメリットは、時間があることと技術的なこと、そして関係性がきずつけるというところにあると言えるでしょう。

もちろんその分就職が遅くなるなどのデメリットはありますが、それでもこれらのメリットが魅力的であることは間違いありません。

是非2年制、1年制に加えて、3年制の専門学校も視野に入れてみて下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ