おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

長く通うべき?一年制のアニメ専門学校でも通う意味はある?

   

専門学校の中には、一年制と言う短い期間しか通わないような専門学校もあるものです。

でもやはり一年で何かを専門的に学ぶというのは、時間的制約が厳しくなります。

アニメの場合は特に学ぶのに時間が掛かりそうですから、あまり意味はなさそうにおもえることもあるでしょう。

では実際、一年制のアニメ専門学校でも、通う意味はあるのでしょうか?

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

一年制の学校はほとんどない

まず一つ言えるのは、アニメ専門学校の多くは、2年から3年制だということです。

つまり、他の専門学校のように、一年制の専門学校が多くはないのです。

もちろん探せば、中には一年制のアニメ専門学校もあるかもしれません。

でもたとえば、専門学校として名前の知れているようなところは大体、アニメコースは2年制とか3年制なのです。

中には4年制というようなところもあります。

それは暗に、一年制ではアニメ専門学校として成り立たないということを示しています。

学ぶことが多すぎる

基本的には専門学校は学ぶことが多いです。

確かに大学でも色々な事を学ぶものです。

でもほとんど大学は、別にその学校で学ぶ知識で、社会にでて即戦力に慣れる人物を育てようとしているわけではありません。

大学でも確かに学部は別れていますが、結局のところある程度は広く浅くになってしまうのです。

しかし専門学校はそうではありません。

専門学校は、卒業したら即戦力として働くことが出来る人材を作ろうとしています。

だから、基礎的な歴史などのことはもちろん、社会にでて使える知識やスキルなどを徹底的に学ばないとなりません。

そうなるとやはり、やる事が多くなるのです。

ものによっては、一年で詰め込んでいけば、一年制でもソレらを全てしっかりとこなすことは出来るでしょう。

だから一年生の専門学校があるのです。

でも、アニメの場合はやはり一年で詰め込むのは難しいのです。

そういうことがあるから、多くの専門学校で、アニメコースは2年制か3年制になっているのです。

つまり、一年制のアニメ専門学校に通っても、中途半端な状態で卒業を迎えてしまう可能性は高いということになります。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

一年制にはメリットもある

では、一年制にはメリットはないのかというと、そんなことはありません。

一年制の専門学校にだって、メリットはあります。

たとえば、一年で社会に出ることが出来るという点です。

もちろんそれは、あくまでも専門学校を卒業した後にきちんと採用されるということが前提です。

一年制ではしっかりと能力を高めることが難しいということは、一年制の専門学校を卒業しても、そのままどこかに採用してもらえるとは限らないということ。

結局アニメの世界は実力主義ですから、実力がないと採用は難しくなります。

それなのに一年しか学んでいないとなると、やはり多くの場合は採用が厳しくなることも出てきます。

しかしもし採用を勝ち取る事が出来れば、まわりよりも早く社会に出ることができます。

現場レベルでスキルを高められる

2年制の専門学校をでていても、3年制でも4年制でも、結局プロのアニメの現場に出れば、足りない事ばかりであることに気が付きます。

それくらいにプロの現場と学生の現場では違いあります。

特にプロの現場では、スピード感をすごく求められます。

学生の現場では、そこまでのスピード感を求められることはありませんが、プロの現場は常に厳しいスケジュールでまわっています。

特にアニメ業界は人材不足なわけですから、そのスケジュールはさらに厳しくなりつつあります。

だから、少しでも早く社会にでて、それに慣れる方が将来的には使える人物になる可能性が高いということもあるのです。

それを考えると、1年ないしは2年程度先に社会にでて、現場レベルを体感できるというのはすごく大きなメリットになります。

もっともついて行けなくてやめてしまうという可能性も0ではありませんが。

誰だって、いつも自分が足を引っ張っているというような環境では、居心地が悪いですし心も折れてしまいがちになりますから。

一年制の場合は努力もより必要に

またもし一年生のアニメ専門学校に行くのであれば、その分努力も必要になります。

たとえば、2年制3年制であれば学べるようなことも、一年制の場合は学んでいる時間がないことがあります。

でもその技術ないしは知識を、プロの現場で使わないとは限りません。

そういう知識や技術は身につけておいた方が良いのです。

でも、それを教えてはくれない。

ではどうすれば良いでしょうか?

その答えは簡単で、学校の勉強とは別に、自主的にそういう知識や技術を身に着けることが出来るように勉強すれば良いのです。

もちろんそれは楽ではありません。

そもそも授業も忙しくなりがち

なぜならやはり一年生のアニメ専門学校では、2年制の一年間よりもさらに色々な事を勉強しないとならないからです。

そんな多い勉強量の合間を縫って勉強するというのは、どう考えても簡単ではありません。

しかし、それをしないとそもそもの就職をすること自体が難しくなる可能性がある。

だからそういう自主的な勉強はしないわけにはいきません。

その一年間は、すごく大変になることは間違いないでしょう。

ただ、いっても一年です。

もちろんプロの現場に出てからもアニメの世界はすごく大変ですが、学生として大変なのはたった一年です。

それくらいであれば耐えられるということもあるのではないでしょうか?

だから、まったくおすすめできないというわけではありません。

2年制が一番バランスが良い

まったくおすすめできないわけではありませんが、では一年生のアニメ専門学校は2年制3年制と比べておすすめできるのかと言われれば、そんなことはありません。

基本的には2年制の専門学校が一番おすすめになります。

一年制の専門学校では、アニメの場合は時間が短くて大変。

3年制の専門学校では、逆に学校にいすぎてしまっているのであまりおすすめできないのです。

やはりプロのレベルで、プロの現場で体感しながら学んでいく方が、実力はあがります。

学校での柔らかい雰囲気での作業の中では、どことなく妥協が生じてきますから。

もちろんプロの現場でも妥協はあります。

妥協しないといつまでもアニメが完成しなくなります。

でも、プロの妥協は良い妥協です。

良い妥協とはつまり、判断を間違えない妥協になります。

ここは妥協するべきで、ここは妥協するべきではないという判断が上手いのがプロなのです。

それは、やはりプロのレベルの現場でないと見につかないものなのです。

だから、いつまでも学生でいるのはあまりおすすめできません。

それを考えると、一番バランスが良いのは2年制になります。

学費的なバランスも良い

3年制ないしは4年制の専門学校の場合は、当然ながら学費もよりかかるようになります。

専門学校の学費は、意外と高いことでお馴染みです。

それが一年二年余計にかかってきてしまうとなれば、やはりその分だけ負担は大きくなります。

それならば少しでも早く社会にでて、お金を貰えるようになった方が良いことは間違いありません。

まとめ

一年制のアニメ専門学校は、あまりおすすめできないというのがここでの結論です。

もちろん意味がないということはありません。

しかし、2年制3年制と比べるとあまり魅力的ではないことは確かです。

どうしても一年制でないとならないという理由がある場合には、一年制で頑張るのもアリですが、特にそうではない場合は無難に2年制が吉です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ