おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

靴職人になるには?デザイン専門学校を通して靴職人を目指す方法

      2018/02/25

靴作りの仕事はファッション性の高さだけではなく機能性を重視する必要があるので、やり甲斐を持って取り組めます。

ファッションアイテムの中でも靴は重要なポイントとなるものですが、靴作りに携わるにはどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、靴職人になるための様々な方法やデザイン専門学校を通して靴職人を目指す方法をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

靴職人になる方法が知りたい

現役の靴職人に弟子入りして学ぶ

靴職人になるには、デザイン画を描くだけではなく素材を選ぶ目を持つための知識を学んだり、裁断や縫製の技術を身につけたりするなど、靴にまつわる一通りの事柄を学ぶ必要があります。

靴職人は実践が重んじられる職種なので、確かな技術を身につける方法のひとつとして現役の靴職人の方に弟子入りする方法があります。

職人の方によって靴作りのノウハウを基礎から応用まで丁寧に教えてくれる方もいれば、何も教えずに見て学ばせる方もいるので指導者の選び方によって結果が大きく左右されます。

靴作りの本場の国に留学して学ぶ

ヨーロッパは靴作りの本場として世界的に有名です。

老舗のシューズメーカーも多数あるので、本格的に靴職人を目指す場合には靴作りを学ぶためにヨーロッパに留学するのも良いでしょう。

本物を見る目を養いながら、靴作りの基礎から応用までを学ぶことは自分の個性を生かしたアイテム作りに役立ちます。

海外で必要な技術を学ぶためにはある程度言語について学んでおく必要があるので、勢いだけで行動するのではなく、しっかりと準備しておくことが大切です。

デザイン専門学校で靴作りについて学ぶ

デザイン専門学校は種類が豊富で、ファッションデザインの専門学校の中には靴作りについて学べるところがあります。

靴職人を目指す場合には、デザイン画が描ける必要があるのはもちろんのこと、靴作りに必要な道具の使い方を習得して実践的な技術を身につける必要があります。

初心者の方でも基礎から応用まで丁寧に学ぶことができるので靴職人を目指す方におすすめです。

専門的な知識を持つ講師から学ぶので、分からない点についてその場で教えてもらえるので安心です。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

靴職人になりたい時のデザイン専門学校の選び方

シューズデザイン科がある専門学校を選ぶ

靴作りはファッションデザインの分野に当てはまりますが、すべてのファッションデザイン専門学校が靴作りの基礎から応用までを教えているわけではありません。

科目のひとつとして学ぶ程度で、靴のデザインから靴作りに至るまでに必要なすべての知識や技術を教えてもらえない専門学校の場合には靴職人を目指すのは難しい場合があります。

ファッションデザイン専門学校の中でも、シューズデザイン科があるところを選べば必要な知識や技術をしっかり身につけることができます。

アパレル企業との繋がりが深い専門学校を選ぶ

靴職人になるために必要なスキルを身につけたとしてもいざ靴職人として活動しようとした時、どうすれば良いか分からない場合があります。

そんな時、アパレル企業との繋がりが深いデザイン専門学校で学ぶことで、卒業時に憧れの靴メーカーに就職できる可能性があります。

多くの卒業生が靴関連の職種について活躍しているデザイン専門学校なら、安心して靴作りについて学ぶことができます。

学費や所在地を見て通いやすいデザイン専門学校を選ぶ

デザイン専門学校は在学期間やカリキュラム内容によって学費に違いがあります。

一旦社会人として働いている方の場合、専門学校の学費を自分で支払うことも少なくないので予算に合わせて専門学校を選ぶことが大切です。

また、環境は整っていても通いにくい場所にある専門学校は通学が大変なので、学校の雰囲気の良さだけではなく利便性の高さなども確認することが大切です。

学費や所在地を見て自分にとって通いやすい専門学校を選ぶと良いでしょう。

デザイン専門学校を通して靴職人を目指す方法

専門学校に入学してシューズデザイン科を選択する

靴職人を目指す場合、デザイン専門学校に入学手続きをする際にシューズデザイン科を選択する必要があります。

ファッションデザインの学科を選んでしまうと、科目のひとつとして靴について学ぶかもしれませんが靴を作るために必要な技術のすべてを学べない可能性があります。

より専門的に靴作りについて学ぶためにも、シューズデザイン科を選択して基礎から応用までを学びましょう。

カリキュラムに沿って靴作りの知識について学ぶ

デザイン専門学校のシューズデザイン科では、カリキュラムに沿って靴作りの知識について学びます。

靴作りの土台となるのがデザイン画ですが、絵心がまったくない方でも授業を通してデッサンやデザイン画の描き方について学べるので安心です。

また、靴のマーケティングについての知識やパソコンのソフトを使ってデザイン画を描く方法なども併せて学ぶので、靴作りに必要な知識をまとめて身につけることができます。

カリキュラムに沿って靴作りの技術を身につける

デザイン専門学校のシューズデザイン科では、靴作りに必要な知識を一通り身につけた後で靴作りの技術を本格的に学んでいきます。

実際に様々な道具を使って基本的な靴の作り方から応用的技術までを習得していきます。

靴作りのノウハウと共に足の構造について学ぶことができるので、靴職人に必要な幅広いスキルを身につけることができます。

即戦力となる靴作りのスキルを磨く

シューズデザイン科の授業を通して靴作りに関する基礎と応用をしっかり身につけたら、即戦力となる靴作りのスキルを磨いていきます。

最終的にはクオリティの高いシューズデザイン画や靴を制作していきますが、専門学校によっては国内や海外のコンテストに応募することに力を入れているところがあるで、自分の実力を試すチャンスになります。

万が一コンテストで受賞した場合には大きく注目されるので、独自のセンスを持つ靴職人としての道が開かれる可能性が高くなります。

デザイン専門学校卒業後に靴職人になる方法

専門学校の求人を通して靴関連の会社に就職する

シューズデザイン科があるデザイン専門学校には、靴の販売から制作までを行っているメーカーの求人が集まります。

靴職人を目指す方なら、靴の制作に携わることができる求人を選んで就職活動すると良いでしょう。

企画や販売ではなく靴作りをメインとする職種に就きたい場合には、自分の希望をしっかりと伝えた上で最適な求人の選び方などを講師に相談すると、希望に近づくためのより良いアドバイスがもらえる可能性があります。

気になるシューズメーカーに求人について問い合わせる

デザイン専門学校の求人の中にどうしても自分が希望するものがない場合には、思い切って気になるシューズメーカーに求人について問い合わせをしてみると良いでしょう。

専門学校で即戦力となるスキルを磨いた上で、クオリティの高いポートフォリオ(在学中に制作した靴のデザイン画や作品の写真をファイルにまとめた就職活動に欠かせないもの)を準備しておけば、面接のチャンスを得た時に行動しやすくなります。

身につけたスキルで靴を作り独自に販売する

靴メーカーに就職するのではなく靴職人としてシンプルに靴作りをしていきたい方であれば、生計を立てるための仕事は別に持って、専門学校で身につけたスキルをもとに独自の靴の作品をどんどん制作していき、ネットショップを開いて販売するという方法があります。

自分ならではのセンスで自由に靴作りができるので、コアなファンが付けば制作した靴の人気が高まる可能性があります。

まとめ

靴職人になるためには、靴にまつわる基礎的な知識や靴作りの高い技術が必要となります。

独学では技術を習得しにくい分野なので、これから靴作りにチャレンジするという方であればデザイン専門学校で本格的に靴作りに関して学ぶと良いでしょう。

専門的な知識や技術を学んで即戦力を身につければ、靴職人になる夢に一歩ずつ近づいていくことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ