おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

2K/4K超高画質液晶テレビ”FUNAI”の実力とは?

   

ハイセンス 43V型 フルハイビジョン 液晶 テレビ  HJ43K3120 外付けHDD録画対応(裏番組録画) メーカー3年保証

まだまだブランド信仰があつい我が国で、「船井電機のテレビ」と言えば…チープで格安なものを想像しがちでしょう。

しかし、海外での豊富な売り上げ実績・ニーズを吸い上げて帰国・そして堂々と発表された液晶テレビシリーズ”FUNAI”には、多くの家電批評家の注目が集まっています。

ここでは、その詳細を紹介したいと思います。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

船井電機ってどんなメーカー?

日本から出航したメーカー、ついに帰国

20世紀後半では、日本でテレビ周辺機器を販売していた船井電機。

しかし、お世辞にも「ブランド力」があると言えず、プチプラ家電メーカーとして当時の人は記憶していました。

その後、船井電機は舵を切り、北米へ進出。

薄型テレビの出現前から徐々にシェアを伸ばし始め、日系企業としては液晶テレビシェアNo.1のテレビメーカーとして現地で知られているそうです。

そんな船井電機が、高パフォーマンスな製品を携えて帰国。

その製品こそ、4K液晶テレビの市場を良い意味で混乱させるであろう、”FUNAI”ネームのものになります。

今年5月に国内で製品発表を行った後、6月には発売。

売り上げを徐々に伸ばし、各種家電批評雑誌でも取り上げられる注目の製品となっています。

“FUNAI”はどこで買える?

FUNAIの販売にあたって、メーカーが提携しているのはヤマダ電機。

実店舗・オンラインショップともに、FUNAIを購入できるのは上記家電店のみです。

ヤマダ電機で購入するメリットとして、

  • 7年または5年への保証延長
  • 48回まで分割手数料無料
  • ヤマダ電機指定のネット回線加入で、最大35000円のキャッシュバック
  • ポイント優遇(一部店舗)

これらがあります。

普段はヤマダ電機を利用しない…という人にも十分メリットがあるので、興味をお持ちになった方は是非公式サイトご参照を。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

FUNAIの魅力1—デザイン

まず目をひくのが、他の液晶テレビにはない「近未来感」。

ヘアライン加工された金属フレームのスタンドとなっており、まるでテレビそのものが浮遊しているような印象を受けます。

「家電」というふてぶてしさを敬遠したい人には、一見の価値があり。

ともすると「こんなスタンドで大丈夫かな?」と思ってしまうほどの繊細なデザインですが…存外にがっしりとしており、お子様のいたずら程度では転倒しないような作りになっています。

耐震性に関しても言及すれば、建築にも用いられる三角形の構造を上手く利用しているので、ある程度持ちこたえることが予想されます。

注意したいのは、この独自のスタンドが4Kモデルに限られること。

2Kモデルには搭載されていません。

加えて、テレビ専用の耐震マットは使えない・もしくは不向きではないかという指摘もできます。

テレビスタンドの取り外し・壁掛けも可能ですが…家屋によっては対応が厳しい場合も考えられるでしょう。

万一のときが心配なかたは、倒れてもケガをしないようなスペースに設置することをおすすめします。

FUNAIの魅力2—独自高画質技術

最大の特長が、「プチプラ家電」のイメージを払拭しうる、超高画質エンジンです。

極めて繊細で深度の高いカラー表現

採用されているのは、「クリアピクスエンジン4K HDR」このHDRとつくエンジンの搭載は、今のところFUNAIのテレビラインナップしか存在しません。

色彩の表現がとりわけ得意で、黒~白のコントラスト・中間色の表現共に他メーカーを圧倒します。

合わせて目を引くのが、4K対応でない各種映像…デジタル放送、ブルーレイ・DVDなどをリマスターしてくれる機能。

違和感なく解像度・カラーコントラストを4Kレベルに変換してくれるため、手持ちの録画映像に愛着のある人にはおすすめ。

また、映像技術について詳しく述べると…特に人間の目に「鮮やか」と捉えられやすい、赤・青の色相表示域をグンと伸ばしています。

これにより、一点のくすみすらない表現が可能。

激しい動きのあるシーンでも、色表現を瞬時に切り替える超高速エンジンが搭載されています。

アクションやSF映画好きな方はもちろん、スポーツ観戦にもおすすめ製品となります。

ただし、有機EL派の人からは、ちょっとした指摘も。

シーンによって全体的に青っぽく・または赤っぽく感じるときがあるのだとか。

スポーツシーンでは残像もやや残る印象があり、目に若干の負担を感じるとのことです。

近視・弱視のかたは、注意が必要かと考えられます。

気になる方は、店頭で一度チェックしてみてください。

FUNAIの魅力3—周辺機器へのこだわり

もともとは地道にテレビ周辺機器を生産していたメーカーということもあり、快適な使い心地を追求した独自のアクセサリーも気になるところ。

ボタン感触の気持ちいいリモコン

付属されているリモコンの感触も、本体のデザイン同様に近未来的です。

カチっとした感触がしっかりとあり、それでいて硬さを感じません。

テレビ/録画/ネットコンテンツへの切り替えもワンタッチで、ボタン数を敢えて減らし・わかりやすく表記しています。

高齢者がいるご家庭や、家電製品のリモコンの多機能化に疑問をもつ人にももってこい。

しかしこれにも異論があり、特にお若い方が使用されると、「反応が悪い」と感じられるときがあるそうです。

リモコン使用範囲も、他社製液晶テレビよりやや狭く、13畳以上の広めのリビングだと「リモコンが効かない」ときもあるのだとか。

内部HDD+レコーダーも!

55型に限り、内部HDD搭載モデルを選ぶことが出来ます。

そのサイズ、なんと2週間分の録画が可能な3TB。

しかし、他のサイズを選びたいという人もご安心を。

純正のブルーレイディスクレコーダーも発売されており、2~3チャンネルの同時録画に対応しています。

しかし、筆者の印象としては、純正品レコーダーには割高感があります。

同性能の国内製他メーカーであれば、通販などを利用するとグッと価格を抑えて購入することも可能。

アジア系メーカー製品などは特にその傾向が見られます。

店員さんのすすめで純正周辺機器を買ってしまうその前に、他の気になるレコーダーとの価格比較をしてみるのをおすすめしたいところ。

FUNAIの魅力4—音声出力

気になる音の表現ですが、液晶面の内部にステレオスピーカーを内蔵。

聴力が衰えたかたでも聞き取りやすいよう、超高音を押さえて耳障りの言い中音域を強くアピールしています。

この点は、国内でずっとシェアを守ってきた他の液晶テレビメーカーと全く遜色ありません。

ただし、映画にありがちな、低音域が特に目立つ「轟音」のとき、本体が揺れるような感覚があります。

地上波を観る上ではほとんど問題ありませんが、ブルーレイ視聴をメインに考えておられるかたは、オーディオを別に用意したほうがよさそうです。

すっきりとしたデザインなので、狭いスペースでも大型のアクティブスピーカー・ネットワークオーディオなどを置くのに抵抗がありません。

5.1chにしてもきれいにインテリアになじむので、オーディオマニアも安心です。

まとめ

液晶テレビは「高ければ」「よく知られたブランドであれば」よいという時代は、終わりつつあります。

格安テレビやアジア系テレビの失敗が相次ぐなかで、”FUNAI”は日本らしい発想・海外らしいカスタマーレスポンスを持った、バランスの良い製品に仕上がっています。

ヤマダ電機でしかお目にかかれないレアリティ感も、興味をそそるところではないでしょうか。

ぜひ一度、実物をご覧ください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ