おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

30代からアニメ専門学校に行くのでもプロになれる?

   

専門学校の門戸は、よほどのことがない限り誰にでも開かれています。

年齢で落とされてしまうということはそうそうありません。

でも、たとえ30代からアニメ専門学校に入ることができたとして、そこからプロになることはできるのでしょうか?

プロになれないのであれば、行く意味を感じないという方もいるでしょう。

そこでここでは、30代からアニメ専門学校に行くのでもプロになれるのか、見ていきたいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメ業界の多くは人材不足になっている

まずアニメ業界の現状からみていきましょう。

アニメ業界の現状は、まず間違いなく過度の人手不足です。

というのも、やはり日本はアニメ大国になります。

だから、年間を通して放送されるアニメの数はすごく多いです。

そしてさらに、テレビでは放送されないようなアニメも多数制作していかないとなりません。

ということはつまり、それだけ求められる人材の数は多くなるのです。

でもその需要を満たすのは、やはりなかなか難しいです。

求人はあるけど人は集まらない

なぜなら、やはりあまり人が集まらないからです。

確かに求人の数はたくさんあるでしょう。

でも肝心の条件があまり良くないのです。

アニメ業界は、トップオブトップはかなり売り上げを誇ります。

しかし製作を請け負う側には、それはあまり還元されないことも少なくありません。

たとえば、下請けの下請けなんてなったら、たくさん中抜きされて、一番大変な思いをして作業をしているにも関わらず、全然収入がないということも起こりえるのです。

会社として収入がなければ、人が必要でも条件をよくできないのは仕方ありません。

そんな風にして人材不足が起こるのです。

誰でもよいわけではない

また採用する人材が誰でもよいわけではないというものも問題になります。

採用する人材は、やはりある程度レベルが高くないとなりません。

それは当然です。

何度も言いますが日本はアニメ大国ですから、求められるレベルは高いのです。

だからたくさんの求人もなかなか埋まらない。

ということは慢性的に人材不足になり、給料の割に労働環境は過酷になっていく。

そして過酷な労働環境であることがわかっているから、人が集まらない。

そんな悪循環に陥っているのが今のアニメ業界なのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ポイントは求められるレベルが高いということ

そんな環境であるアニメ業界ですが、ポイントとなるのは、求められるレベルが高いということです。

その求めるレベルは、やはり年齢に応じて高くなっていきます。

それはそうでしょう。

たとえば、40歳の人と19歳の人がいたら、40歳の人のほうが経験もありそうに見えますし、何かを支持するにしても気を使います。

だから、40歳の人は高い技術を持っていてほしいと期待してしまうのです。

そういうことがあるので、実際30代からアニメ専門学校にいってプロになりたいと思っても、決して簡単ではありません。

むしろそれはかなり厳しいです。

ものすごくスキルが高ければ別

ただ、求められるレベルがすごく高くなるというだけの話ですから、たとえばアニメ専門学校にいる間に、即戦力といっても何も差支えがないというくらいまでのプロレベルに自分を成長させることができたら、30代からでもプロになれる可能性はあります。

しかし、やはりそうできる可能性は高くはありません。

30代というのは、何か新しいことをはじめてもなかなか覚えることができなくなっています。

やはり若い脳と比べるとあまり状態が良くはないのです。

だから、より一層時間をかけて、より一層努力をしないとなりません。

でも、それをしようとしても、30代ではあまりその時間が取れないこともある。

たとえば家のこともしないとならないでしょう。

一人暮らしにしても家族がいるにしても、生活の上に仕事やそれ以外がなりたちます。

なかなかそれらを無視して自分のことに集中することはできないんです。

でも、10代であれば、家のことはある程度任せてしまうのも普通です。

その違いは大きいでしょう。

そういうことから考えても、30代からアニメ専門学校に行くのは、あまり得策ではありません。

プロになりたいのであれば。

ただ学びに行くのは全然問題ない

30代からアニメ専門学校に行くのであれば、それはプロになりに行くのではなく、シンプルにアニメを学びに行くという姿勢で行くのが正解になります。

ただアニメを学ぶだけならば、専門学校に行けばまず確実にかないます。

そしてそれならば、年齢は関係ありません。

もちろんそれでも自主的な努力は欠かせませんから、家のことをする時間は確実に減るでしょう。

でも、決して無理のないぺースで学んでいくことができます。

だから、それならば問題ありません。

学ぶだけも意味はある

ただ学ぶだけでプロになれないのであれば、専門学校に行く意味なんてないのではないかと思うこともあるでしょう。

でも、そんなことはありません。

ただ学ぶだけでも大いに意味はあるのです。

なぜなら、今の時代ならば、別にどこかの会社に入れてもらう必要はないからです。

プロになるの定義を、ここまではどこかのアニメ制作会社にアニメーターとして入ることだとして述べてきました。

でも実際には、プロへのなり方は、それだけではありません。

今の時代は、ユーチューブなどで自分が発信することでも、アニメーションで食べていくことができる時代です。

それができれば間違いなくプロになるでしょう。

それであれば、自分の年齢が誰かに伝わることはありませんから、スキルだけで勝負できます。

そしてスキルがなくても、逆にそれが誰かの心にヒットする可能性がないわけではありません。

なので、とにかく発信できるだけのレベルになれば、なんとかなることもあるのです。

そういうスキルを身に着けるためにアニメ専門学校に行くのであれば、それは間違いなく価値あることです。

専門学校に行かないでも学ぶことはできるが

別に専門学校に行かなくても、アニメーションは学ぶことができます。

なので、スキルを磨いて自分で発信してプロになるのであれば、若い人に囲まれて気まずい思いをしながら学校に通わなくてもいのではないかと思うこともあるでしょう。

確かにそういう考え方もあります。

でも、やはりアニメの専門学校には行った方が良いです。

それは基礎的なスキルが確実に磨けるからです。

独学だと知識が偏る

独学で学んでいくと、どうしても知識が偏っていきます。

最初に学ぶようなことができずに、やたらと難しいことばかりできるようになるということもあるのです。

もちろんそれも悪いことばかりではありません。

それも個性になることはあるでしょう。

しかし、基本的には基礎ができたうえで個性が出せたほうが良いにきまっています。

基礎を磨くために一番楽なのは、専門学校に通うことなのです。

専門学校であれば、丁寧に教えてくれる上に、半強制的に勉強しないとならなくなるわけですから、確実にレベルは上がっていきます。

独学だとどうしても疲れているときなどにはやらなくなってしまいます。

それではスキルも磨かれません。

専門学校であればその心配はないのでおすすめです。

まとめ

アニメ専門学校に30代から通うようにしても、そのまま就職をするのはかなり難しくなります。

でも、プロになるなり方は、それだけではなく、たとえばアニメ系ユーチューバーのようになることだってできるのです。

それならば、30代からアニメ専門学校に行くのでも、プロになれる可能性は出てきます。

だから、それでも良ければ通うのがおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ