おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

30代で漫画専門学校に通うことで漫画家を目指すことはできる?

   

社会に出て現在の仕事を辞めて新しい道を探そうとする時、過去に断念した夢に再挑戦しようとする方がいます。

プロの漫画家として通用する知識や技術を身につけたい場合には、専門学校に通うことで漫画を描くための独自のスキルを丁寧に学ぶことが大切です。

30代で漫画家を目指すのは遅いと思い込んでいる方がいるかもしれませんが、果たして30代で漫画専門学校に入学することで漫画家を目指すことはできるのでしょうか。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

年齢を重ねてからでも漫画家が目指せる理由

30代で漫画家になる夢にチャレンジしようとする方の中には、30代で漫画家を目指すのは遅すぎるのではないかと思う方がいるかもしれません。

しかし、漫画家は年齢に関係なくいつまでも続けることができる職種なので、30代で漫画家を目指して遅すぎるということはありません。

その理由について詳しく見ていくことにしましょう。

経験を重ねたほうが良い漫画が描ける

人によって漫画の作品に自分の経験が生かされるということがあります。

様々な経験を重ねたほうが想像で作品を描くよりもリアリティが増してくるため、ある程度年齢を重ねて漫画を描き始めることにはメリットがあるのです。

また、感情を込めた躍動感のある漫画のほうが読者も感情移入しやすいので、一気に作品の人気が高まる場合があります。

漫画家を目指すのに資格の取得は必要ない

漫画家という職種に就くために必要な資格は必要ありません。

ただ読者が感動するような作品を描くことができるかどうかが重要なことなのです。

なりたい職種に就くために資格を取ろうとすると、資格の勉強を経て試験を受けて無事に合格する必要があるなど何かと時間がかかります。

しかし、漫画家は良い作品を描くことでなれる職種なので、30代で漫画家を目指しても遅すぎることはありません。

漫画は描くほど上達しやすい傾向がある

漫画は描き続けるほど上達しやすい傾向があるので、漫画家を長く続けるほど漫画の絵のクオリティが高くなります。

漫画家デビューが早く、10代~20代で漫画家の活動を始めたとしても数年で辞めてしまったのではそこで成長もストップしてしまいます。

しかし、30代でデビューして40代、50代とコツコツと漫画を描き続けている場合には、たとえデビューが遅かったとしてもキャリアを積み重ね続けることになるので、デビューの早さよりもどれだけ長く作品を描き続けるかが大切なのです。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

30代で漫画専門学校に通うことでプロを目指せるのか

漫画家を目指すために漫画専門学校に通うという方法がありますが、30代の方の中には10代や20代の若い世代の中に入って漫画家を目指すのが恥ずかしいという方がいるかもしれません。

しかし、様々な種類の漫画専門学校があるので、自分にとって最適な学校を選ぶことで周囲を気にすることなく漫画のスキルを身につけることができます。

仕事をしながらでも学べる漫画専門学校がある

漫画専門学校の中には、昼間に授業がある学校ばかりではなく夜間に授業がある学校もあります。

30代の方の中には漫画家を目指したくても、仕事を辞めてしまうと生活ができないという方がいるかもしれません。

そんな時は、仕事をしながらでも学べる夜間や日曜日などに授業が受けられる漫画専門学校を選ぶと良いでしょう。

仕事と夢を目指すことを両立させることで、焦ることなく必要なスキルを身につけて漫画家を目指すことができるでしょう。

ヤル気と学費さえあれば漫画専門学校で学べる

30代で漫画専門学校に入学できるのか不安に思っている方がいるかもしれませんが、年齢制限などない専門学校もあるので安心して漫画について学ぶことができます。

漫画専門学校は目的を持たずになんとなく入学するとクラスについていけないことがありますが、年齢に関係なくヤル気と学費さえあれば漫画のスキルを身につけることができるので、年齢を理由に夢を諦めることはありません。

努力次第で年齢に関係なく漫画家デビューできる

様々な夢を描いている方がいますが、アイドルを目指すなどデビューの年齢が早ければ早いほど良い業界の場合には、30代という年齢が壁となって夢の実現が難しいこともあります。

しかし、漫画家デビューは本人の年齢はまったく関係なく、読者が感動する作品を描ければ問題ないのでデビューの年齢を気にする必要はありません。

30代の方の漫画専門学校の選び方

10代や20代の方は、高校や大学を卒業した後で夢を叶えるために昼間の漫画専門学校に通うことが多いかもしれません。

しかし、30代の方は漫画家を目指したいからと言って、すぐに目の前の仕事を辞めてしまうことができない場合があります。

30代の方はどんな漫画専門学校を選べば良いのでしょうか。

現在のライフスタイルに合わせて専門学校を選ぶ

30代で漫画家を目指したくても仕事を含めて現在のライフスタイルを変えたくない方もいるので、現在のライフスタイルを維持しながら漫画について学べる専門学校がおすすめです。

平日の夕方や日曜に授業がある漫画専門学校を選ぶようにするなど、仕事と学業をうまく両立させることでリスクを背負うことなく漫画家を目指すことができます。

幅広い年齢層の方が通っている専門学校を選ぶ

30代の方の中には、10代や20代の方の中に入って漫画について学ぶのはどうしても無理だという方もいます。

漫画専門学校は高校を卒業したばかりの方が多いかもしれませんが、専門学校によっては幅広い年齢層の方が通っている学校もあるので同世代の友人を見つけることも可能です。

同じ夢を持つ同世代のクラスメイトがいることで、学校に通うことが楽しみになるでしょう。

無理のない学費で学べる専門学校を選ぶ

漫画専門学校によってカリキュラム内容に大きな違いがありますが、専門学校によっては高額な学費が必要となるところもあります。

30代の方は自分で学費を捻出しなければならないので、無理のない学費で学べる漫画専門学校を選ぶと良いでしょう。

30代の方が漫画専門学校を選ぶ時の注意点

30代の方でも必要なスキルさえ身につければ、漫画家デビューを目指すことができます。

しかし、漫画家を目指すためのスタートが遅いことからいくつかの注意すべき点があるのです。

ここでは、30代の方が漫画専門学校を選ぶ時の注意点を見ていくことにしましょう。

絶対にデビューできるという保証がないことを理解する

漫画専門学校では漫画を描くためのスキルを身につけるだけではなく、在学中の漫画家デビューに力を入れている学校もあります。

プロの講師やプロの編集者からのアドバイスを受けながら新人賞のコンテストの応募を目指すので、完成度の高い作品を仕上げることができるかもしれません。

しかし、専門学校を出たからと言って絶対にデビューできるという保証はないので、人一倍の努力を積み重ねながら作品作りに励む必要があります。

すべてを捨てて漫画家デビューに賭けることは避ける

30代ですべてを捨てて漫画家デビューを目指すことは、かなりのリスクを背負うことになります。

長年務めた会社を辞めて漫画専門学校に通うことは、経済的な面が不安定になるため漫画を描く精神的なゆとりがなくなることがあります。

仕事を続けて経済を安定させた状態で漫画家を目指すほうが、焦りを感じることなくリラッスクした状態で漫画家デビューを目指すことができます。

まとめ

30代は人生の流れを考えて、何かチャレンジしたいことがあったら行動に移すべきだと考える方が多いです。

漫画家デビューに年齢制限などないため、夢を叶えることを目標として漫画専門学校に入学するのも良いでしょう。

社会人向けの漫画専門学校もあるので、自分と同世代の仲間を見つけて励まし合うことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ