おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

30代後半で声優専門学校に入学して声優デビューを目指せる?

   

高校や大学の卒業後に一般の企業に就職した方の中には、社会人として長期に渡って働いてみた結果、声優になる夢を捨てきれないという方がいます。

しかし、進路に迷えば迷うほど時間だけが過ぎていくことがありますが、20代前半でデビューする声優の方が多いため、30代後半で声優を目指すことはできないと思っている方が多いかもしれません。

果たして30代後半で声優専門学校に通うことで声優デビューを目指せるのでしょうか。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

若手の声優が多い理由とは

近年ではアニメの主人公を務める声優は若手であることが多く、声優専門学校で学んだ後にプロダクションのオーデションに合格した後、幅広いフィールドで活躍する方が増えています。

アニメ業界で若手の声優が多い理由について見ていくことにしましょう。

声優以外の活動の場が広がっているから

声優はアニメ作品の主人公の声を担当する以外にも、演劇や音楽活動をするなど活動の場が広がっています。

人気声優は主題歌の歌を担当することもあり、人気の度合いによってはライブ活動をする方もいます。

応援するファン層も10~20代が多いことから若手の声優が多いのです。

ブレイクして数年経過しても若手声優として活動できる

爆発的な人気を誇るアニメ作品の声を担当すると、雑誌やテレビなどメディアに出る機会が増えます。

中にはタレントのような活動をする方もいますが、メディアに出ることで注目度が高くなるとそれだけ支えるファンが増えることから長期に渡って活動することがあります。

若手の声優であればブレイクしてある程度の年数が経過しても20代の声優として活動できるので、ますます幅広い経験を積むことが可能です。

人気が出るとスケジュールがハードになるから

声優として人気が高まると、声優の仕事はもちろんのことイベントやライブ、テレビやラジオ出演など多忙な日々を過ごすことになります。

スケジュールがハードになると体力が必要となりますが、若ければ多少ハードなスケジュールでも疲労回復も早く精力的に活動できるので人気が出た後のことを考慮して若手声優が多いのです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

30代後半で声優を目指すことはできるのか

人気声優が必ずしも若手だけということはありませんが、30代後半で声優を目指すとなるとスキルを身につけてブレイクするまでにある程度の年数がかかる可能性があります。

声優を目指すには、現在の年齢だけではなく声優になるまでの年数も考慮する必要があるのですが、30代後半で声優を目指すことはできるのでしょうか。

プロダクションのオーデションに年齢制限がある

声優専門学校に通うことでプロの声優に必要なスキルを身につけることができますが、声優として仕事をするにはプロダクションに所属するためのオーデションを受ける必要があります。

声優専門学校に入学することができたとしても、プロダクションのオーデションを受ける際に年齢制限があるので、オーデションを受けることができない場合があります。

稀に30代後半でもオーデションを受けることが可能なところがあるかもしれませんが、全体の割合からすると非常に少ない可能性が高いです。

アニメの主人公の役を目指すのは困難

声優を目指す方の中には、アニメの主人公の声を担当してみたいという夢をお持ちの方が多くいます。

現在はアニメの主人公の声を新人の若手声優が担当することが多く、経験が浅い30代の方が主人公の役を獲得するのは難しい場合があります。

しかし、役によっては年齢を重ねた方が声優を担当することもあるので、まずは、小さな仕事でも良いので経験を積み重ねることが大切です。

ナレーターや司会業を目指すことが可能

声優は主にアニメの声や映画の吹き替えの声を担当する仕事が多いですが、中にはナレーターや司会業を目指す方もいます。

声を生かした仕事はアニメの声優だけではないので、年齢を武器にしてナレーターや司会業で幅広い活動を目指すことができます。

ナレーターや司会業はむしろ若手よりもある程度年齢を重ねていたほうが有利になることもあるので、声を生かした仕事の方向性を定めた上で進路を決めることをおすすめします。

30代後半の方におすすめの声優専門学校

30代後半からアニメの声優を目指すのは難しい場合がありますが、そのほかの声を生かした職種を目指す場合には遅過ぎるということはありません。

声を仕事にするという目的がある場合にはプロに必要なスキルを磨くことが大切ですが、ここでは30代後半におすすめの声優専門学校の特徴を見ていきたいと思います。

声優の基礎とナレーションのスキルが身につく専門学校

声優専門学校の中には声優の基礎と応用を身につけた上で、ナレーションや司会業などのスキルが身につくカリキュラム内容となっているところがあります。

声を生かした仕事をするために必要なスキルを一通り身につけておけば、ナレーションや司会業などを通して声の特徴が注目されれば声優の仕事のオファーが入る可能性があります。

どのような仕事も丁寧に的確にこなしていくことで実績を積んでいけば、理想的な仕事をする機会を得ることが可能となります。

現役の声優が指導を行っている専門学校

声優専門学校の中には、現役の声優として確かなキャリアを築いている方が講師として指導を行っているところがあります。

声優だからこそ現場で体得しているスキルがあるので、細やかな面で行き届いた指導を受けることが可能となります。

また、憧れの業界で長く活動している講師から業界にまつわる貴重な話を聞く機会があるのでワクワクした気持ちで授業を受けることができます。

卒業生が多方面で活躍している専門学校

声優専門学校の中には、業界で活躍中の多くの卒業生を輩出しているところがあります。

卒業生が多方面で活躍している専門学校なら、声を生かした職種に就くための高いスキルを身につけることができます。

声優に限らずナレーターや司会業の仕事にまつわる業界との繋がりが期待できるので、専門学校を通して自分に最適な方向性にまつわるアドバイスを受けることができるでしょう。

夢を目指すには何から始めたら良いか

30代後半でも自分の年齢に相応しい声を生かした職種を目指すことが可能です。

考えるばかりで何も行動を起こさないのでは夢に近づくことはできないので、具体的な行動を起こすことが大切です。

声優の夢を目指すには一体何から始めたら良いのでしょうか。

声優専門学校の資料を取り寄せる

声優専門学校に通うことで、声を生かしたスキルを身につけることができます。

声優専門学校の資料を取り寄せて、カリキュラム内容やどのような就職先があるかなど詳しく調べてみると良いでしょう。

内容を確認した上で自分にぴったりの専門学校が見つかれば、夢に一歩ずつ近づいていけます。

声優専門学校の学校説明会に申し込む

声優専門学校の入学を迷っている場合には、学校説明会に参加申込みすると良いでしょう。

資料だけでは分からない、学校の様子や講師陣の雰囲気を体感しやすくなります。

分からないことについて質問できるので、年齢についてなど気になることを質問してみることをおすすめします。

まとめ

30代後半に入ると、諦めきれない夢をそのままにしておいて良いのか進路について迷いが生じることがあります。

アニメの主人公の声優を目指す場合は競争率が激しく若手が起用されることが多いですが、ナレーターや司会業などには年齢制限がないことが多いので声優専門学校を通して声を生かした仕事を目指すことが可能です。

後悔しないためにも、進路に関してベストを尽くして具体的な行動を起こすと良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校