おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

30代未経験からデザイナーになるならデザイン専門学校に行くべき?

   

30代未経験からデザイナーになるというのは、普通に考えても決して楽な道ではありません。

むしろ選択としてはハードな選択になります。

でもそれを夢見る権利は誰にでもありますし、決して不可能な道ではありません。

そこでここでは、30代未経験からデザイナーになるためには、デザイン専門学校に行くべきなのかということについてみていきます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

30代未経験でもスキルがあればいく必要はない

30代未経験と一口にいっても、その実情は様々です。

たとえば、まったくデザインのことは何もわからないというような状況なのか、それとも自分なりに独学で学んでいてある程度のスキルを持っているのか、それによって今後の進路選択は大きく変わってきます。

もし30代未経験でも、独学でしっかりと学び高いスキルを持っているというのであれば、その方はデザイン専門学校には行く必要はありません。

むしろいかないことをおすすめします。

なぜなら、そこからデザイン専門学校に通うと、どんどん年齢を重ねてしまうからです。

あまり年齢を重ねると厳しくなる

一般的に、あまり年齢を重ねると、未経験での就職は厳しくなっていきます。

30代になっている時点で、比較的にぎりぎりのラインになります。

そこからさらに年齢を最低でも2年重ねてしまうとなると、やはり就職は厳しくなります。

それならば、今持っているスキルを活かして、それをアピールして就職活動していった方が早い上に可能性は高いです。

だから、30代未経験でも独学である程度のスキルを身に着けている方には、デザイン専門学校に行くことはあまりおすすめしません。

入ってから苦労すればよい

確かに、独学だけの状態でプロになると、それからは苦労することも多いです。

独学の場合はどうしても知識が偏りがちになるので、基礎的なことが分からなかったりしますから。

基礎的なことがわからないとなると、入ってから苦労することが多くなるのも当然です。

でも、そんな苦労は入ってからすればよいだけです。

入らないと、その苦労をすることすらできません。

なので、やはり独学である程度のスキルがある場合はいますぐ就職活動をしていくべきなのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

30代未経験でスキルもなければいくべき

もし30代未経験で、そしてまったくデザインに関してのスキルもないというのであれば、デザイン専門学校にはまず行くべきです。

なぜなら、その方がスキル習得のスピードが速いからです。

スキルがないと何も始まらないのがデザイン業界です。

たとえ会社とはいえども、そこで発揮するのは基本的には個人のスキルになります。

だから個人のスキルがない方はまず採用してもらえないのです。

採用されるためには年齢がどうこうとかいう前にまず高いスキルを身に着けていかないとなりません。

しかし、独学でそれを身に着けていくのにはすごく時間がかかります。

独学は、わからないところがあったとしてもそれを人に聞くことが出来ません。

でも専門学校であればそれを聞くことができます。

だから、デザインスキルの習得スピードは大きく変わってくるのです。

そして当然習得率も大きく変わってきます。

年齢が高くても採用してくれるところはある

確かに先述のとおり、たとえスキルを身に着けたとしても、30代からさらに2年年月を重ねてしまうと、就職はかなり厳しくはなります。

しかし、絶対に無理かというとそういうわけではないです。

就職活動をしても、20社中19社は書類だけで落とされてしまうこともあります。

でも1社くらいは面接まで行けることはあるのです。

それをくりかえしていれば、いずれ就職させてくれる企業は見つかるものです。

デザイン業界は基本的に人手不足ですから、スキルがある程度あり、熱意があるのであれば、たとえ高い年齢の未経験者であっても、採用してくれるところはあるものなのです。

だったらやはり30代未経験でさらにデザインスキルもない方は、デザイン専門学校に行くべきなのです。

昼間の専門学校がおすすめ

もし30代未経験からデザイン専門学校にいくのであれば、昼間の専門学校がおすすめです。

確かに別の仕事があったり、あるいは昼間の専門学校に30代から通い始めるのは恥ずかしいと考える方もいるものです。

しかし、おすすめなのは昼間です。

なぜなら、勉強できる範囲が広いからです。

30代未経験でしかも0から知識をつけていくとなると、やはりかなりしっかりと勉強しないとなりません。

社会人向けの夜間の専門学校で勉強したくらいでは、プロのレベルにならないことも少なくないのです。

そうしてプロのレベルになれないのであれば、そこにかけた時間やお金はムダになります。

そして何より、デザインを仕事にすることが出来なくなってしまいます。

でも昼間であれば、しっかりとカリキュラムをこなしつつ、かつ自分でしっかりと勉強もしていけば、プロレベルにもなれます。

なので、昼間の専門学校に通うのがおすすめです。

リスクを負うのは仕方ない

確かに今別で仕事をしている方は、それを辞めてデザイン専門学校に行かないとならなくなるので、リスクはすごく高いです。

でも、30代未経験からデザインの世界に飛び込んでいくという時点で、そのくらいのリスクは負わないとなりません。

最悪失敗する可能性はありますが、それでも夢をかなえていきたいのであればリスクをおって昼間の専門学校に行くべきなのです。

デザイン専門学校では就職のサポートもしてくれる

30代未経験でスキルがない方がデザイン専門学校に行くべきだというのは何もデザインスキルを上げるためだけではありません。

一番は、デザインスキルを上げる為になります。

でも、デザインスキルを上げるためだけではなく、就職の支援をしてもらうという意味合いもあるのです。

デザイン専門学校では就職のサポートもしてくれます。

そうして就職をサポートしてくれるのであれば、当然30代未経験からでも就職はしやすくなります。

だからそれを目当てにして専門学校に行くのです。

コネクションも使えるようになる

デザイン専門学校に行けば、そのデザイン専門学校のコネクションも使えるようになります。

コネクションが活かせるようになれば、それもまた就職のしやすさを上げてくれます。

30代未経験という就職のしづらさは、こうしたサポートやコネクションによってある程度カバーできることはあります。

勿論だからと言って確実に就職できるわけではありませんが、より就職できる可能性が高くなることは確実です。

1人では心も折れがちになる

もし一人でがむしゃらに就活をしていたら、やはり心も折れがちになります。

簡単には就職はできていきません。

こうしてサポートしてくれる人たちがいるというのは、心の支えにもなるのです。

そういう意味でも、スキルのない30代未経験の方には、デザイン専門学校に行ってそこで就職をサポートしてもらうというのはおすすめできることになります。

スキルがある方でも心は折れがちになりますが、それでもそういう方はなんとか一人で頑張る方が得策です。

まとめ

30代未経験からデザイナーになるためにはデザイン専門学校に行くべき、それとも行かないべきかというのは、その人の状況によるというのが結論です。

もしその人が独学で長い間学びスキルがある人なのであれば、デザイン専門学校にはいかずに就職活動するべき。

もしスキルがないのであれば、デザイン専門学校に行くべきなのです。

自分のスキルをよく考えて、決断していってください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ