おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

CGのイラストを学べる専門学校『文化デザイナー学院』を紹介!

      2017/09/08

茨城県水戸市にある専門学校『文化デザイナー学院』では、CGのイラストを制作する方法やデザインなどを学べる学科があります。

そのため、CGのイラストを制作出来るようになりたい方には、興味深い所でしょう。

そこで、この専門学校の学科や魅力について詳しく紹介します。

どこの専門学校でイラストを学んだら良いのか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

文化デザイナー学院の3つの力

文化デザイナー学院は、思考力やコミュニケーション力を身に付ける授業が行われている上に、確かな実績力があるので就職活動を有利に進める事も可能です。

そこで、文化デザイナー学院の3つの力について知りたい方のために、詳しく説明しましょう。

思考力

文化デザイナー学院では、生徒たちに思考力が身に付くようにプレゼンテーションの技術を指導しています。

デザイン業界で働くためには、作品を制作した意図を説明する必要があります。

そのためには、プレゼンテーションについて学ばなければいけません。

文化デザイナー学院で、プレゼンテーションについて学べば、デザイン業界で作品の魅力を伝えられるようになります。

思考力が身に付いたら、就職した後に即戦力として活躍出来るようになります。

そのため、1日でも早く活躍したい方には文化デザイナー学院はおすすめです。

コミュニケーション力

デザイン業界で働く場合でもコミュニケーション力は必要不可欠なものと言われています。

それは、デザイン業界の企業で就職する方だけでなく、フリーランスのイラストレーターを目指す方も同様です。

なぜなら、コミュニケーション力が身に付かなければ、多くの方と共に仕事をする事が難しくなるからです。

意思疎通が取れない方と一緒に仕事をしたいと思う方は少ないので、短時間で意思疎通が取れて「この方であれば、共に仕事をしたい」と思わせるようでなければ、イラストの仕事を頼まれるのは難しいでしょう。

実績力

文化デザイナー学院は、創立してから60年以上の歴史を誇っています(2017年3月時点)。

イラストを学ぼうとする方には、専門学校が経営してきた年数は関係ないと思う方もいるかもしれませんが、就職活動の事まで考えれば大いに関係があるのです。

なぜなら、知名度が高い専門学校で学んだ生徒というだけで、企業の採用担当者にある程度は注目されるからです。

ただし、注目されても肝心の作品に魅力がなければ、採用されないので注意する必要はあります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

広告プロモーションデザイン学科

文化デザイナー学院は、CGのイラストやデザインなどを学べる『広告プロモーションデザイン学科』があります。

この学校では、どのような事が学べるのか知りたい方のために、授業内容について詳しく紹介します。

CGのイラスト

広告プロモーションデザイン学科では、CGのイラストを制作出来るように『デジタルイラストレーション』や『DTP演習』などを学んでいきます。

デジタルイラストレーションは自由に画像を編集/操作出来るようになるので、CGのイラストを制作するためには必要な技術になります。

そしてDTP演習では、PCでイラストが描けるようになるので、CGのイラストを制作したい方は覚えておきたい所でしょう。

そして、この学科ではデッサンも学ぶので画力が低い方でも短期間でスキルアップをする事が可能なので、画力の低さについて心配する必要はありません。

広告デザイン

デザイン業界で働くためには、CGのイラストを制作する方法だけでなく、デザインの知識も学ぶ必要があります。

そのため、広告プロモーションデザイン学科ではデザインの知識を覚えてもらえるように『広告イラストレーション』や『デザインコンセプト』などを学んでいくのです。

広告イラストレーションでは、クライアントの要望に応えられるクリエーターになれるように、多くの方を納得させる作品を制作出来るように指導しています。

デザインコンセプトでは、コンセプトを組み立てるための手順を学びながら、デザインについて学んでいく事が出来るのです。

Webデザイン

広告プロモーションデザイン学科では、Webデザインについて学ぶ事が出来るので、Webサイトを運営してイラストの仕事を多く引き受ける事が可能になります。

近隣の企業へ営業をした場合は、移動出来る範囲は限定されますし、移動費にお金をかける事になってしまうでしょう。

しかしインターネットであればWebサイトにイラストを掲載すれば、世界中の方達が、そのイラストを見る事が出来ます。

つまりWebサイトにイラストを掲載するという事は、世界中へ営業に出かけるようなものです。

そのため、世界中の方たちに注目してもらえるWebサイトを制作出来るように、Webデザインを学ぶ事は重要と言えるでしょう。

就職活動をサポート

文化デザイナー学院では、生徒たちの就職活動をサポートする担任スタッフがいて、高い就職率を誇っています。

CGのイラストを学べるだけでなく就職活動を有利に進められる専門学校を探している方のために、文化デザイナー学院の担任スタッフや就職率について説明しましょう。

担当スタッフ

CGのイラストを学んでも就職活動をする際には、どのように自己PRをするべきか悩んでしまう学生は多いでしょう。

そこで、この専門学校では担任スタッフが生徒一人一人をしっかりとサポートして、希望する企業へ就職出来るようにバックアップしているのです。

どのようなサポートをしてくれるのかと言えば、文化デザイナー学院で学んだ知識や技術を生かせる企業を紹介してくれるのです。

このような事が実現出来るのはなぜかと言えば、これまでの就職指導実績が長くあって、多くの求人情報を把握しているからでしょう。

高い就職率

文化デザイナー学院は就職率が高いと言われても、学校の印象を良くするために生徒が希望しない企業へ就職させようとするのではないかと心配する方はいるかもしれません。

確かに一部の専門学校では、学校の印象を良くするために生徒が希望しない企業を紹介する事があります。

しかし、文化デザイナー学院の2016年度の広告・デザイン系就職率は94%にもなったのです。

CGのイラストを学びにくる生徒にとっては、広告・デザイン系の企業で働きたい方が多い事を考えれば、この専門学校では生徒たちの希望に添うサポートをしている事が分かるでしょう。

文化デザイナー学院のイベント

文化デザイナー学院では、生徒たちが楽しめるイベント『水戸デザインプロジェクト』や『水戸まちなかフェスティバル』が行われているので、どのようなイベント内容なのか詳しく紹介します。

水戸デザインプロジェクト

水戸デザインプロジェクトは、文化デザイナー学院の全ての学年や学科を関係なくグループ分けしていき、複数のデザイン制作ユニットを構成します。

そして、2日間に渡ってクリエイティブワークを実施するのです。

このイベントでは、デザインを通じて普段交流した事がない方たちとイベントを体験する事が出来ます。

水戸まちなかフェスティバル

水戸まちなかフェスティバルでは、水戸市で行われている秋の祭に参加する事が出来て、楽しくワークショップを運営して多くの子供達と触れ合う事が出来ます。

この水戸市は、水戸黄門で有名な水戸光圀公が藩主を勤めた『水戸藩』があった所であり、そのような歴史のある街でワークショップを運営出来れば一生の思い出になるでしょう。

まとめ

文化デザイナー学院では、スキルアップ出来るような授業が行われています。

さらに就職活動をバックアップするために担任スタッフが、生徒一人一人をしっかりとサポートしてくれるのです。

イラストを学べる専門学校は数多くありますが、最も重要なのは希望する企業へ就職出来るようになる事でしょう。

そのため、希望する企業へ就職したい方は文化デザイナー学院を検討してみる価値はあります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ