おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

GAOMON PD1560は初心者向けのペンタブ! その秘密とは?

   

アナログのイラストは、手書きとしての魅力はありますが、修正する事は簡単ではありません。

そのため、手直しをする事が面倒な方たちの中には、デジタルのイラストを制作してみたい方は多いでしょう。

しかし、デジタルのイラストを制作できるペンタブは、機種によって初心者には利用しづらい機種が多いのです。

そこで、おすすめしたいのが『GAOMON PD1560』です。

このペンタブは、初心者でも利用しやすくなっているので、その秘密や魅力などを具体的に説明しましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

初心者向けのペンタブ

本製品が、初心者でも利用しやすくなっているのは『サイズ』と『価格』が大きく関係しています。

そこで、今ままでペンタブをあまり利用した事がない方のために、本製品のサイズや価格について紹介しましょう。

コンパクトなサイズ

ペンタブを利用して、デジタルのイラストを制作するためには、専用ペンをペンタブ本体になぞっていく必要があります。

そのような利用法になっているので、ペンタブ本体のサイズが大きくなっていなければ、勢いよく線を引く事ができません。

しかし、ペンタブはよほどの上位機種でなければ、パソコンと併用する必要があるので、パソコンデスクの上にペンタブを設置する必要があるのです。

そのため、大型サイズのペンタブを設置しようとしたら、パソコンやマウスなども周辺にある事から、窮屈(きゅうくつ)に感じてしまいます。

所が、本製品はコンパクトなサイズになっていて、15.6インチしかありません。

そのため、初めてペンタブを利用する方でも、それほど窮屈に感じないので、利用しやすくなっています(パソコンデスクの広さによって違いがあるので注意)。

低価格なペンタブ

ペンタブの専用ペンは、マウスとは違って、絵筆に近い形状をした道具になっているのに、デジタルのイラストを制作できるようになっています。

そのため、コストをある程度までかけている事から、高額な機種が多いので注意しなければいけません。

所が、本製品はコストを抑えた機種になっているので、Amazonでは送料無料で税込価格39,999円で購入する事ができるのです(2018年9月17日時点)。

そのため、今までペンタブを購入した事がない方でも、本製品であれば、気軽に購入する事ができます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

GAOMON PD1560の特徴

本製品は、初心者が利用しやすくなっているだけではなく、高性能なペンタブになっています。

そこで、どこまで優れたペンタブなのか紹介するので、この機種を詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

筆圧の感度

専用ペンをペンタブ本体に接した時に、線や色の太さをコントロールするためには『筆圧感度』のレベルが大きく関わってきます。

このレベルの数値が低かったら、線や色の太さの幅が狭くなってしまうので、イメージ通りの太さで制作する事が難しくなってしまうのです。

それでは、本製品の筆圧感度はどうなっているのかと言えば『8,192レベル』もあるので、線や色の太さをコントロールしやすくなっています。

反応の速さ

線や色の太さをコントロールしやすくなっていても、ペンタブの反応が遅くなっていたら、専用ペンの動きに追いつく事が難しくなってしまいます。

もしも、そのようなペンタブを利用していたら、なめらかな線を引く事ができないので注意しなければいけません。

そこで、本製品は『233PPS』にもなっている事から、なめらかな線を引きやすくなっています。

優れた解像度

本製品は『液タブ』というタイプになっているので、デジタルのイラストを、ペンタブ本体の液晶画面に表示する事が可能です。

そのため、液タブの『解像度』が低くなっていたら、美しいイラストを表示する事が難しくなってしまいます。

美しいイラストが表示されなかったら、モチベーションが上がらないので、注意する必要があるのです。

所が、本製品の解像度は『5,080LPI』にもなっている事から、美しいイラストを表示しやすくなっているので、イラストを制作しようとする気力がわきやすくなっています(個人差があるので注意)。

本製品の使用感

ペンタブの機能が優れていても『使用感』までよくなっていなければ、長い間に渡って愛用する事が難しいでしょう。

それでは、本製品の使用感はどうなっているのか解説するので、確認してみて下さい。

角度調整

液タブは、パソコンのディスプレイよりも低い位置にあるので、ある程度まで頭を傾けた状態でデジタルのイラストを見る必要があります。

もしも、長い間に渡って、頭を傾かせた状態で作業をしていたら、首や肩に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

そこで、本製品は『角度』を調整できるようになっているので、ある程度までペンタブ本体を立たせる事ができます。

そのため、首や肩にかかる負担を軽減する事を実現しました。

二本指グローブ

ペンタブの液晶画面に、専用ペンを引こうとしたら、指が接触してしまって、指紋が付いてしまう事があります。

もしも、液晶画面に指紋が付いてしまえば、デジタルのイラストが見えづらくなってしまうので、作業効率が下がってしまいます。

所が、本製品には付属品『二本指グローブ』が付いてくるので、液晶画面にあまり指紋を付けないで利用する事が可能です。

専用ペン

ペンタブを利用している時に、専用ペンをパソコンデスクに置いていたら、何かのはずみで専用ペンを落下させる事があります。

もしも、高い位置にあるパソコンデスクから、専用ペンを落下させたら、芯先が折れる可能性が高くなってしまうのです。

そうなれば、芯を替える事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

所が、本製品は、専用ペンを立たせられる付属品までセットになっているので、パソコンデスクから落ちづらくなっています。

利用者たちの満足度

本製品の魅力を紹介してきましたが、このペンタブを利用している方たちが満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は、15.6インチになっている事から、適度なサイズになっていて、満足している方がいました。

実際に、コンパクトなサイズになっていたら、パソコンデスクに設置しやすくても、サイズが小さすぎたら専用ペンをひきづらくなります。

そのため、サイズが小さすぎない本製品であれば、あまり窮屈に感じない上に操作性も優れています。

さらに、本製品は値段が安くなっていても、性能が優れていたので満足している方までいたのです。

そのため、コストパフォーマンスが優れているペンタブを探している方には、本製品はおすすめです。

否定的な口コミ

本製品を注文してみたら、説明書の内容ががあまり詳しく書かれていなくて、不満を抱いている方がいました。

そのため、初心者の方は、操作に慣れるまで少し時間をかける必要があるので注意して下さい。

さらに、本製品に付いていた『保護フィルム』が、最初から剥がれているケースまであったので、気を付ける必要があります。

そして本製品を利用しようとしたら、誤作動ばかり起こしてしまうケースまでありました。

ただし、低価格になっているので、この辺りは、多少は仕方のない部分です。

まとめ

本製品は、ある程度までサイズがコンパクトになっているので、あまり窮屈に感じません。

そのため、パソコンデスクにペンタブを設置したら、邪魔に感じてしまうのか不安になりやすい方でも、本製品であれば気軽に購入できます。

ただし、初心者に利用しやすくなっていても、ある程度まで操作していなければ、慣れない事もあるので注意して下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)