おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

Huion ペンタブレットH950Pの魅力や口コミなどを紹介!

   

HUIONペンタブ H950P 8192レベル筆圧感知 充電不要ペン、OSU用超薄型ペンタブレット

ペンタブは、専用ペンにかける筆圧によって、短時間で線や色を調整する事ができるので、デジタルのイラストを製作している方たちの間では必需品になりつつあります。

しかしペンタブは高額な機種があって、簡単には購入できない方は多くいるでしょう。

ところが、そのような方たちでも気軽に購入できる機種があって、それが『Huion ペンタブレットH950P』です。

このペンタブは高機能になっているのに、低価格で販売されているので、詳しく紹介します。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

Huion ペンタブレットH950Pの魅力

HUIONペンタブ H950P 8192レベル筆圧感知 充電不要ペン、OSU用超薄型ペンタブレット

本製品はレベル筆圧が優れているので、専用ペンを上手に活用できれば、あなたのイメージ通りのイラストを描ける可能性が高まります。

さらに効率的にイラストを製作できるようにショートカットキーまで搭載されているので、その魅力に迫ってみます。

専用ペン

ペンタブを操作する際に重要になるのが『専用ペン』です。

この専用ペンをペンタブ本体になぞる事によって、イラストを製作できるようになります。

本製品にも付属品として専用ペンがあるので、イラストを製作できるようになっているのです。

そして本製品の大きな特徴として、専用ペンに電池を入れる必要がないのです。

そのため、本製品は維持費をあまりかける必要がないので、低コストな周辺機器になっています。

そのような特徴があるペンタブなので、あまりお金をかけたくない方には、おすすめの機種です。

レベル筆圧

ペンタブが多くの方たちから注目されるようになったのが、専用ペンにかける力の入れ具合で、線や色の太さをコントロールできるからです。

もしもマウスで同じような事をすれば、イラストを製作するソフトで、線や色の太さを調整機能で変えてから、行わなければいけません。

しかし、そのような事をしていたら、非効率なので手間暇をかけてしまいます。

本製品にはレベル筆圧機能が優れていて、筆圧感度が8192レベルもあります。

そのため、専用ペンにかける力の入れ具合がペンタブに反映されやすくなっているのです。

ショートカットキー

デジタルのイラストを製作する際には、線や色の太さを変えるだけではなく、様々な操作が必要になっていきます。

そのような操作を行うためには、いくつか手順を踏まなければいけません。

そのためデジタルのイラストを製作する際には、紙で手描きするよりも面倒に感じてしまう事があります。

そこで本製品の本体には『ショートカットキー』が搭載されていて、カスタマイズする事によって、手順を省いて操作できるようになっているのです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

板タブのメリット

ペンタブには『板タブ(通常タイプのペンタブ)』と『液タブ(液晶ペンタブ)』があります。

本製品は板タブですが、板タブと液タブの違いについて分からない方は多いでしょう。

そこで板タブのメリットを紹介するので、板タブと液タブのどちらを購入するべきか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

コンパクトなサイズ

液タブは、ペンタブ本体にイラストを描く事ができるので、紙に手描きするような感覚でイラストを製作できます。

そのため液タブは大型サイズになっていなければ、イラストを確認する事が難しくなっているので、大型サイズの機種が多くなっています。

実際に液タブの中には27インチもある機種があるのです。

そのような機種を購入したら、パソコンデスクが狭く感じてしまうので注意しなければいけません。

ところが板タブは、ディスプレイにイラストが映し出されるので、ペンタブ本体がコンパクトなサイズでも、イラストを確認しやすくなっています。

首にかかる負担を軽減

板タブはディスプレイでイラストを確認する事ができるので、頭部を傾ける必要がありません。

それに引き換え、液タブの場合は、ディスプレイより低い位置にあるペンタブ本体を見なくてはいけないので、頭部を傾ける必要があるのです。

そのため、液タブを利用していたら、首が真っ直ぐになってしまうので『ストレートネック』になってしまう可能性が高くなってしまいます。

そのような事になれば、肩こりや首こりに悩まされてしまうので、板タブを利用するメリットは大きいです。

商品情報の内容

本製品の魅力を分かってもらえた所で、次に本製品の商品情報も紹介するので、このペンタブを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

対応可能なOS

ペンタブを購入する前に確認しておかなければいけないのが、その機種に対応できているOSが、パソコンにインストールされているかという点です。

もしもペンタブに対応されていないOSになっていたら、ペンタブを操作する事ができないので注意しなければいけません。

そして本製品に対応しているOSは、Windowsが7・8・8.1・10で、MacがOS X10.11以降になっています。

そのため、あなたのパソコンには、このOSがインストールされているのか確認してみて下さい。

耐久性

ペンタブでイラストを製作する際には、専用ペンを本体の作業領域になぞっていく必要があります。

そのため耐久性が優れていないペンタブを利用していたら、専用ペンの感度が悪くなってしまう恐れがあるので、注意しなければいけません。

それでは本製品はどうなのかと言えば、摩擦や高温に強くなっているので、長い間に渡って利用する事ができます。

低価格なペンタブ

本製品は魅力的なポイントが多いペンタブなので、多くの方たちは「本当に低価格な機種なのだろうか」と不安を抱いてしまったかもしれません。

ところが、本製品は、Amazonでは送料無料で、税込価格9,499円で購入する事ができるのです(2018年1月18日時点)。

実はペンタブの中には、200,000円以上になってしまう高額な機種もあります。

そのため、低価格で高機能なペンタブを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの使用感

本製品は高機能なのに、10,000円以下で販売されている事について、半信半疑の方は多いでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、本当に高機能なペンタブになっているのか、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品の専用ペンには、ラバーが巻かれているので、滑りづらくなっている所を気に入っている方がいました。

実際に長い間に渡って、ペンタブを利用していたら、専用ペンがズレやすくなってしまいます。

それを考えたら、ラバーが巻かれている事によって、ズレづらくなっているのは本製品の大きな魅力です。

そして本製品の専用ペンは、電池がいらない上に、充電する必要がない所について、満足している方もいました。

そのため、本製品を購入すれば、素早くイラストを描き始める事ができます。

否定的な口コミ

本製品は筆圧が8192レベルになっているのに、2048レベルに比べて、それほど筆圧機能に違いがあるように思えない方がいました。

この方は2048レベルになっているペンタブを利用していた事があったのです。

そのため、8192レベルになっていても、それほど筆圧機能について、過信しないほうが良いです。

そして本製品は、サイドスイッチを押しながら操作しようとしたら、カーソル操作ができない事について、不満を抱いている方もいたので注意して下さい。

まとめ

本製品は低価格になっているのに、筆圧レベルが8192もあります。

利用者たちの中には、2048レベルに比べて、それほど優れているように感じていない方はいましたが、上位機種の液タブでも2048レベルになっている機種が多いのです。

それを考えたら、低価格なペンタブなのに、上位機種に劣らない機能が搭載されているのは注目すべきポイントです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)