おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

Illustratorで、光沢のあるオブジェクトを作る!

      2017/09/08

名刺・チラシ・小冊子を作って覚える! レイアウトIllustrator教室

Illustratorのグラデーション機能を使うと、光沢のあるメダル等、立体感のあるオブジェクトを作る事ができます。

招待状やグリーティングカードなど、高級感を演出したい時に便利です。

ワンポイントあるだけでアクセントになりますよ。

これからご紹介する方法で、簡単にできますので、目立たせたいところにぜひ使ってみてくださいね。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

キラリと光るゴールドメダルを作りたい!

Illustratorのグラデーションパレットは、初めてだと少し操作しづらいですが、慣れてしまえば簡単です。

例として、6cm程度のメダルを作りたいと思います。

1.ツールパレットから「楕円形ツール」を選択します。

2.アートボード上をクリックして、縦横それぞれ60mmと入力しましょう。

3.「オブジェクト」メニュー→「パス」→「パスのオフセット」を選択し、「-2mm」と入力したら、OKボタンを押します。

これで、ひとまわり小さな円が前面に出来上がります。

4.前面の58mmの円を選択します。

同じようにオフセットで、今度は「-8mm」と入力し、50mmの円を作成します。

5.同じ要領で「−2mm」と入力し、48mmの円を最前面に作り、合計4枚の円が完成すればOKです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

4枚それぞれの円にグラデーションをかけていきます

1.最前面の円のオブジェクトを選択した状態で、「ウインドウ」メニュー→「グラデーション」でグラデーションパレットを表示させます。

2.パレット上に、白〜黒に表示されているバーが出てきます。

どこでもいいので、クリックしましょう。

すると下に小さな四角いアイコンが表示されます。

これがグラデーションスライダです。

3.グラデーションスライダのひとつをクリックすると、カラーパレットに色の情報が表示されます。

(K100%になってしまっている時は、カラーパレットの右上のプルダウンメニューで、「CMYK」を選択しましょう。)4.カラーパレットの値を、M20%、Y100%と入力しましょう。

すると、先ほど選択したグラデーションスライダの色が変わります。

5.今度は、もうひとつのグラデーションスライダをクリックし、同じ要領で、ホワイトに設定します。

このスライダをドラッグして、バーの中央に持ってきます。

6.バーの空いているところをクリックします。

すると、新しくグラデーションスライダが増えます。

このスライダも先ほどと同じく、M20%、Y100%に設定しましょう。

すると、「黄色〜ホワイト〜黄色」の順でグラデーションが出来上がります。

いよいよメダルが完成します

7.先ほどのグラデーションが設定された円のオブジェクトを選択したまま、「スウォッチ」パレットの右下から2番目にある紙のマーク「新規スウォッチ」をクリックします。

8.すると、新規グラデーションスウォッチのウインドウが表示されるので、好きな名前を付けてOKします。

これでスウォッチ登録されたので、作業がラクになりますよ。

9.これよりひとつ背面にある円を選択し、スウォッチパレットから、先ほど登録した新規グラデーションを適用させます。

10.ツールパレットから、「グラデーションツール」を選択し、前面のオブジェクトとは逆方向のグラデーションにします。

(白いバーが表示されますが、これはグラデーションの適用方向を示しています。

このバーとは向きを変えて、オブジェクト上でドラッグしてみると、グラデーションの角度が変わりますので、色々試してみてください)11.同じやり方で、背面の2枚の円のオブジェクトにも適用させましょう。

すべての円のグラデーションの向きを変えてあげると、不思議と立体感が出てきます。

(最背面のオブジェクトは、少し暗めのトーンにすると、立体感が増します。

最背面の円を選択した状態で、グラデーションスライダを選択し、「M20%、Y100%」のところに、K10%程度足してみましょう。

さらに、ホワイトのグラデーションスライダも少し明る過ぎるので、「M10%、Y30%、K5%」程度にしておくのがおすすめです)

メダルに装飾を加えたいとき

よりメダルっぽい仕上がりにしたいとき、Illustratorのブラシ機能を使って装飾を加えるのがおすすめです。

1.「ウインドウ」メニュー→「ブラシ」でブラシパレットを表示させます。

2.ブラシパレットの右上のプルダウンメニューで、「ブラシライブラリを開く」→「装飾」→「豪華なカールブラシとフローラルブラシのセット」をクリックします。

3.新しいブラシセットが表示されました。

「つる」や「葉のパターン」等のブラシが特におすすめです。

4.メダルのオブジェクトの上に、ペンツールで曲線を描きます。

この線を選択した状態で、先ほどのブラシパレットから、好きなブラシを選択し、適応させましょう。

線の太さを変えるだけで見た目が大きく変わるので、色々試しながら、イメージに合った飾りを見つけてくださいね。

まとめ

Illustratorを使えば、メダルの飾りまであっという間に出来てしまいます。

メダルの最背面の円をランダムな形にして、赤のグラデーションに変えれば、封蝋のようなデザインにする事もできます。

もちろん、横長の長方形にして、金属のプレートのようにして、中に文字を入れてもいいでしょう。

グラデーションを使うと、存在感がUPするので、目立たせたいところにぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - デジ絵ソフトウエア