おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

Intuos Smallベーシックは高機能なペンタブ?

   

【Amazon.co.jp限定】ワコム ペンタブレット Wacom Intuos Smallベーシック ブラック オリジナルデータ特典付き TCTL4100/K0

ペンタブは、デジタルのイラストを製作しやすい周辺機器と呼ばれているので、ペンタブを試してみた方も多いでしょう。

所が、実際にペンタブを利用してみたら、イメージしたようにイラストを製作できないケースがあるのです。

このようなケースが起きてしまうのは、機能が低いペンタブを購入した可能性が高いので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『Intuos Smallベーシック』です。

このペンタブは、高機能になっているので、多くの方たちがイメージ通りのイラストを製作しやすくなっているので、詳しく紹介しましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

Intuos Smallベーシックの特徴

本製品が、デジタルのイラストを製作しやすくなっているのは『筆圧レベル』が高くなっている上に、利便性が優れているからです。

そこで、本製品の筆圧レベルや、利便性が優れている理由について紹介するので、確認してみて下さい。

筆圧レベル

筆圧レベルは、専用ペンをペンタブ本体に接した時の力加減によって、線や色の太さを変える機能になるので、重要なポイントになります。

この機能があるお陰で、マウスよりもペンタブのほうが、デジタルのイラストを製作しやすくなっているのです。

所が、筆圧レベルが低いペンタブを利用した場合には、線や色の太さの幅が広くないので、効率的にデジタルのイラストを製作する事ができません。

そこで本製品の筆圧は、最大4096レベルを実現する事によって、効率よく作業できるようになっています。

エクスプレスキー

筆圧レベルが高くなっていても、様々な作業へ切り替える際に、マウスを利用してソフトのツールをクリックしていたら、手間暇をかけてしまいます。

そのため、数多くあるペンタブの中には『エクスプレスキー』を搭載している機種があるのです。

このエクスプレスキーがあれば、いくつかの作業はワンタッッチが切り替える事が可能になります。

そこで、本製品はエクスプレスキーも搭載する事によって、短時間でイラストを製作する事が可能になっているのです。

コードレス

ペンタブは上位機種でなければ、パソコンを併用する必要があるので、パソコンデスクには、パソコン・キーボード・マウス・ペンタブなどを設置しなくてはいけません(マウスの代わりにペンタブを利用する方法もあるので注意)。

もしも、これほど多くの機器をパソコンデスクの上に設置したら、数多くのコードを置かなくてはいけないので、手がコードに引っかかる可能性が高くなります。

そのような事になれば、その機器が故障する原因にもなるので、注意しなければいけません。

所が、本製品の専用ペンはコードレスになっているので、利用しやすくなっています。

コンパクトなサイズ

ペンタブは、アナログに例えれば、キャンバスやボードになります。

そのため、大型サイズになっているほうが、作業しやすくなりますが、あまりにも大型サイズのペンタブを購入したら、広めのパソコンデスクが必要です。

そのため、広めのパソコンデスクが無い方には、コンパクトなサイズのペンタブがおすすめです。

そして、本製品のサイズは、200×160mmになっているので、狭いパソコンデスクの上でも設置しやすくなっています。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

デジタルのイラストを製作するポイント

本製品はデジタルのイラストを製作しやすくなっていますが、いくつか抑えておくべきポイントもあります。

そのポイントを把握しておけば、以前よりもイメージ通りのイラストを製作しやすくなるので、詳しく紹介しましょう。

ソフトの機能を活用

デジタルのイラストを製作するためには、専用のソフトを利用する必要があります。

そのソフトには様々な機能が搭載されているものが多くあります。

その機能の利用方法を知っておけば、イラスト製作に失敗しても簡単に修正できますし、様々な加工を行う事もできるのです。

実際に数多くある機能の中には『レイヤー機能』があって、この機能では指定した部分だけを着色したり、消したりできます。

そのため、数多くのレイヤーを製作していけば、様々な所を部分的に加工や修正できるのです。

データ管理

アナログでイラスト製作する場合には、写真を用意したり、キャンバスを用意したりしなければいけないので、手間暇をかけていました。

それに引き換え、デジタルの場合では写真画像をパソコンに保存する事ができるので、その写真画像を見ながら、その隣にイラストを製作する事が可能です。

参考にする画像が近くにあれば、イラストを製作しやすくなりますし、間違っている箇所が気付きやすいです。

ただし、仕事でイラストを製作する場合には、参考にするのは自分が撮影した写真もしくはフリー素材にしなければ、著作権違反になるので気を付けて下さい。

注意すべきポイント

本製品は魅力的なポイントが多いペンタブですが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

そこで、本製品を利用してから後悔する事がないように、注意すべきポイントを紹介するので、見ていきましょう。

パソコンデスクの状態

パソコンデスクでイラストを製作する場合には、多くの方たちがコーヒーまたはジュースなどを飲みながら作業しているでしょう。

しかし、コーヒーまたはジュースなどをペンタブにこぼしてしまえば、高い確率で故障してしまいます。

そのた、作業中にコーヒーまたはジュースを飲んでいる方は、ペンタブにこぼさないように気を付けて下さい。

板タブのデメリット

ペンタブには『板タブ』と『液タブ』があります。

本製品は板タブと呼ばれる機種で、イラストが映し出されるのはパソコンのディスプレイです。

それに引き換え、液タブはペンタブ本体にイラストが映し出されるので、アナログのイラストばかりを作成してきた方でも、短期間で作業に慣れます。

そのため、あまりペンタブを利用した事がない方が、本製品を利用する場合には、作業に慣れるまで時間をかけてしまう可能性があるので注意して下さい。

製品情報の内容

ペンタブを購入する際には、製品情報も把握する必要があるので、このペンタブの製品情報も紹介するので、参考にしてみて下さい。

対応可能なOS

本製品を購入する際には、パソコンを併用する必要がありますが、そのためには対応可能なOSがインストールされている必要があります。

そして、本製品に対応可能なOSは、Windowsは7以降(最新のSPが適用されていますがWindows10を除くので注意)で、MacはOS X 10.11以降になっているのです。

ただし、新しいOSをインストールしようとしたら、データが無くなってしまうケースもあるので注意する必要があります。

そのため、OSをインストールする際には、事前にデータのバックアップを取っておいて下さい。

コストパフォーマンス

ペンタブは高額なイメージを抱いている方は多いかもしれませんが、本製品はペンタブなのに低価格な機種になっています。

実際にAmazonでは送料無料で、税込価格9,147円で購入する事ができるのです(2018年4月21日時点)。

実は、数多くあるペンタブの中には、200,000円を超えてしまう機種もあります。

それを考えたら、本製品は低価格な機種なので、コストパフォーマンスが優れているペンタブを探している方にも、本製品はおすすめです。

まとめ

本製品のように筆圧レベルが高いペンタブであれば『入り』や『抜き』も行いやすいので、細い線から描き始めて、途中から太くして、最後に細い線にする事ができます。

そのため、キャラクターの眉毛をひと塗りで製作する事ができるので、デジタルのイラストを短時間で製作できるのです。

ただし、イメージ通りのイラストを製作するためには、操作に慣れる必要があるので、注意して下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)