おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

WEBデザインを勉強できる専門学校 ベスト4選!その違いとは?

   

日本ではインターネットが普及されるようになったので、多くの方たちがインターネットを見るようになりました。

そのため、多くの方たちはWEBのデザインに見慣れてきたので、その中には「自分もWEBをデザインする仕事をしたい」と思う方は多いでしょう。

そのような方たちのために、WEBのデザインを勉強できる専門学校を4つまで紹介するので、参考にしてみて下さい。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デジタルハリウッド

デザインを勉強できる専門学校の中には、パソコンを操作しないでデザインをする事も教えている所があります。

所が『デジタルハリウッド』は名前の通りで、デジタルでデザインをする事に重点を置いて、授業が行われているのです。

そのため、WEBデザインで勉強できる事は数多くあるので、詳しく紹介しましょう。

専門学校の特徴

本校は、今まで9万人以上の卒業生を送り出してきたので、確かな実績があります。

実際に実績のない専門学校の中には、誤った授業方針を行なっている可能性があるので、注意しなければいけません。

そのため、信頼できる専門学校で、WEBデザインの勉強をしたい方には、本校で勉強してみる事をおすすめします。

日本の専門学校の中には、デザインとは関係のない所で就職してしまう学生は多くいますが、本校ではデザインに関係する企業で就職できたOBは大勢いるのです。

そして本校では『24時間フリータイムシステム』を導入しているので、授業が行われていない時間では、予習や課題制作のために使用する事もできるのです。

授業内容

本校には、WEBデザインに関係する学科で『Webデザイナー専攻』が用意されています。

この学科では、デザインの基礎から徹底的に指導してくれるので、今までパソコンを操作した事がない方でも、WEBデザインのスキルを習得する事ができます。

さらに『個別トレーニング』が行われていて、Illustrator・Photoshop・Dreamweaver・CSS&CSS3・HTML&XHTMLなどを勉強できるのです。

さらに動きのあるWEBをデザインするために必要な『Javascript』や『jQuery』なども学ぶ事ができます。

このように初心者から上級者まで、しっかりと学ぶ事ができるのは、本校の大きな魅力です。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

HAL東京

専門学校で、WEBデザインを勉強したい方たちの中には、学校生活を楽しみながらデザインを学びたい方もいるでしょう。

そのような方におすすめしたいのが『HAL東京』です。

この専門学校は恵まれた立地にあるだけではなく、設備も充実しているのです。

そのため学校生活を楽しみながら、デザインを学べるので、詳しく紹介します。

専門学校の特徴

本校は、東京都新宿区西新宿に位置しているので、大都会東京の暮らしを満喫しながら、WEBのデザインを勉強する事ができます。

その他にも設備が充実していて、WEBのデザインを効率よく勉強できるために、ハードやソフトを完備しています。

学生同士でデザインからプライベートまで会話できるように『学生サロン』や『最上階ラウンジ』もあるので、快適な学校生活を送る事ができるのです。

さらに図書室も完備していて、65,600冊もの書籍があるので、様々な知識を吸収する事ができます(2018年2月時点)。

そして本校では、生徒一人一人が即戦力として活躍できるように、様々な知識・技術・プロ意識などを教えてくれるのです。

授業内容

本校ではWEBデザインを勉強できる学科が2つあって、それが『WEB開発学科』と『WEB学科』です。

WEB開発学科では、WEB開発エンジニア専攻・WEBデザイナー専攻・スマートフォンアプリ開発専攻などがあります。

WEB開発エンジニア専攻はプログラミングを学ぶ事ができますが、数学が得意な方でなければ、知識を吸収する事が難しい場合もあるので注意してください。

WEBデザイナー専攻ではゲーム・映像・音楽を組み合わせてデザインする方法を学びます。

スマートフォンアプリでは、スマホに対応したアプリの開発をします。

実際に日本では、スマホの普及率は伸びているので、アプリを開発できる人材は必要とされているのです。

WEB開発学科の学習期間が4年になっているのに対して、WEB学科の学習期間はわずか2年です。

しかしWEB学科は、基本となる『HTML』から高度な知識を必要とする『PHP』なども学ぶ事ができます。

東京デザイナー学院

数多くあるデザイン専門学校の中には『東京デザイナー学院』のように、息抜きしたり勉強したりして、メリハリのある環境を整えている所もあります。

そこで、デザインだけではなく息抜きもしたい方たちのために、本校について紹介するので見ていきましょう。

専門学校の特徴

本校では『デザインフェスタ』で、生徒たちが制作したデザインの作品を販売する事ができます。

そのため、生徒の時から、デザインをする重要性や必要性を学ぶ事ができるのです。

なぜなら学校で勉強するだけでは、誰のためにデザインをするのか分からなくなってしまう時があるからです。

そのため、多くの方たちと接する事によって、デザインを見る方や必要とする方のために、デザインをする重要性がデザインフェスタで分かります。

そして『海外研修旅行』も行なっているので、日本とは異なる文化や美しい街並みなどを見て、息抜きする事もできるのです。

授業内容

本校には『グラフィックデザイン科』があって、その学科には『Webデザイン専攻』があります。

このWebデザイン専攻では、3つのカリキュラムが用意されていて、インターネットコミュニケーション・選択Webデザイン・専攻別授業メディアワークなどがあるのです。

インターネットコミュニケーションでは、画像を加工・編集できるPhotoshopの操作方法を学ぶ事によって、トーンやマナーなどを知る事ができるのです。

選択Webデザインでは『HTML』や『CSS』を学んで、スマホサイトをデザインする事ができます。

専攻別授業メディアワークでは、XHTML・HTML5・CSSなど高度なテクニックを学ぶ事もできます。

日本工学院

専門学校でWEBデザインを学べば、WEBデザイナーを目指す事はできますが、経済的に苦しい方たちの中には専門学校へ通う事が難しい方もいるでしょう。

所が『日本工学院』であれば、奨学金制度や学生寮を用意しているのです。

そのため、経済的に苦しい方でも、通学しやすくなっているので、詳しく紹介します。

専門学校の特徴

本校が用意している『奨学金制度』では、アルバイト奨学制度や新聞奨学制度などがあるので、あなたの好みに合う奨学制度を利用する事が可能です。

さらに『教育ローン制度』も用意しているので、一度に多くのお金を必要としません。

そのため、本校であれば、多くの方たちが、あまり無理をしないで通学する事ができます。

さらに本製品が完備している『学生寮』では、セキュリティが完備されていて、寮を管理している方が常駐しているので、女性でも気軽に利用する事もできます。

学生寮の中には、校舎から近い所もあるので、通学費を抑える事もできるのです。

授業内容

本校のデザインカレッジの『Webクリエイター科』では、Webデザイン専攻・Webプログラム専攻・アプリ&コンテンツ専攻などがあります。

Webデザイン専攻では、Webのデザインだけではなく動画やイラストレーションの制作技法などもを学ぶ事ができるのです。

そのため動画を取り入れたWebを制作する事も可能です。

Webプログラム専攻では、Webのマークアップやコーディングなどを中心に勉強していきます。

アプリ&コンテンツ専攻では、アプリの企画や、制作方法などを学んでいきます。

まとめ

WEBデザインを勉強できる専門学校は多くあるので、どの学校で学べば良いのか悩んでしまうかもしれません。

実際に、今回紹介した4校でも似ているように見えますが、実は学校の特徴や授業内容に大きな違いがあります。

そのためWEBデザインを勉強したい方は、自分が勉強しやすい環境を整えている専門学校を見つけてから、進学先を決めたほうが良いです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ