おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

web制作を学べるデザインの専門学校とはどんなところ?

   

デザインの専門学校にもいろいろありますが、需要が高いものの1つはweb制作が学べるデザインの専門学校です。

web制作のデザインが学べるデザインの専門学校はどのようなカリキュラムが組まれているのでしょうか?

また、卒業後の進路はどのようなものなのでしょうか?

webデザイナーを目指す人が知っておくべきことを紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

Web制作のデザイン専門学校は二年制

Web制作が学べるデザインの専門学校の多くは二年制です。

Web制作やwebデザインの技術やテクニックは独学でも、大学でも学ぶことが出来ますが、就職に直接役立つ知識が技術を効率良く身につけたい、早く働き始めたいということを望んでいるのならばweb制作が学べるデザインの専門学校がおすすめです。

2年間のカリキュラムで必要なことが無駄なく学ぶことが出来ます。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

web制作のデザインの専門学校の1年目

web制作のデザインの専門学校での1年目について紹介します。

就職セミナー

入学してすぐにあるのが就職セミナーです。

専門学校が目指すのは就職です。

技術を学び、知識を身につけるのはあくまでその過程や手段でしかありません。

就職セミナーでは内定の取り方や就職活動についての説明があります。

先輩方の就職活動状況や進路の状況、IT業界の現状についての説明があります。

自分がどんなwebでサイナーになりたいのか、どんなところに就職をしたいのかのビジョンを明確に持つようにしましょう。

授業内容について

授業内容については、1年目はパソコン操作のから始まります。

IT業界で活躍するために知っておかなければならない知識を習います。

資格について

 IT業界で食べていくならば「基本情報技術者」という資格は必ず取っておきたい国家資格です。

これを目指すために場合によっては夏休みや冬休みが潰れてしまうこともあります。

web制作のデザインの専門学校の2年目

web制作のデザインの専門学校の2年目について紹介します。

本格的な就職活動

入学当初から就職に向けてのアクションはありますが、2年目になるといよいよ本格的に就職に向けての準備が始まります。

企業からの求人が増えてきます。

学校内での強盗企業説明会が開催されることもあります。

内定を目指して活動を本格的に始めます。

授業日数は減ります

webデザインの専門学校は2年目になると、就職活動が盛んになります。

説明会や面接などが増えてくるので、授業を欠席しなければならない日も増えてきます。

専門学校とは前述したとおり、最終目的は就職です。

だから就職活動は授業よりも優先されます。

とはいえ、授業は授業であるので、出席できなかった場合は自分で勉強をする必要があります。

実習が増えます

webデザインの専門学校は1年目については、基礎が多かったですが、2年目になると応用的な技術も求められます。

実習が増え、より実践的な能力が身について行きます。

卒業作品の作成

卒業までに卒業作品を作り上げます。

いままで学んできたことの集大成ともいえるようなホームページを作ることが求められます。

年明け位から着手することが多いです。

学校によってカリキュラムが違うことも

web制作のデザインの専門学校の中には、webデザイン学科とwebプログラマ学科の両方がある場合があります。

学校によっては1年目がwebデザインとwebプログラマの生徒が同じ授業を受け、2年目にそれぞれの専門分野に分かれるという場合もあります。

最初から専門に特化した授業を受けることでより深い知識や技術を身につけることが出来ますが、一方で1年目は浅く広い基礎的な知識を身につけることで2年目や就職以降に応用がつきやすい場合もあります。

どちらのほうがより良いかは一概には言えません。

情報系学部の大学でも学べる

web制作やwebデザインに関する技術や知識などはweb制作のデザインの専門学校でしか学べないわけではありません。

情報系学部の大学でもだいたい似たようなことを学ぶことが出来ます。

どちらがより良い、就職に有利というわけではありませんが、大学の方が4年間通わなければならないぶん、時間がかかりますし、授業料もかかります。

また、良くも悪くもwebデザイン以外のことも学ぶことになります。

webデザイナーになるには

web制作が学べるデザインの専門学校に通ったからと言って自動的にwebデザイナーになれるわけではありません。

webデザイナーになるために一番オーソドックスな方法はweb制作会社に入社をすることです。

そのほか、webデザイナーとして活躍できる就職先は自社でwebサービスを運営している企業に就職をしてweb部門に配属されることです。

webデザイナーを募集している場合、未経験者は採用を敬遠されるので専門的な知識や技術があることはとても強みになります。

webデザイナーとしての年収

webデザイナーの年収は幅がありますが、だいたい年収200万円から400万円代です。

web制作会社は中小企業が多いのであまり給与が良くないのが実情です。

フリーランスとしてのwebデザイナー

webデザイナーとして働く場合、企業に就職をしなければならないとは限りません。

自宅勤務でフリーランスとして働くことも可能です。

企業で働いてから独立

最初からフリーランスとしてwebデザイナーになることもできますが、実際にはなかなか難しいです。

まずは企業に就職をして、webデザイナーとしてのノウハウを学んだり、人脈を気づいたりしたのちに独立をしてフリーランスになるのが現実的です。

フリーランスの場合は自宅で仕事

webデザイナーとして独立し、フリーランスになった場合、レンタルオフィスを利用するというのでなければ、自宅で働くということになる場合が多いです。

仕事の依頼や納品はインターネット上で行うので良くも悪くも依頼者に会う必要はありません。

全て自宅だけで完結します。

副業もできます

webデザイナーは専業でもできますが、副業にもとても向いている仕事です。

会社員などの本業を行いつつ、夜間や休日などにwebデザイナーとして働き、副収入を得ることが出来ます。

ただし、一定以上の利益が発生した場合、確定申告をする必要があります。

定年なく働くことが出来ます

webデザイナーとしてフリーランスで働く場合、定年がありません。

パソコンさえ使えればできるので、脚や耳が不自由、持病があるなどという人でも働くことは可能です。

また、幼い子どもがいたり、老人を介護したりしながらでも行うことが出来ます。

多少の資料は広げる必要がありますが、内職や自営業と違って、在庫を抱えてしまうようなこともありません。

自己管理と人脈が大切

企業でwebデザイナーとして働いている場合、ある程度仕事の采配は企業が行ってくれます。

しかし、フリーランスで働く場合は自己管理、そして人脈をつくることがとても大切になってきます。

webデザインの技術や流行りは日々変わっていっています。

いつまでもweb制作のデザインの専門学校で学んだ知識だけでは仕事を続けていくことはできません。

つねに新しい技術や知識、流行りなどを吸収していく気概が必要です。

まとめ

web制作のデザインの専門学校のおおくは2年制です。

1年目、入学そうそうに就職セミナーが始まります。

2年目になれば就職活動は本格化していきます。

卒業後の進路はweb制作会社が多いですが、経験を積んだ後独立してフリーランスになる人も多いです。

フリーランスになった場合、自宅で仕事をすることが出来るようになります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ