おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

XP-Pen Star05は利便性が優れているペンタブ?

   

XP-Pen ペンタブ ペンタブレット ワイヤレス 6個タッチエクスプレスキー 2048レベル筆圧 8*5インチ windows/mac対応 Star05

ペンタブは、デジタルのイラストを製作しやすい機能が搭載されているので、多くのイラストレーターたちが利用しています。

そのため、プロの方だけではなく、趣味でデジタルのイラストを製作したい方もペンタブを利用したいと思う方は多いでしょう。

所が、ペンタブは利便性も優れている機種でなければ、利用しづらいので注意する必要があります。

そこで、おすすめしたいのが『XP-Pen Star05』というペンタブです。

このペンタブは、機能と利便性の両方が優れているので、利用しやすいペンタブを探している方のために詳しく紹介しましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

XP-Pen Star05の特徴

本製品は、デジタルのイラストを製作しやすい機能と、利便性が優れているポイントが4つもあります。

これから、ペンタブを購入しようと考えている方には、興味深い所だと思うので、この4つのポイントについて紹介するので、見ていきましょう。

筆圧レベル

ペンタブの機能の中でも、特に重要になるのが『筆圧レベル』です。

この筆圧レベルは、線や色の太さをコントロールする事ができるので、レベルが低ければ太さをコントロールする事が難しいので注意しなければいけません。

それでは、本製品の筆圧レベルはどうなのかと言えば、2048レベルもあるのです。

実は、数多くあるペンタブの中には、1024レベルになっている機種が多くあります。

そのため、本製品は筆圧レベルが優れているほうの機種なので、デジタルのイラストを製作しやすい機種を探している方には、本製品はおすすめです。

コンパクトなサイズ

ペンタブは上位機種になれば、パソコンを併用しなくても、デジタルのイラストを製作できます。

しかし、そのような上位機種は高額な値段なので、多くの方たちが購入できる訳ではありません。

本製品は、そこまで上位機種ではないので、パソコンを併用する必要があります。

そのため、パソコンデスクには、パソコン・キーボード・ペンタブなどを設置する必要があるので、パソコンデスクが狭く感じても不思議ではありません。

所が、本製品はコンパクトなサイズになっていて、幅300×奥行180mmになっているので、小さなパソコンデスクにも設置しやすくなっています。

2つの接続方法

パソコンとペンタブを接続する際には、多くの機種はコードで接続する必要があります。

所が、パソコンデスクにコードを設置していたら、指がコードに引っかかってしまう場合があります。

そのような事になれば、コードを接続している部分にダメージを与えてしまうので、ペンタブが故障する可能性があるので注意しなければいけません。

そこで本製品は、コードで接続する方法と、ワイヤレスで接続する方法を可能にしています。

そのため、本製品を利用する際に、ワイヤレス接続を選んでおけば、指がコードに引っかかる恐れがないので、作業に集中しやすいです。

専用ソフト付き

デジタルのイラストを製作する際には、パソコンとペンタブだけではなく、専用ソフトも必要になります。

しかし、ペンタブを購入した後に、専用ソフトまで購入したら、お金をかける事になってしまうので注意しなければいけません。

実際に、以前まではAdobe社の専用ソフトを購入する事ができましが、現在ではレンタルのような購入方法になっていて、月払いと年間払いを選ぶ必要があります。

そのため、何回もお金を支払っても、自分の物になる訳ではないので、注意する必要があります。

所が、本製品は専用ソフト『openCanvas』のシリアルナンバーが無料で提供されているのです。

そのため、本製品であれば専用ソフトを購入する必要がありません。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

openCanvasの機能

本製品を利用したら、openCanvasを無料で利用できても、どのような機能が搭載されているのか、詳しく知らなければ購入するべきか悩んでしまうでしょう。

そこで、openCanvasには、どのような機能が搭載されているのか、紹介するので確認してみて下さい。

イベント機能

機能が優れている専用ソフトを利用する場合でも、その操作方法を詳しく知らなければ、イメージ通りのイラストを製作できません。

そこで、本製品には『イベント機能』が搭載されていて、操作していく手順を見る事ができるのです。

そのため、今までopenCanvasを利用した事がない方でも、イベント機能を利用したら、短い期間でイメージ通りのイラストを製作する事ができます(個人差があるので注意)。

修正が容易

openCanvasを利用する際に、イラストに着色したら、イメージ通りの配色にならない場合があります。

アナログのイラストを製作する場合には、色を塗りなおす際に、最初の色が完全に乾燥しなくてはいけません。

そうしておかなければ、色と色が混ざり合って汚れてしまいます。

所が、openCanvasを利用する際には、配色した瞬間で色が乾いている状態なので、短時間で色を塗り直せます。

このような特徴は、専用ソフトの大きなメリットです。

製品情報の内容

本製品の特徴や、openCanvasの機能などを理解してもらえた所で、次に製品情報も紹介するので、このペンタブを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

パッケージ内容

本製品を注文した場合には、様々な付属品がセットで付いてきます。

その内容は、ペンタブ本体だけではなく、専用ペン(P03スタイラスペン)・CDドライバ・ペンスタンド・替え芯・替え芯掴み取る器・二本指グローブ・説明書・USB接続・USBワイヤレースレシーバーなどです。

この中でも注目すべきポイントとして、ペンスタンドが付いている所が挙げられます。

実際にパソコンデスクから専用ペンが落ちてしまえば、故障する原因になるので注意しなければいけません。

所が、ペンスタンドで専用ペンをセットしておけば、落下する可能性が低くなります。

リーズナブルな価格

本製品は、筆圧レベルが高いだけではなく、利便性も優れているので、高額なペンタブというイメージを抱いたかもしれません。

所が、本製品はリーズナブルな価格になっていて、Amazonでは送料無料で、税込価格7,000円で購入する事ができるのです(2018年5月23日時点)。

実は、数多くあるペンタブの中には、200,000円を超えてしまう高額な機種がいくつもあります。

そのため、値段が安くなっているペンタブを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの口コミ

本製品はコストパフォーマンスが優れているペンタブですが、利用者たちの中には、満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいました。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品は、値段が安くなっているのに機能が優れている所を気に入っている方がいたので、コストパフォーマンスが優れているペンタブを探している方には魅力的な機種です。

さらに本製品はコンパクトなサイズになっている所を気に入っている方もいたので、パソコンデスクが狭く感じる事に抵抗を感じてしまう方は、本製品を検討してみる価値があります。

さらに、本製品の機能が優れている事から、簡単にアニメーションを製作できて、満足している方もいました。

悪い口コミ

本製品の専用ペンには、切り替えボタンが搭載されていますが、そのボタンの反応が悪くて不満を抱いている方がいました。

そのため、短時間でイラストを完成させたい方は、注意したほうが良いです。

さらに本製品を利用する際に設定しようとしても、上手く設定できない方がいました。

そのため、パソコンの設定が不慣れな方は注意したほうが良いです。

さらに本製品は、筆圧レベルが2048もありますが、それでも不満を抱いている方がいました。

ただし、趣味でイラストを製作するためには十分な機能なので、それほど気にする必要はありません。

まとめ

本製品は筆圧レベルが高くなっているので、極細から極太まで描き分ける事ができます。

そのため、キャラクターの眉毛をひと塗りで製作する事も可能なので、短時間でイラストを完成させる事が可能です。

さらに本製品はコンパクトなサイズになっているペンタブなので、イラストの資料をパソコンデスクに設置しながら、製作する事もできます(パソコンデスクの広さによって、違いがあるので注意)。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)